1-2 お役立ち情報

Guide

ホーム > 1-2 お役立ち情報 > 人探しの成功率とは?人探し探偵調査【成功率を上げるポイント】
公開日: 2022/09/09
1-2 お役立ち情報
 公開日: 2022/09/09

人探しの成功率とは?人探し探偵調査【成功率を上げるポイント】

人探しの成功率とは

人探し調査を依頼される際に、最も多く質問されるのが、どのくらいの確率で見つけられるのか?本当に見つけることができるのか?という内容です。

ここでは、人探し調査の「成功率」や「成功率を上げるポイント」など、人探し調査に役立つ情報を詳しくお伝えいたします。

人探し調査をお考えの方は、必ずお読みください。人探し調査に関するご相談は随時お受けしていますので、お気軽にお申し付けください。

女性記者が記事を作成しました

人探し調査の成功率
2022年9月9日 更新

人探し調査の担当者が書いた成功率や重要なポイントについて、人探し調査の専門家がまとめました。人探しを検討している方に有益な情報を提供しております。

目次

人探しの成功率について

成功率100%は嘘

結論から申し上げると、成功率100%というのは理論上あり得ません。

人探し調査は、「事前情報」を基に調査プランを組み立てて行ないますが、契約時に「成功率100%」と伝えることはありません。

もし、成功率100%と言い切ることができるのでしたら、事前のやりとりのなかで、すでに対象者を見つけていて契約するだけの状態でしょう。

ご契約後に調査に着手するので、居場所(住所)を特定できるかどうかは、調査を行なってみないとわかりません。

過剰に期待させるような営業トークには気をつけましょう。

探偵人探し調査の成功率の平均は…

探偵社によって成立率はさまざまですが、各探偵社が公表している成功率を平均すると7割~8割というデータがあります。

人探し調査は結果を保証するものではありません。また、結果が判明しないケースもあります。

対象者が見つかったとしてもパートナーがいたり、会うことに否定的だった場合、ご依頼者の望み通りにならない可能性もあります。

※対象者が会うことに否定的だった場合、対象者の意見(気持ち)を尊重いたしますのでご了承ください。

人探し調査をお考えの方は、見つからない・見つかっても会えない可能性も少なからずあるということを理解しておきましょう。

人探し調査依頼の注意事項

事前に確認が必要です

ほとんどの探偵社がHPに費用や調査プランを掲載していますが、正式に依頼をする前の相談の段階で「基本料金」「調査経費」「追加料金の有無」を確認してください。

ホームページに掲載されている料金とかけ離れた金額を請求されたり、依頼してない調査を勝手に進め、明細を見たら経費が調査料金を上回っていたというような悪質な探偵社も存在します。

また、調査終了後に高額な追加料金(調査経費や追加調査の費用など)を請求されるトラブルが問題となっています。

情報共有を嫌がる探偵社も!?

特に重要なのが「情報共有」です。情報共有を断る探偵社は、ご依頼者が捜索することを嫌がります。

成功報酬を設定していても、調査過程で得た情報は共有し、新たな情報を得るためにはご依頼者の協力もときには必要でしょう。

人探し調査をお考えの方は、下記の3つの項目を事前に確認してください。

✅成功報酬の金額が高いときは、なぜ「難易度」が高いのか説明をうける

✅調査期間中に得た情報は共有できるのか事前に確認する

✅成功(発見)の定義を明確にして期限を決めておく

人探し調査を成功させるポイント

情報の質が大切です

探偵が行なう人探しとは、事前情報を基に対象者の居場所(住所)の特定を行ないます。人探し調査は事前情報の量・信憑性・年数の経過に応じて調査の難易度が異なります。

また、情報が少ないより古い方が難易度が高くなりますので、「会いたい」「探したい」と思ったときに専門家に相談することをおすすめします。

「こんな情報が役に立つのか?」「何十年も前の情報だから役に立たないかも…」と思うような、些細な情報もお伝えください。思いもよらないところから、見つかるケースも多くあります。

人探し調査に役立つ情報の種類

  • 氏名・生年月日
  • 住所(以前住んでいた住所)
  • 出身地
  • 学歴(出身校)
  • 勤務先(前勤務先)
  • 家族に関する情報
  • 車両情報
  • 通勤・通学手段
  • 趣味・交友関係等
  • ラインやメールのやり取り
  • 会話の内容
  • よく行くお店や見かける場所
  • SNSのアカウント情報

対象者が判明しない理由とは?

判明しないケースとは

判明しない多くの理由は、事前にご提供いただいた情報に間違いがあったケースです。間違った情報を基に調査を行なうことで判明しない、もしくは全くの他人であることがあります。

人の記憶は時間が経てば経つほど曖昧になっていくものです。何十年も前の情報を明確に覚えている人は少ないと思います。

人探し調査は情報の質(信憑性)が大切です。できる限り間違いのない正確な情報を準備してください。

警察が「動く人探し」と「動かない人探し」

捜査の対象は特異行方不明者のみ

会いたい人がどこにいるのかわからないときに、「警察に相談しよう」と考える方も多いのではないでしょうか?

警察に人探しの相談をすることはできます。しかし、必ず探してくれる訳ではありません。では、警察が「動く人探し」「動かない人探し」の違いはどのようなものでしょうか。

国家機関であることから強力な調査権限を持つ警察ですが、基本的に警察が動くのは「事件」「事故」と関係がある行方不明のみだと考えた方がいいでしょう。

特異行方不明者に該当するケースとは?

警察が判断する捜索の対象となる人物の基準とは、「特異行方不明者」であるかどうかです。

特異行方不明者に当てはまる条件は、下記のとおりです。下記の条件に当てはまらない場合は、依頼しても捜索してもらえないと考えた方がいいです。

1.凶悪犯被害者

殺人、誘拐等の犯罪により、その生命または身体に危険が生じている恐れがある者

2.福祉犯被害者

少年の福祉を害する犯罪の被害にあう恐れがある者

3.事故遭遇者

行方不明となる直前の行動その他の事情に照らして、水難、交通事故その他の生命にかかわる事故に遭遇している恐れがある者

4.自殺企図者

遺書があること、平素の言動その他の事情に照らして、自殺の恐れがある者

5.自傷他害の恐れのある者

精神障害の状態にあること、危険物を携帯していることその他の事情に照らして、自身を傷つけまたは他人に害を及ぼす恐れがある者

6.自救無能力者

病人、高齢者、年少者など、自救能力がないことにより、その生命または身体に危険が生じる恐れがあるもの

警察は民事問題には立ち入らない?

警察は民事不介入

警察は民事問題には立ち入らないという「民事不介入の原則」に基づいて行動しているため、個人の権利や自由に関するトラブルには干渉しないという考え方です。

別れた交際相手に会いたい、裁判で訴えたい相手の住所がわからない人探しの場合、警察が関わることはないと考えた方がいいでしょう。

事件や事故、犯罪に巻き込まれた疑いがある・自ら命を絶つ危険性がある・他社に危害を加える恐れがある人探し(家出、失踪、行方不明)は、早急に警察に相談してください。

役所は人探しに協力してくれるのか?

住民票を取得できる条件

親族を探している場合や元・配偶者を探している場合は、役所にて住民票などを取得することが可能です。

ただし、「初恋の人」や「恩師」などの第三者を探している場合は、請求することができません。

借金などのトラブルによっては、第三者でも住民票を取得できることもあります。

お金を貸した相手の行方がわからなくなった場合に、役所にて「どうしても請求する必要がある」と認められれば取得が可能です。

しかし、相手が戸籍を動かしていない場合などは、現住所を知る手がかりにはならないので注意が必要です。

借金などのトラブルによっては相手が第三者でも、住民票の取得が認められる場合もあります。

しかし、役所は人探しを専門的に行なっている組織ではないため、あくまでトラブルの解決のために住民票を取得するのに活用するのが基本になります。(引用元:住民基本台帳法第12条の3)

住民票を取得できる条件とは?

✅自己の権利を行使し、または自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者

✅前二号に掲げる者のほか、住民票の記載事項を利用する正当な理由がある者

✅国または地方公共団体の機関に提出する必要がある者

人探し調査の費用について

人探し調査料金の違い

当事務所の人探し調査は、基本料金132,000円から調査依頼を承っております。

人探し調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、人探し調査の難易度、調査期間(日数、時間数)に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

人探し調査は情報が多ければ多いほど調査が円滑に進みます。できるだけ費用をかけずに依頼をするためには、ご依頼者のご協力や情報収集が必要不可欠です。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案をさせていただきます。

自分に見合った料金プランを選べます!

人探し調査の正式な金額をご希望の方は、見積をお問い合わせください。見積作成は無料です。

✅「安心コミコミプラン」

基本料金に諸経費が含まれています。追加料金は一切かかりません。

✅「成功報酬プラン」

対象者が見つかった場合のみ報酬が発生します。確実に判明した結果に対して支払うため、ご依頼者のリスクは最小限となります。(※着手金が発生します)

✅「カスタムプラン」

自分に見合ったプラン選びたい方、希望予算内で調査依頼をお考えの方に推奨しています。

人探し調査の料金事例

初恋の人探し【安心コミコミプラン】 基本料金:165,000円(諸経費・税込み)
元彼の人探し【安心コミコミプラン】 基本料金:250,000円(諸経費・税込み)
風俗嬢の人探し【カスタムプラン】 基本料金:300,000円+調査経費:16,500円
合計金額:316,500円
ホストの人探し【カスタムプラン】 基本料金:220,000円+調査経費:45,000円
合計金額:265,000円
生き別れの母親探し【成功報酬プラン】難易度:高 着手金:132,000円+成功報酬:300,000円
合計金額:432,000円

見つけた後の調査やサポートとは?

アフターサービスが充実しています

人探し探偵調査窓口は、見つけた後のサポートが充実しています。対象者の居場所の特定から、見つけた後のサポートまでワンストップサービスで行ないます。

恋愛関係が目的

対象者と「交際したい」「告白したい」「復縁したい」など、恋愛関係になりたいとお考えでしたら、配偶者や交際相手の有無・生活状況を把握したうえで気持ちを伝えることで、成功率を上げることができます。

仲良くなりたい・交友を持ちたい

対象者がご依頼者のことを覚えていない・面識がない(一目惚れや片想いなど)場合、間違えた接触の仕方をしてしまうと、拒絶されてしまう可能性もあります。

偶然の再会を演出したい

会えない原因を作ってしまった場合は、相手の生活(行動)パターンを把握したうえで、偶然の再会を演出するためのサポートが可能です。

気持ちだけでも伝えたい

会いたくても会えない方や気持ちだけでも伝えたいとお考えの方には、当事務所の伝言・音声・手紙お届け代行サービスを推奨しています。

ご依頼者に代わって気持ちをお届けいたします。また、相手側の返答(返信の確認)のお預かりも承っています。

ご提案できる調査項目の事例

調査の目的や必要な情報の種類に応じて実地する調査内容が異なりますので、担当者と入念な打ち合わせを行ないましょう。

  • 身辺調査
  • 生活実態調査
  • 勤務先調査
  • 実家調査
  • 各種代行サポート

人探し調査の無料相談窓口

専門家だからできる解決方法がある

自力で探す方法はないのか、探偵に依頼してまで探したいのか、費用をかけて見つからなかったら不安、探偵社の選び方がわからず迷っている方も多いかと思います。

もし、少しでも迷っているのでしたら、無料相談をご利用ください。無料相談で解決する問題もあります。

また、他社で断られた案件につきましてご対応いたしますので、お話をお聞かせください。

最短で当日の面談が可能です!

事務所にお越しになることができない方のために、人探し調査担当者が自宅またはご指定の場所へ出張相談を実施しております。各エリアの出張相談は、予約制となっております。

人探し調査に関するご相談は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。いつでもお問合せください。

経験豊富な女性調査員も在籍しております。女性調査員をご希望の方は、事前にお申し付けください。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop