お役立ち情報

Guide

ホーム > お役立ち情報 > 人探しの成功率と相談先について│成功を左右する重要なポイント
公開日: 2021/12/23 最終更新日: 2022/01/26
お役立ち情報
 公開日: 2021/12/23 最終更新日: 2022/01/26

人探しの成功率と相談先について│成功を左右する重要なポイント

人探し調査を依頼される際に、最も多く質問されるのが、どのくらいの確率で見つけられるのか?本当に見つけることができるのか?という内容です。

ここでは、人探し調査を検討中の方へ役立つ情報や押さえておきたいポイントについて詳しく説明していきます。

人探し調査専門相談窓口

相談者
人探し調査
2021年12月23日 更新
人探し調査の担当者が書いた成功率や相談先について重要なポイントをまとめました。人探しを検討している方に有益な情報を提供しております。

人探しの成功率について

成功率100%をうたう探偵社には要注意!

結論から申し上げると、成功率100%というのは理論上あり得ません。
人探し調査は、「事前情報」を基に調査プランを組み立てて行ないますが、契約時に「成功率100%」と伝えることはありません。

もし、成功率100%と言い切ることができるのであれば、事前のやりとりの中ですでに対象者を見つけていて契約するだけの状態でしょう。

一般的には、調査プランや料金をご納得頂いて契約後、調査を着手するのでやってみないとわからないのが現状です。過剰に期待させるような「100%の実績!」などの営業トークには注意が必要です。

探偵社によって成立率はさまざまですが、各探偵社が公表している成功率を平均すると7割~8割というデータがあります。また、人探し調査の種類はさまざまで、依頼内容や事前情報によっては成功率に違いが出てきます。

探偵依頼時の注意点
  • 成功報酬の金額が高い時は、なぜ「難易度」が高いのか説明をうける
  • 調査期間中に得た情報は共有できるのか事前に確認する
  • 成功(発見)の定義を明確にして期限を決めておく

特に重要なのが「情報共有」です。情報共有を断る探偵社はご依頼者が捜索することを嫌がります。
成功報酬を設定していても、調査過程で得た情報は共有し、新たな情報を得るためにはご依頼者の協力も時には必要でしょう。

人探しを成功させるポイント

探偵が行なう人探しとは大きく分けて2種類あります。ひとつは対象者が隠れている訳ではないが、居場所がわからなくなった「所在確認調査」、対象者が意図的に逃げている状態の「家出人・失踪人捜索調査」です。

しかし、いずれの調査に関しても発見に向けて最も重要なのが事前情報の量と質です。正確な情報であれば、事前情報の下調べが少なく最短での発見につながります。

また、依頼までのスピードも重要です。探している人と最後に会った日からの日数や、お持ちの情報の経過日数が最新であれば成功率はあがります。

人の記憶は時間が経てば経つほど曖昧になっていくもので、人探しの難易度は時間が経てば経つほど高くなっていきますので、本気で見つけたいと思った「その時」に専門家に相談することをおすすめします。

警察が動ける捜索と成功率

生命又は身体に危険が生じないと動かない?

国家機関であることから強力な調査権限を持つ警察ですが、基本的に「事件性がある」と判断したものでなければ、捜索を行なうことは難しいでしょう。

警察が判断する捜索の対象となる人物の基準とは、「特異行方不明者」であるかどうかです。特異行方不明者に当てはまる条件は、下記のとおりです。

「特異行方不明者」とは
  • 1. 殺人、誘拐等の犯罪により、その生命または身体に危険が生じているおそれがある者
  • 2. 少年の福祉を害する犯罪の被害にあうおそれがある者
  • 3. 行方不明となる直前の行動その他の事情に照らして、水難、交通事故その他の生命にかかわる事故に遭遇しているおそれがある者
  • 4. 遺書があること、平素の言動その他の事情に照らして、自殺のおそれがある者
  • 5. 精神障害の状態にあること、危険物を携帯していることその他の事情に照らして、自身を傷つけまたは他人に害を及ぼすおそれがある者
  • 6. 病人、高齢者、年少者その他の者であって、自救能力がないことにより、その生命または身体に危険が生じるおそれがあるもの

上記の条件に当てはまらない場合は、警察に依頼しても捜索してくれません。

警察は基本的に民事不介入の原則に基づいて行動しているため、裁判で訴えたい相手が引っ越してしまい、住所がわからなくなったといったトラブルの場合、関わることは基本的にありません。

そのため、警察への捜索を依頼したいときは、家出した未成年者や失踪した高齢者を探したい場合がおすすめです。(引用元:行方不明者発見活動に関する規則 第一章 第二条)

警察による行方不明者の発見率

事件や事故と比較すると家出人のほうが発見される可能性は高く、家出人の場合1週間以内に発見されたり、自発的に帰宅するケースが大半です。また、全体の行方不明者のうち86.1%が発見に至りますが、一週間が経過すると捜索が困難になります。

発見率も受理当日は47%から、2~7日では32.8%に、8~14日で3.8%と大幅に低下してしまいます。

つまり、警察に行方不明者届を出して捜索を依頼した場合、一週間程度が無事に発見できるかどうかの境界線であるといえます。

役所は人探しに協力してくれるのか?

住民票の取得ができる条件

親族を探している場合や元・配偶者を探している場合は、役所にて住民票などを取得することが可能です。ただし、「初恋の人」「恩師」などの第三者の場合は、請求することができません。

借金などのトラブルによっては取得できることも

お金を貸した相手の行方がわからなくなった場合に、役所にて「どうしても請求する必要がある」と認められれば取得が可能です。

しかし、相手が戸籍を動かしていない場合などは、現住所を知る手がかりにはならないので注意が必要です。
借金などのトラブルによっては相手が第三者でも住民票の取得が認められる場合もあります。取得できる条件は、下記のとおりです。

しかしながら、役所は人探しを専門的に行っている組織ではないため、あくまでトラブルの解決のために住民票を取得するのに活用するのが基本になります。(引用元:住民基本台帳法第12条の3)

  • 1. 自己の権利を行使し、または自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者
  • 2. 国または地方公共団体の機関に提出する必要がある者
  • 3. 前二号に掲げる者のほか、住民票の記載事項を利用する正当な理由がある者

人探し調査で失敗しない5つのポイント

人探し調査に強い探偵の選び方について

人探し調査を依頼する場合、どこの探偵社を選んでも良いわけではありません。
人探し調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数、特殊な調査にも対応できるかなど専門性が重要となります。

探偵選びで失敗しないために「人探し調査に強い探偵」の探し方について5つご紹介いたします。

人探し調査は早期相談と経験

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。仮に上手く発見できたとしても、調査後にどうして良いかわからず、ご依頼者に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵社に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「人探しはどこの探偵も変わらないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、探偵社にも得意不得意があり、得意な調査以外の実績については、解決事例がすくない探偵社が多いのです。浮気調査が強い探偵社に人探し調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用を事前に答えることができる

調査相談の段階で「実際に費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「調査してみないとわからない」など曖昧に答える探偵社は、追加調査になる可能性が高いので避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績1,000件以上」という探偵社の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない方は「1,000件も相談実績があるならきっと立派な探偵社だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しいときは、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵社というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行ないます。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」とご依頼者のリスクを考えたうえでの発言があれば良い探偵社と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵社は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査の相談・依頼方法

解決方法が見つかるまで何度でも無料で相談

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し専門調査窓口では出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し専門調査窓口

pageTop