人探し難易度チェッカー

Checker

難易度について

人探しの難易度型は、調査時間に対してではなく、調査案件に対して金額を支払う形なので、捜索日数が増えてしまっても安心です。

しかし、難易度が高いと判断されたのに、早期発見した場合は、料金が割高になってしまうことがあります。

人探し料金を増減する要素

基本的に、依頼者がもっている『対象者についての情報量』が多い場合には調査料金が安くなる傾向があります。最初の情報量が多いと、早期に有力な情報にたどり着きやすくなると考えられます。結果、短期間の調査と少ない調査員で人探しを終了させることができるため、調査依頼料金は低額になります。

人探し診断チェック

今、探したいと思う人物の情報をどれくらい持っているのかで、探し出す難易度が決まります。一度、探偵事務所に相談する前に「難易度=調査費用」を事前に知ることで、金銭的な不安も解消できます。
01.氏名はフルネーム漢字で知っている
02.生年月日を知っている
03.実家の住所を知っている
04.以前住んでいた住所ならわかる
05.携帯番号を知っている
06.顔写真は持っている
07.探し人はSNSをやっている
08.以前勤めていた勤務先を知っている
09.卒業高校、卒業大学を知っている
10.再婚相手の氏名を知っている
11.知っている情報は5年以内のもの
12.おおよその住んでいる地域は絞り込みできる
13.振り込んだ相手の口座情報はわかる
14.友人知人の情報は持っている
15.外見的特徴をはっきり覚えている
16.探し人のメールアドレスを知っている
17.所有している車のナンバーは全てわかる
18.行きつけのお店を知っている
19.探し人は国家資格を持っている
20.探し人の通っている病院または持病を知っている
21.探し人に逮捕歴がある
22.前住所から郵便物を転送している
23.固定電話を知っている
24.探し人に信販・サラ金に借入がある
25.氏名は知らないが働いているお店の「源氏名」を知っている
26.氏名は知らないがオンラインゲームの「ハンドル名」を知っている
27.探し人の同居人情報を持っている
28.クレジットカード情報を知っている
29.探し人は家出・失踪者ではない
30.探し人は遭難・災害ではない

※このリストはあくまでも探し人の発見難易度の目安であり、このリストにあてはまる項目が多いからといって、必ず見つかると断定するものではありません。

3つのお約束

◎不安の解消

依頼者の方は抱えている問題と同時に、調査という慣れない世界に不安を持っていらっしゃいます。そのため、人探し・行方調査専門窓口では、調査の専門家として依頼者の方の立場に立った業務を行います。

◎時間の短縮

誰でも不安からは一刻も早く解放されたいと願います。そのため、人探し・行方調査専門窓口では最短で問題を解決するための法的方法を検討し、効率的な事務処理を行います。

◎適切な料金

無駄な経費を削減し、明朗な料金体制で業務を行います。

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop