2-4 彼氏・彼女・元交際相手探し関連記事

ホーム > 2-4 彼氏・彼女・元交際相手探し関連記事 > 元彼を探す方法とは?昔の恋人に会いたい方へ【探偵サポート】
公開日: 2022/07/27 最終更新日: 2022/08/22
2-4 彼氏・彼女・元交際相手探し関連記事
 公開日: 2022/07/27 最終更新日: 2022/08/22

元彼を探す方法とは?昔の恋人に会いたい方へ【探偵サポート】

昔の恋人を探す方法とは?元彼の人探し調査

元彼を探す方法とは?昔の恋人に会いたい方へ【探偵サポート】のご案内です!

「昔の恋人に会いたい」「別れを後悔している」「元彼を探したい」という女性は少なくありません。大切な恋を失って気がづくこともあります。

昔の恋人に会いたい人探し調査をご検討中の方は、依頼の前に必ずお読みください。人探し調査に関する情報をお伝えしていますので、ご参考にしてください。

相談者
昔の恋人に会いたい元彼の人探し調査
2022年7月27日 更新
人探し調査の担当者が書いた元彼の人探し調査の記事です。あなたの問題が解決できるよう、前を向いて歩けるよう尽力いたします。昔の恋人に会いたい方はお問合せください。

目次

探さなかった後悔は一生残る?

過去は変えられないが

元彼と別れた理由はさまざまだと思います。自分や彼の気持ちに変化があった、家族や環境が原因だったかもしれません。

残念ですが、過去を変えることはできません。自分の選択を後悔しているのでしたら、後悔とどのように向き合うかが大事ではないでしょうか?

過去は変えられませんが、後悔と向き合いどのような行動を起こすかによって、これから先の未来を変えることができます。

なかには「今更連絡しても迷惑になってしまう」「拒絶されるのが怖い」という方もいますが、望んだ答えが得られるかどうかは行動を起こしてみないとわかりません。

元彼を自分で探す方法について

インターネットで検索する方法

インターネットで検索

まずは、元彼の名前をインタネットで検索しみましょう。

仕事柄SNSやブログの名前を本名で行なっている人や、職場のホームページに情報を載せている人もいます。

名前と一緒に職業(職種)・出身地・出身校・学生時代の部活・サークル・趣味など一緒に検索することで判明率が高くなります。

画像検索するのも一つの方法です。運よく元彼を見つけることができるかもしれません。

フェイスブックで検索する方法

フェイスブックで検索

元彼のフルネームだけで検索するのではなく、持っている情報を一緒に検索してみましょう。

「出身地」「出身校」「住んでいる場所」などを一緒に検索すると、判明率は高くなります。また、共通の友人や元彼の友達のフェイスブックも確認してみましょう。

過去の投稿にタグ付けされている可能性もあります。また、共通の友人や元彼の友達のフェイスブック内の「友達」を確認してみるのも一つの方法です。

両親の離婚や結婚(婿・婿養子等)がきっかけで苗字が変わっている可能性もあります。

人探し掲示板で検索する方法

人探し掲示板で検索

人探し掲示板によって方法は異なりますが、探している元彼の名前や特徴、探している理由を登録して情報が入ってくるのを待つような掲示板もあります。

反対に、自分の情報を先に登録して相手へ呼びかけを行なうサイトもあります。相手も自分探していた場合、見つけてもらい再会するという形式です。

掲示板を利用する際の注意事項

まず、ネットに寄せられる情報は正しいものばかりではありません。デマの情報も含まれているため、真偽については自分自身で判断する必要があります。

また、個人情報の取り扱いには注意が必要です。情報量が多いほど見つかる可能性は高くなりますが、一度でもネットに載せた個人情報を完全に消すことは不可能です。

その個人情報から第三者に特定され、不正利用・ストーカー被害・嫌がらせ被害につながる可能性もあります。

また、個人情報を流失させたことよく思わない人もいます。元彼が見つかっても、会ってもらえないケースや絶縁されてしまったケースもあるので注意が必要です。

掲載する情報については、どの範囲まで載せるべきか考慮する必要があります。

自分ひとりでは解決できない、元彼に内緒で調べたいとお考えでしたら、人探しを専門家に相談するのも一つの方法です。

元彼の人探し相談事例

相談事例1

5年間おつきあいしていた彼と些細なことがきっかけで、別れてしまいました。

素直になれなかったことをずっと後悔していて、謝りたいと思い電話をかけたのですが、電話番号が変わっていて連絡がつきません。

元彼に会ってあのときの気持ちや今の気持ちを伝えたいです。どうか元彼を探してください。

相談事例2

年下の彼からプロポーズを受けましたが、両親に反対されました…。

彼は「何もかも捨てて一緒に駆け落ちしよう」と言ってくれましたが、彼との関係がうまくいかなかったら…と怖くなり一方的に別れてしまいました。

別れてから数年経っていますが、あの日のことをずっと後悔しています。自己満足かもしれませんが、元彼を探してもう一度謝りたい、元彼の気持ちを聞きたいと思っています。

相談事例3

同棲していた彼の転勤がきっかけで遠距離恋愛になりました。

仕事の都合ですぐには着いて行けず、遠距離になってからすれ違いで喧嘩も増えて、お互い話し合い別れることになりました。

婚約指輪は返さなくていいと言われ、ずっと持っていますが、今でもふとした瞬間に元彼のことを思い出します。

もしあのとき、彼と結婚していたら『違う人生』を送っていたかもしれないと考えてしまうんです。このまま元彼を忘れすことができず、後悔したまま過ごすのは辛いです。

※ご相談内容は、ご依頼者の許可を得たうえで、内容を一部変更して掲載しています。

探偵が行なう人探し調査の概要

元彼の居場所を特定する調査

探偵が行なう元彼の人探し調査とは、元彼に関する情報をもとに現在の居場所(所在)の特定を行ないます。

元彼の人探し調査は、元気にしているか気になる・写真でもいいので一目見たい・会いたい・復縁したいなど、目的に応じて収集する情報の種類や調査・サポートの内容が異なります。

元彼の人探し調査を依頼の際は、目的を明確にし元彼を見つけた後に「何をしたい」のか「どのような関係になりたい」のか、担当者にお伝えください。

元彼の人探しに必要な情報の種類

情報は多ければ多いほど判明率が高くなります

人探し調査は、事前の情報量・信憑性・年数の経過によって判明率(難易度)が異なります。

情報は多ければ多いほど、調査が円滑に進み判明率が高くなります。元彼に関する情報をできるだけ多く準備してください。

  • 名前(フルネーム)・生年月日
  • 連絡先
  • 学歴・出身校
  • 出身地・家族に関する情報
  • 把握している最後の住所
  • 当時の勤務先
  • 外見的な特徴・写真
  • SNSのアカウント情報
  • 交友関係・行動範囲
  • 趣味・趣向

見つかるまでの期間の目安は?

見つかるまでの期間は情報量によって異なります

元彼の人探し調査は、事前の情報量・信憑性・年数の経過・難易度によって異なりますが、数日から数ヵ月だとお考えください。

別れて日が浅いケースやお持ちの情報が新しい場合、比較的難易度は低くなります。

反対に別れて10年以上経過している場合や情報の信憑性が低い(記憶が曖昧で覚えていない)場合、難易度が高くなります。

また、具体的な情報を覚えていない場合も見つかるまでに時間がかかる可能性があります。

人探し調査は、調査期間(日数、時間数)に応じて費用も発生しますので、事前に担当者と入念な打ち合わせを行ない無理のない範囲で依頼しましょう。

依頼をお受けできない案件について

犯罪行為を目的とする調査はお断りしています

探偵の人探し調査は違法な差別行為や犯罪行為を目的とする調査依頼はお受けできません。

また、違法行為による情報収集もお断りしています。

面談にお越し頂いても調査をすることで事件に繋がると判断した場合は、依頼をお断りさせていただきますのでご了承ください。

探偵業法 第九条

探偵業者は、当該探偵業務に係る調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはならない。

引用:警視庁ホームページ

元彼の人探し調査の費用と注意事項について

人探し調査料金の違い

人探し探偵調査窓口は、基本料金132,000円から調査が可能です。

元彼の人探し調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、人探し調査の難易度、調査期間(日数、時間数)に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

「こんな情報が役に立つの?」と思うような、元彼に関する些細な情報もお聞かせください。思いもよらないところから元彼につながる情報を得られるかもしれません。

元彼の人探し調査の料金相場

元彼の人探し調査の料金グラフ

元彼の人探し調査の過去の事例から、おおよそ100,000~600,000円前後の料金プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、過去の事例と全く同じシチュエーションというものはあり得ませんので、正式な金額は見積作成をお問合せください。

詳しいお話をお聞かせいただくことで、「必要な情報」と「不必要な調査」をしっかりと見極めた最良の調査プランをご提案させていただきます。

予算に応じた料金見積もりをご相談時に作成することもできますので、お気軽にお申し付けください。

お好きなプランをお選びいただけます

人探し探偵調査では3つのプランから選べます

人探し探偵調査窓口では、「安心コミコミプラン」「カスタムプラン」「成功報酬プラン」の3つの料金プランをご用意しています。

「安心コミコミプラン」は、基本料金に諸経費が含まれています。追加料金は一切かかりません。

「成功報酬プラン」は、元彼が見つかった場合のみ報酬が発生します。確実に判明した結果に対して支払うため、ご依頼者のリスクは最小限となります。(※着手金が発生します)

「カスタムプラン」は、自分に見合ったプラン選びたい方、希望予算内で調査依頼をお考えの方に推奨しています。

人探し調査依頼の注意事項

悪徳な探偵社には気をつける

近年、探偵社による不正な料金・調査終了後に高額な追加料金(調査経費・追加調査費用等)を請求されるトラブルが問題となっております。

人探し調査を依頼の際は、事前に「基本料金」「追加料金」の確認を行なってください。「調査を実地しないとわからない…」など曖昧な回答の探偵社には注意が必要です。

特に調査経費の水増しには注意が必要です。明細書を確認したら調査経費が基本料金を上回っていた、契約外の調査を勝手に進めるような悪徳な探偵社も存在します。

すこしでも不安を感じた場合は、依頼を再検討されたほうがいいでしょう。

探すだけが解決じゃない?

元彼を見つけた後にどうしたいのか考える

元彼の人探し調査は、目的・希望の解決の形に応じた調査や情報収集が必要になりますので、事前に担当者と打ち合わせを行なうことが重要です。

昔の恋人に会いたい、元彼とよりを戻したい・やり直したい、運命的な再会を果たしたい、連絡先を交換したいなど気持ちをお聞かせください。

当事務所では、ご依頼者の希望に沿った調査をお約束いたします。

ご提案できる調査
  • 身辺調査
  • 勤務先調査
  • 生活実態確認調査
  • 実家調査

探偵が取得できる情報の種類

探偵は戸籍を取得することはできません

  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 勤務先
  • 家族構成
  • 交際相手の有無
  • 配偶者の有無
  • 交流のある人物・関係者
  • 趣味や行きつけの店

※配偶者の有無に関しまして、探偵社は戸籍を取得することはできませんので、普段の生活状況から判断いたします。

探偵が取得できない情報の種類

戸籍や住民票を取得するには弁護士に依頼する

探偵は全ての個人情報を所有しているわけではありません。また、特殊な調査権限もありません。

人探し調査は、戸籍登録・マイナンバー・ライフライン・郵便局・陸運局・携帯会社・金融会社のデータ調査が可能であれば、9割以上が判明することができるでしょう。

しかし、探偵は前記の情報を取得することはできません。もし、「なんでもできます!」「どんな情報でも取れます!」と二つ返事する探偵社は、違法な方法で情報収集を行なっている可能性があるので注意が必要です。

昔の恋人に会いたい方へ

少しでも迷っているなら無料相談をご利用ください

どれだけ時間が流れても、忘れられないのは、真剣な想いだったからではないでしょう。

別れを選ぶしかなかったかもしれません。別れて初めて元彼の大切に気づくこともあるでしょう。

別れはいつも辛く、別れたあとに後悔や寂しさを感じることもあると思います。

自分の選択は正しかったのか悩み続けるているのでしたら、元彼を探して気持ちや想いを伝えてください。

自分が望む答えが返ってこないこともあると思います。ただし、少し前に進むことができるのではないでしょうか?

あなたの希望の解決の形、ご希望をお聞かせいただけましたら、ご希望に沿った調査・サポートをお約束いたします。元彼を探して終わりでは、真の意味の問題解決とは言えません。

事務所にお越しになることができない方のために、人探し担当者が自宅またはご指定の場所へ出張相談を実施しております。各エリアの出張相談は、予約制となっております。

昔の恋人に会いたい元彼の人探しに関するご相談・見積作成は、お問い合わせフォーム・電話・メールにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

また、他社で断られた案件についても対応いたしますので、お気軽にお申し付けください。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop