海外人探し調査関連記事

ホーム > 海外人探し調査関連記事 > 海外留学中に音信不通になった家族と連絡を取りたい|人探し相談
公開日: 2022/01/06 最終更新日: 2022/01/26
海外人探し調査関連記事
 公開日: 2022/01/06 最終更新日: 2022/01/26

海外留学中に音信不通になった家族と連絡を取りたい|人探し相談

飛行機

「海外留学中の娘(息子)が音信不通となった」例をはじめとして、海外に行ったきり帰ってこずに連絡が取れなくなったケースや昔の知人を探しているケースなどの、海外における人探し・行方・所在調査の依頼が増加傾向にあります。

新型コロナウイルスによる渡航制限が2年以上続く中、渡航先で引っ越しなどの、生活状況の変化が起きた場合など、連絡が取れなくなった事例も多発しているのが実情です。

海外人探しの相談窓口

ライター
海外人探し調査
2022年1月6日 更新
海外人探し調査の担当者が書いた外国で音信不通になった家族を探している方に向けた情報を公開しております。

まずは外務省に届け出を

外務省に“行方不明届”を出す

海外に在留している可能性が高く、長期にわたって所在が確認されていない日本人の連絡先等を確認する「所在調査」の行政サービスを、外務省が実施しています。

3親等内の親族による所在調査申込みによって、調査対象国(地域)の関係各所に連絡して情報提供を呼び掛けますが、積極的な捜索活動までは行ないません。

大使館・総領事館のできること
  • 現地警察や保険会社への連絡に際する助言・支援
  • 緊急時等における御家族との連絡支援
  • 弁護士や通訳に関する情報の提供
  • 医療機関情報の提供
  • 被害者等の御家族のパスポートの緊急発給要請

現地警察や行政機関、出入国管理で分かることも

外務省に「所在調査」を依頼することによって、現地の警察や行政機関、国をまたぐ移動があれば出入国管理事務所の出入国審査官などによって、その足跡がもたらされる場合もありますが、いずれにせよ“待ち”の姿勢となります。

このようなケースは、一刻も早い対応が必要です。時間とともに調査対象者の状況が変化し、所在を突き止めることが困難になります。早ければ早いほど発見率が高く、費用面でも割安になる可能性も高まります。その場合は、探偵・調査会社に依頼することになります。

パニックにならないこと

「行方不明=事件」とは限りません

ご子息が海外で行方不明となれば、親の立場とすれば不安で仕方ないでしょう。度々、海外で日本人が被害者となった事件がセンセーショナルに報じられることも起因していると思われます。

行方不明になった国がアフガニスタンやミャンマー、南スーダンなどといった紛争地域ならともかく、日本の大使館・総領事館があるような国においては、「行方不明=事件に巻き込まれた」と思い込んでしまい、ご依頼者の側がパニックを起こしてしまっては、調査に必要な情報をお聞きすることもできなくなってしまいます。

まずは、落ち着いて、調査対象者の情報を整理することが必須です。

行方不明になった人物の情報を詳細に整理

ご依頼者はまず、行方不明になったご子息のできるだけの情報を提供していただき、連絡が途絶えた理由として思い当たることがあればお話を伺うことになります。

「行方不明=事件に巻き込まれた」という可能性は排除はしませんが、現地の環境になじめず、精神疾患を発症して、家に引きこもってしまうケースや、黙って、フラフラと違う土地(国)に移動するケースも少なくありません。

また逆に、冒険心豊富な人物であれば、気ままに各国を周遊するように、移動しながら生活し、“ノマドライフ”を楽しむような人もいるでしょう。

ご依頼者に、調査対象者の性格などもお聞きしながら、さまざまなケースを想定しながら、捜索を進めることになります。

海外での人探し調査とは

現地調査員との共同作業

海外における人探し・行方・所在調査は、現地の言葉や地理、治安事情に精通した調査員に加え、現地の日本人コミュニティーやコーディネーターなどに協力を仰ぎながら、日本から派遣した当事務所の調査員が捜索します。

ご依頼者から相談を伺ったうえで、難易度が低いと判断させていただいた場合は、現地調査員のみで捜索することも可能です。

SNSアカウントが手掛かりになることも

スマホ世代であれば、何らかのSNSアカウントを持っている可能性は非常に高いでしょう。それを知っているのは、日本に残してきた友人である可能性も、これまた高いといえます。

よって、友人の方が、親よりも不明とされた本人の近況を知っているといったケースもよくあることです。

“灯台下暗し”というように、行方不明となったご子息の消息のヒントは、日本の、しかも近所にあったりもするものです。

よって、ご依頼者からいただいた情報をもとに、海外を闇雲に探すのではなく、身近な情報をヒントに、効率的に捜索にあたることができますので、ご子息自身の情報のみならず、学校やアルバイト先などの友人関係やSNSアカウントを把握しておくことで、より効率的に調査が可能となります。

いずれにせよ、あらゆる事件に巻き込まれたといった悪いケースから、現地で無事に生活していた、引っ越していたなどといったさまざまなシチュエーションを想定し、現地調査員やご依頼者とも、密に連絡を取り合い、発見に導くお手伝いをいたします。

海外人探しの相談・依頼方法

専門家がフルサポート

人探し専門調査窓口では、海外に支部を設けております。人探しに限らず、信用調査には海外のネットワークを駆使して調査に当たります。

海外で人探しをお考えの方は、現地調査員がいる私どもにご依頼ください。総力をあげて調査、サポートいたします。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探しに関するQ&A

Q

海外にいる方の所在調査で必要な経費は?

A

海外在住の調査員と共同で行ないますので、現地の移動交通費がかかります。日本から捜索スタッフが向かう場合、渡航費・滞在費・移動交通費が別途かかります。

Q

海外でも調査状況を電話やメールで確認できる?

A

はい、可能です。ご指定いただいた連絡方法で1日の調査結果を毎日ご報告させていただきます(ライン、メール、電話など)。

Q

現地の調査員だけで探せますか?

A

音信不通になった原因がわかれば現地スタッフだけで充分です。外務省からの本人情報が全く入らない状況で何日も経っているような場合、現地スタッフと共同作業を行なうようにしています。難易度が高く、犯罪に巻き込まれている可能性も含め慎重に調査をしなければなりません。

海外人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    人探し相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

    (C) 人探し専門調査窓口

    pageTop