全国マップ - 沖縄県関連記事

ホーム > 全国マップ > 沖縄県関連記事 > 会いたい人を探す方法とは|沖縄県の人探し・行方専門窓口
公開日: 2022/02/08 最終更新日: 2022/04/26
沖縄県関連記事沖縄県関連記事
 公開日: 2022/02/08 最終更新日: 2022/04/26

会いたい人を探す方法とは|沖縄県の人探し・行方専門窓口

首里城

沖縄県の総人口は約150万人。県庁所在地は沖縄本島西部の那覇市。沖縄本島をはじめ宮古島、石垣島など多くの島々から構成されるが、那覇市や沖縄市を中心として都市化や人口集中が進んでおり、人口密度は全国で第9位と高い水準にある。

沖縄県専門の人探し専門調査窓口です。探偵でなければ収集できない情報でお困りの方は、人探し・行方調査の担当者にお申し付けください。人探し・行方調査に関するご相談を随時お受けしています。

目次│沖縄県の人探し・行方調査のご案内

相談者
沖縄の人探し・行方調査
2022年2月8日 更新
人探し・行方調査の担当者が書いた沖縄の人探し・行方調査の記事です。日本帰還50年を迎えた沖縄県ですが、独自の文化や風土が残っています。人探し・行方調査の関しても、独特の傾向がある中、ご依頼者の問題が解決できるよう尽力いたします。

会いたい人はいますか?

何もしない後悔は一生残る!!

誰にでも会いたい人はいるのではないでしょう?会いたい人に会えない気持ちを抱えたまま過ごすのは、想像以上に辛いことだと思います。

会いたい人に会えない理由や状況はさまざまだと思いますが、大切なのは“あなたの気持ち”です。思い続けているだけでは、会いたい人に会えません。

会いたい人がずっと元気でいてくれる、いつか会えると思いますか?残念ですが時間には限りがあります。会いたい人に会えなかった、探そうとしなかった後悔は一生残ります。

必要なのは少しの勇気と行動です。会いたい人を思い続け、悩み続ける前にできることをしてみませんか?限りある時間のなかで後悔のない選択をしましょう。

沖縄の人探し・行方調査事例

実際に当事務所が実施した、人探し調査と行方調査の過去の事例をご紹介いたします。なお本事例は、ご依頼者の許可を得たうえで一部内容を変更して掲載しております。

人探し調査の相談事例1

結婚を考えている女性がいます。沖縄県が「日本一、離婚が多い県」であることは知っていましたが、母親も2度の離婚、今の父親は3度目の結婚相手です。
母は奔放な性格なので、自分が何番目の父親の子どもなのかを知らされていません。結婚で家を離れる前に、せめて自分の本当の父親を探していただき、結婚の報告と感謝の気持ちを伝えたいと思い、調査を依頼しました。

人探し調査の相談事例2

子供の頃、近所で遊んでいた幼なじみがいます。お互いに中学生になる前、彼が親の転勤で引っ越して以来、どうしているのかわかりません。30年以上経ちましたが、彼はどこで、どうしているのかを知りたいと想い、調査を依頼しました。
当時の写真や名前などはわかりますが、区画整理などで住所がは変わっている可能性があります。自分で探すのは不可能とわかり、専門家へお願いしました。

行方調査の相談事例1

友人が「探さないでください」と書き置きを残し、家出してしまいました。本人の意思表示が明確なことから、警察も行方不明届(捜索願)を受け取ってもらえません。
しかしながら、心配なので、調査を依頼しました。本人はことあるごとに、都会への憧れを口にしていたので、東京、大阪、福岡などの都会に行った可能性が高いですが、本人が探されたくない可能性が高いので慎重に捜索を進めていただきたいです。

行方調査の相談事例2

年金暮らしの近所の男の人が、お金を借りたまま、行方をくらましてしまいました。聞くと、ご近所さん数件から、お金の無心をしていたとのこと。さらに、闇金からも借金していた噂もあったこともわかりました。
警察に事情を話して、家を開けてもらったところ、家具などはそのままでした。家族や親戚付き合いなどもなく、手掛かりが分かりません。返金は半ばあきらめていますが、何か犯罪に巻き込まれているのではないか、あるいは犯罪に手を染めているのではないかと気掛かりです。

探偵が行なう人探し・行方調査

聞き込み調査

聞き込み調査で対象者に関する情報収集を行ないます。場合に応じては、関係各所への聞き込みも行なわれます。

探していることを対象者に知られたくない、名前を出してもいい、できるだけ早く探してほしいなど、ご希望等がございましたら担当者にお申し付けください。

張り込み調査

対象者に関する有力な情報が得られた場合、その情報(場所・住所)に対象者がいるか、いないかの確認を行なう際に張り込み調査が行なわれます。

張り込み調査は、想像以上に時間と体力、集中力が必要です。また、通報されるリスクなどあるので、自身で調査をするのは控えたほうがいいでしょう。

尾行調査

状況に応じて尾行調査を行ないます。探偵の尾行調査は公安員会の許可を得て行なっていますが、一般の方が尾行を行なった場合、迷惑防止条例やストーカー規制法に抵触する可能性があります。

また、見失いやすい、事故に遭う危険性、体力の消耗、ストーカーと勘違いされる、バレたら関係が破綻するリスクがあるので、自身で尾行を行なう際は覚悟が必要です。

データ収集の調査

当事務所の人探し・行方専門の相談窓口では、独自の情報網やデーターベースを駆使し、対象者にの現在の居場所(所在)に関する情報収集を行ないます。インターネット上やSNSでは得られない情報が多く、データの収集調査を行なうことで、判明率は高くなります。

人探し・行方調査は、事前の情報量、お持ちの情報が古いか、新しいかに応じて難易度が異なりますので、まずは無料相談・見積作成をご利用ください。

沖縄の人探し・行方調査の料金相場

料金内訳を確認したい!

沖縄人探し・行方調査料金内訳と料金の仕組みについてご確認ください。まず、探偵業における広告宣伝費とは、宣伝効果を目的として支出する経費のことです。広告費の目安(売上に対する比率)を知っていることで、比較検討する材料となります。

探偵業界の広告宣伝費の割合は10〜30%

探偵の調査費用は、ほとんどが人件費なので他の業界と比べると「広告費」に力をいれています。探偵という業種は「紹介」がほとんどない※1ため、知ってもらうためには「広告費」は必要な費用となります。

当事務所では、最初のWEBサイト制作費用のみで「自然検索」に力をいれているため時間や労力はかかりますが、その結果、調査費用を抑えたプランをご提案できます。

※1 人にいえない悩みが多く、探偵に依頼していることを家族や友人すら知らないことがあるため。

地域版 料金内訳

人探し・行方調査料金を比較した結果が知りたい!

今回は、人探し・行方調査の比較に関する疑問を解消できるように、以下の画像にて解説していきます。

地域版 人探し調査

料金比較のポイント

  • 調査内容によって料金が異なるため事前に調査プランを確認する。
  • 成功報酬の料金と成功の定義は事前に決めておく。
  • 基本料金に含まれる内訳と他にかかる費用について確認する。

沖縄の特徴と調査対応地域

沖縄県の人探し・行方調査の相談窓口

人探し・行方調査を依頼する背景には、さまざまな理由があります。ですが、会いたいと思う気持ちは同じではないでしょうか。会いたい人を探さなかった後悔は一生残ります。

会いたい人を待ち続けるか、相手を探すかあなたは選ぶことができます。自分ひとりでは探せないからと諦めないでください。専門家の協力を得ることで問題が解決できます。

また、人探し・行方調査は対象者を見つけて終わりではありません。見つけた後の調査・サポートで、今後の関係性や問題が解決できるか変わります。

沖縄県の人探し・行方調査の対応地域

当事務所は沖縄県全域で人探し・行方調査を実地しておりますので、お気軽にお申し付けください。

また、他社で断られた案件についても対応いたします。沖縄県の人探し・行方調査に関するご相談は、24時間・土日祝日問わずお受けしています。

那覇市・沖縄市・うるま市・宜野湾市・浦添市・豊見城市・糸満市・南城市・名護市・宮古島市・石垣市・与那原町・南風原町・八重瀬町・北谷町・嘉手納町・西原町・与那国町・久米島町・本部町・読谷村・北中城村・中城村・渡嘉敷村・座間味村・粟国村・渡名喜村・北大東村・南大東村・多良間村・国頭村・大宜味村・今帰仁村・恩納村・宜野座村・金武町・東村・伊江村・伊平屋村・伊是名村

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し専門調査窓口

pageTop