2-1 家族・親族の人探し関連記事

ホーム > 2-1 家族・親族の人探し関連記事 > 音信不通の家族を探す方法-家族の住所を調べる調査とは
公開日: 2022/11/14 最終更新日: 2022/12/06
2-1 家族・親族の人探し関連記事
 公開日: 2022/11/14 最終更新日: 2022/12/06

音信不通の家族を探す方法-家族の住所を調べる調査とは

音信不通になった家族の住所は

音信不通になった家族を「自分で探す方法」「探偵が行なう住所(居場所)調査」について解説しています

「家族の安否を確認したい」「会いたい」「また一緒に暮らしたい」など、目的はさまざまだと思います。しかし、目的を達成するためには、まずは家族の住所(居場所)の特定が必要です。

家族の住所(居場所)調査に関するご相談やご質問は、随時お受けしています。

女性記者が記事を作成しました

家族の住所(居場所)調査調査
2022年11月14日 更新

人探し調査の担当者が書いた音信不通になった家族の住所(居場所)調査の記事です。探偵にしかできない情報収集から、家族の住所(居場所)の特定を行ないます。音信不通になった家族が1日も早く見つかりますよう尽力いたします。

目次

音信不通になった家族を自分で探す方法

住民票・戸籍の附表を取得する

住民票や戸籍の附表の取得は、家族だから取得できる情報です。住民票や戸籍の附票を確認することで、音信不通になった家族の移転先(住所)を調べることができます。

住民票からも移転先を調べることはできます。しかし、移転先は最大3つまでしか記載されていないので、戸籍の附表を取得したほうがいいでしょう。

注意事項

住民票や戸籍の附表は必ず取得できるわけではありません。また、家族が転居届を役所に出していなければ、現住所はわかりません。

住民票や戸籍の附表を取得しても、判明しない可能性も少なからずあるということを理解しておきましょう。

親戚や共通の友人・知人に尋ねる

家族には話せない悩みや問題を抱えていた場合、親戚や共通の友人・知人の誰か1人ぐらいは住所(居場所)を知っている可能性はあります。

もし、音信不通になった家族と接触するのが難しい場合、親戚や共通の友人・知人に伝言や手紙を渡してもらいましょう。

また、家族に口止めされているケースもあると思います。つながりがありそうな人物が特定できたときは、第三者の協力を得るのも一つの方法です。

注意事項

住所(居場所)が特定できても、無理やり会いに行くのは避けてください。

家族が会うことに否定的だった場合、すぐに逃げられてしまう可能性もあります。家族の住所(居場所)調査は、見つけた後に慎重に行動しなければいけません。

SNSや掲示板などインターネットを利用する

SNSは全世界の不特定多数のユーザーに向かって情報が発信できるため、情報の拡散が早くリアルタイムで情報収集ができます。

SNS上には「#人探し」「#行方不明」「#拡散希望」などのハッシュタグが、数多く見受けられます。

また、人探しに役立つ掲示板は「再会のためのサイト・いまどこ?青い糸、赤い糸」「尋ね人」「MPS掲示板」などです。各サイトで利用方法が異なります。

注意事項

インターネットを利用した人探しは、個人情報の取り扱いに注意が必要です。個人情報を第三者に特定され、不正利用や嫌がらせ被害につながることも。

また、個人情報の漏えいをよく思わない人もいます。掲載する情報については、どの範囲まで載せるべきか考慮する必要があります。

また、寄せられる情報が全て正しいとは限りません。誰かの嘘だったり、憶測の可能性もありますので、情報は精査しなければなりません。

基本情報を記載する

  • 名前
  • 生年月日
  • 年齢
  • 関係性
  • 身体的な特徴
  • 最後に会った場所
  • 失踪日
  • 顔写真

その他の方法

  • 行方不明者情報を閲覧する
  • 行方不明高齢者情報の閲覧
  • 行方不明遺体情報を閲覧
  • ポスターやビラ配り
  • 以前の住所に手紙を出してみる
  • 新聞社に相談する(※費用がかかります)

探偵はどうやって人を探すのか?

探偵が行なう音信不通になった家族の住所(居場所)調査は、家族の住所(居場所)を特定するための調査です。

住所(居場所)調査は聞き込み調査、尾行調査、張り込み調査、相続人に対する情報収集調査、データによる情報収集調査や独自のネットワークを駆使して特定を行ないます。

住所(居場所)調査は、事前の情報量や年数の経過などに応じて、調査期間や費用が変動します。できるだけ費用をかけずに依頼をするためには、ご依頼者の協力が必要です。

「判明率」と「期間の目安」について

家族の住所(居場所)調査の成功率は7~8割ですが、結果に結びつかないケースもあります。

期間の目安として一週間から数ヵ月だとお考えください。しかし、音信不通になって時間が経っている・具体的な情報が少ない場合は、見つかるまでに時間を要することもあります。

また、家族が会うことに否定的だった場合、ご依頼者の望み通りにならない可能性もあります。住所(居場所)調査は、見つかっても会えない可能性も少なからずあるということを理解しておきましょう。

家族の住所(居場所)調査の費用について

人探し調査料金の違い

家族の住所(居場所)調査は、基本料金132,000円からご依頼が可能です。

家族の住所(居場所)調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、人探し調査の難易度、調査期間(日数、時間数)に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

住所(居場所)特定調査の料金相場

家族の住所調査の料金グラフ

音信不通になった家族の住所(居場所)調査は、過去の事例からおおよそ100,000~700,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

先程の説明と重複してしまう部分もございますが、住所(居場所)調査は事前の情報量や年数の経過によって料金が異なります。

また、過去の事例と全く同じシチュエーションというものはあり得ません。正式な金額は見積をお問い合わせください。

住所(居場所)特定調査の料金事例

安心コミコミプラン 基本料金:165,000円(諸経費込み)
成功報酬プラン 基本料金:132,000円+成功報酬:300,000円
合計金額:432,000円
カスタムプラン 基本料金:300,000円+諸経費:22,800円
合計金額:322,800円

家族が見つかった後のサポート

音信不通になった家族の住所(居場所)が判明後は、問題解決に必要な調査やサポートを実地いたします。

調査の目的や着地点は、ご依頼者によってさまざまです。目的や着地点に応じて、実地される調査の内容や取得する情報の種類が異なります。

調査項目の事例
  • 生活実態調査
  • 身辺調査
  • 勤務先調査
  • 各所代行サービス etc…

音信不通になった家族の人探し相談事例

相談事例1.音信不通になった父親を探しています

依頼内容:数年前に父親と喧嘩して、勢いのまま家を飛び出ました。そこから10年近く連絡を取っていません。

数日前に、親戚から「連絡が取れないので心配している」と連絡を受けました。携帯に何度電話してもつながりません。

数年前に住んでいた住所に手紙を送りましたが、戻ってきてしまいました。父親と連絡が取りたいのですが、探すことはできますか?

調査の感想:調査をお願いして早い段階で、父親の居場所がわかりました。数週間前にケガをして骨折したらしく、高齢なので大事を取って入院していました。

お見舞いに行くと、予想以上に元気そうで安心しました。今後は、定期的に連絡を取り合おうと思っています。

相談事例2.駆け落ちした妹に会いたいです

依頼内容:結婚を反対された妹が、半年前に交際相手と駆け落ちして音信不通になってしまいました。

先日、母親に病気が見つかり完治することはないと告げられました。母親は、結婚を反対したことをずっと後悔していました。

母親のためにも妹を見つけて、また一緒に暮らせるようにできればと考えています。

調査の感想:調査結果を見てショックを受けました。「結婚して幸せになる」と言っていた妹ですが、駆け落ち後すぐに破局していました。

やっぱり親の勘は正しかったなと…。特定していただいた住所に会いに行くと「帰りたくても帰れなかった」と泣きつかれました。

妹と話し合い、家に連れ戻すことができました。母親も喜んでいます。諦めずに探して良かったと思いました。

相談事例3.結婚して孫が生まれたと聞きました

依頼内容:長男に会社を継がせたかったのですが、本人にその意思がなく話し合いの数週間後に、海外に旅に出ていきました。

風の噂で4年前に帰国したと聞きましたが、実家に戻らず居場所もわかりません。娘がたまたま見つけたアカウントには、数年前に結婚して子どもが生まれたと書いてありました。

娘が接触しても返信はないそうです。もし孫が生まれているなら、孫に会えたらなと思っています。

調査の感想:調査の結果、長男はお嫁さんの実家の近くに住んでいることがわかりました。

住んでいる住所に会いに行こうと思いましたが、帰国後に音沙汰なかったこともあり、まずは手紙を届けてもらい連絡を待つことにしました。

数ヵ月後に、孫とお嫁さんを連れて実家に遊びに来てくれました。初孫を抱いた涙が出るほど嬉しかったです。長男が自分の家庭を持ち、幸せに暮らしている姿を見て安心しました。

音信不通になった家族をお探しの方へ

音信不通になった家族をお探しの方は、当事務所にお任せください。

人探し探偵調査窓口は、人探しに特化した専門の探偵事務所として、さまざまなニーズにお応えする調査プランをご提案いたします。

当事務所の無料相談では、住所(居場所)調査の概要についてご説明いたします。ご相談内容が外部に漏れることはありません。ご安心なさってください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、人探し調査専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

人探し調査に関するご相談・お見積もり・面談予約は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

少しでも迷っているのでしたら、無料相談をご利用ください。無料相談で解決する問題もあります。お気軽にお問合せください。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop