2-8 トラブルになった相手探し関連記事

ホーム > 2-8 トラブルになった相手探し関連記事 > お金を貸して逃げられた!逃げた人を探す方法‐探偵サポート
公開日: 2022/08/09 最終更新日: 2022/08/10
2-8 トラブルになった相手探し関連記事
 公開日: 2022/08/09 最終更新日: 2022/08/10

お金を貸して逃げられた!逃げた人を探す方法‐探偵サポート

お金を貸して逃げた人を探す方法

お金を貸して逃げられた!逃げた人を探す方法【お金を貸した人探し調査】のご案内です。

友人や知人、恋人等にお金を貸して夜逃げや音信不通にりお金が返ってこないといったトラブルは後を絶ちません。

親しい間柄だからこそ信頼してお金を貸したにも関わらず、裏切られたことによる後悔や悲しみは大きいものです。

ここでは、お金を貸したら逃げた相手の所在を調べる方法についてご紹介します。お困りの方はご参考にしてください。

相談者
逃げた相手の人探し調査
2022年8月9日 更新
人探し調査の担当者が書いた逃げ調査の記事です。まずは、ご相談いただくことが問題解決の第一歩です。皆さまの問題が解決できるよう、前を向いて歩けるよう尽力いたします。

目次

探したいけどどうしたらいいの?

お金を貸したら逃げた人のグラフ

「金の切れ目が縁の切れ目」というように、お金のトラブルが原因で人間関係がこじれてしまった人やトラブルに巻き込まれてしまった人は少なくありません。

お金を貸して逃げた相手との関係性は、友人・恋人や婚約者・親族・仕事関係者などです。

その他にも、マッチングアプリや出会い系サイト・風俗やキャバクラ嬢・ホストなどとの金銭トラブルのご相談もお受けしています。

お金を貸した人のなかには、相手を信用し現金手渡しで借用書も書いていないケースもあります。お金を貸した相手に逃げられたとき、逃げた人を探す方法など解説していきます。

所在がわからなくなる要因

相手が逃げてから気づくケースが多い

お金を貸した相手が逃げ出した場合、すぐには気づけないことが大半です。

大抵の場合、連絡がつかなくなった数週間から1ヵ月前には相手はすでに逃げ出してしまっているケースが多いです。

お金を貸した相手の所在がわからなくなった場合、時間の経過とともに手掛かりをつかむことが難しくなるので、早急に行動することが重要になってきます。

  • 返済する意思があると信じ切ってしまい、逃げられたことが信じられず行動が遅れた
  • 逃げられたかもしれないと思ったら、1ヵ月前から引っ越していることがわかった
  • 夜逃げされたことにより、忽然と行方をくらませてしまった
  • 電話番号が変わっており、まったく連絡が取れなくなってしまった
  • 返済を約束した日を先延ばしにし続けられ、最終的に逃げられた

逃げている相手を探すのは難しい

逃げている相手を自力で探し出すのは難しい

お金を貸した相手が逃げている場合、意図的に情報をコントロールしている可能性がありますので、逃げている相手を自分で探し出すのは難しいでしょう。

自分の意志で逃げている相手を探す場合は、十分な時間と徹底した情報収集を行ない探し出す必要があります。

逃げている相手を自分で探せずにお困りの方は、人探し探偵調査窓口の無料相談をご利用ください。

お金を取り返さないままズルズルと気持ちを引きずったままでは、本当の解決とは言えません。

また、逃げている相手を探す目的や着地点は、ご依頼者によってさまざまです。ただし、目的や着地点に応じて必要な情報が異なる場合があります。

逃げた相手の人探し目的事例
  • 貸したお金を取り戻したい
  • なぜ逃げたのか理由が知りたい
  • 相手が許せないので謝罪させたい
  • ちゃんと話し合いがしたい
  • 法的な手段を検討している
  • 心配なので安否確認がしたい

逃げた相手を探す方法とは?

逃げた相手の居場所の特定を行なう調査

探偵が行なう逃げた相手の人探し調査とは、逃げた相手の現在の居場所(所在)の特定を行ないます。

主に関係各所への聞き込み調査・尾行調査・張り込み調査・独自の情報網やデータの情報収集などを駆使し、逃げた相手の居場所(所在)を探します。

必要に応じて見つけた後のサポートや弁護士の紹介等も承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

逃げた相手の人探し調査は時間との勝負です。逃げてから時間が経ってしまうと判明率は低くなりますので、お持ちの情報が古くなる前にご相談ください。

事前に借用書の有無を確認しておく

お金を貸した証明が必要です

相手を見つけた場合に「お金を借りた覚えはない。証拠はあるのか」と開き直った場合、返済を要求できないケースがあります。

お金を貸した「証明」が必要です。現金で手渡ししていた場合、お金を貸したと証明するのが難しいでしょう。そのために、まずは借用書を作成しているか確認してください。

お金を貸した後に借用書を作成することは問題ありませんが、こうした契約書はお金を貸した人(債権者)だけで作成できるわけではありません。

お金を借りた人(債務者)の署名と捺印等も必要となるので、相手方の協力が不可欠です。

万が一、逃げていた相手が借用書を書いてくれないなどトラブルが発生した場合にも、可能な範囲内でサポートいたしますのでお申し付けください。

夜逃げや失踪をするレベルの金銭トラブルを抱えている相手であれば、複数からお金を借りている可能性が高いでしょう。

自分以外にもお金を貸している人がいないか、探してみることも重要です。

解決にあたって重要なこと

お金を貸した相手に関する情報を整理する

金銭トラブルで逃げた相手を探したい場合、早く見つけたいという気持ちの焦りが生まれてしまいがちですが、焦って探しても相手は見つかりません。

まずは、逃げた相手に関するお持ちの情報を整理してください。お持ちの情報を整理することで、相手の逃げた先の目安や行動の予測に役立つことがあります。

逃げた相手を探す人探し調査は、情報が多ければ多いほど判明する率が高くなりますが、時間が経過すると情報が古くなってしまうので早めに行動に移しましょう。

借金回収を依頼することはできるのか?

探偵は借金返済の請求や借金の回収はできません

金銭トラブルによる人探し調査は、通常の人探しと異なり、相手の居場所を知ることが解決ではありません。

そのため「居場所を見つけたら、借金の回収もお願いしたい」というご相談は少なくありません。

あくまで探偵は、ご依頼者に代わって居場所を探すことができるだけであって、借金返済の請求をすることはできません。ですが、可能な範囲内でサポートを行ないますのでご相談ください。

また、所在(居場所)確認を行なったうえで、逃亡先での生活状況や協力者などを調べることは可能です。希望の解決の形やご要望等をお聞かせください。

生活実態確認調査の事例
  • 高級車を乗り回し、外食しに行なった
  • 働いている様子もなく、パチンコ屋に入り浸っていた
  • 一等地の分譲マンションで生活していた
  • 仕事はしているが、週に2~3回しか行っていない
  • 非常に羽振りが良く、キャバクラなどで豪遊を繰り返していた

法的な手段が必要なときは?

居場所がわからないと法的手段での回収が難しい

借金を返済しない相手に、お金を返済してもらう方法として法的な手段が必要になります。

個人間の金銭の貸し借りか、会社を通したものなか、借用書の有無など状況に応じてさまざまな法的手段があります。

しかし、お金を貸した相手の居場所がわからないことには、法的手段で回収するのは難しいでしょう。

  • 支払督促
  • 少額訴訟
  • 通常訴訟
  • 民事調停
  • 即決和解
  • 保全手続き(仮差押、仮処分)
  • 公正証書による強制執行
  • 担保権の実行

探偵に依頼したときの料金と注意点

人探し調査料金の違い

人探し探偵調査窓口は、基本料金132,000円から調査が可能です。

逃げた相手の人探し調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、調査員の人数、難易度、調査期間(日数、時間数、サポート内容)に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

お金を貸した人探し調査の料金相場

お金を貸した人探し調査の料金グラフ

過去の事例からおおよそ150,000~700,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、過去の事例と全く同じシチュエーションというものはあり得ませんので、正式な金額は見積をお問合せください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、必要な情報と不必要な調査をしっかりと見極めたうえで、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

お金を貸した人探し調査の料金プラン

選べる料金プランとは

人探し探偵調査窓口では、「安心コミコミプラン」「カスタムプラン」「成功報酬プラン」の3つの料金プランをご用意しています。

「安心コミコミプラン」

基本料金に諸経費等が含まれていますので、追加料金は一切かかりません。

「成功報酬プラン」

逃げた相手が見つかった場合のみ報酬が発生します。確実に判明した結果に対して支払うため、ご依頼者のリスクは最小限となります。(※着手金が発生します)

「カスタムプラン」

自分に見合ったプラン選びたい方、希望予算内で調査依頼をお考えの方に推奨しています。

調査依頼の注意事項

探偵に依頼できない調査もあります

近年、探偵社に調査を依頼したら、「この調査が必要になった」「あの調査も必要」というふうに、契約書にはない調査を次々と追加されて、当初の見積もりとは大きくかけ離れた高額な料金を請求されるなどのトラブルが問題となっております。

当事務所の安心コミコミパックプランは、、基本料金に諸経費等も含まれていますので、追加料金はかかりません。

ご契約された内容以外の調査が必要になった場合、ご依頼者に調査の必要性、内容および調査料金変動の有無をご説明し、ご了承をいただいたうえで調査いたします。

また、依頼を検討している探偵社が信頼できかどうか探る判断材料の1つに、ご依頼者に対してデメリットやリスクの説明をするかどうかがあげられます。

探偵は「なんでも屋」のイメージが強いようですが、探偵といえどもできない調査はありますので、何に対しても「できます!大丈夫です!」と二つ返事をする探偵社には注意が必要です。

逃げた相手探しの相談窓口

人探し相談のご案内

逃げた相手探しは周りに相談しにくい内容だと思います。なかには、お金を貸したほうにも責任があると言われるかもしれませんが、あなたの気持ちを裏切った相手に問題があります。

逃げた相手探しや金銭トラブルは、一人で悩まないでください。どのような問題でも、一人で悩んでいては納得のいく解決はできません。

一人で解決できない問題に直面したときは、第三者の協力を得ることで問題が解決できます。ご相談・見積作成は無料ですので、まずはお問合せください。

お問合せフォーム・電話・メールにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。一緒に逃げた相手を探して問題を解決しましょう。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop