家族・親族の人探し関連記事

ホーム > 家族・親族の人探し関連記事 > 離れて暮らす子供が心配|生活実態を調べる方法
公開日: 2021/12/17 最終更新日: 2022/05/18
家族・親族の人探し関連記事
 公開日: 2021/12/17 最終更新日: 2022/05/18

離れて暮らす子供が心配|生活実態を調べる方法

家

離婚後、離れ離れになってしまった子どもを心配される方は多くいらっしゃいます。離婚した相手(元配偶者)と連絡が取れなかったり、音信不通になってしまうととても不安ですよね?

こちらのページでは、離婚して居場所がわからない子どもの所在や安否確認を行なううえで、知っておくべきことをご紹介しております。

離れ離れの子どもの生活実態確認調査のご案内

相談者
離婚した子どもの所在確認調査
2021年12月17日 更新
所在確認調査の担当者が書いた離婚した子どもの所在確認調査の記事です。離婚して居場所がわからない子どものお悩みを抱えている方はご参考にしてください。1日も早く子どもを見つけられるよう、ご依頼者の不安が解消されるよう尽力いたします。

生活環境は調べられる?

生活実態確認調査とは?

離婚して居場所がわからない子どもの生活環境を調べることは可能です。探偵が行なう生活実態確認調査とは、子どもが現在どのような生活を送っているのか確認・情報収集を行なう調査のことをいいます。

離婚によって子どもと離れ離れになってしまった方から、生活実態確認調査のご依頼をお受けする背景には、さまざまな理由があります。

元配偶者の意向により子どもに会えなくなった子どもの現在の様子を知りたいという理由に留まらず、子どもがDVの被害や学校でのいじめを受けてしまったり、元配偶者の心中に巻き込まれるといった事態を防ぐための目的もあるからです。

男の子の後ろ姿

離婚して離れて暮らす子どもについての問題

離婚後の子どもの生活が心配

まだ小さな子どもと離婚で離れて暮らすことになると、その後の子どもがまともな生活を送っているのか心配になるかと思います。離婚後の子どもの生活で心配される問題は、主に以下のようになります。

子どもについての問題
  • 元配偶者にDV(暴力による虐待)を受けていないか
  • 元配偶者からモラルハラスメント(モラハラ:精神的虐待)を受けていないか
  • 元配偶者の収入や養育費だけでちゃんとした生活が送れているか
  • 離婚のことで学校でいじめられていないか
  • 自暴自棄になり素行不良や問題行為を起こしてないか

離れて暮らす子どもを探したいとき、よくある質問

もしものことが子どもに起きていないか確かめたい!

離婚をした経緯や事情によって、離れて暮らす子どもと会えずに過ごさなければならない事例も存在します。

離婚しても子どもはちゃんとした生活を送っているのか?
子どもがDVを受けていたり、学校でいじめられているか確認したいのに直接子どもの様子を見に行くことができない方でも、探偵事務所に依頼すれば万が一起きる可能性のある最悪の事態を回避することができます。

では、調査を行なう前にどのようなことが探偵事務所で実際に調査可能なのか、Q&A方式でご紹介します。

泣いている子ども

関連するQ&A

Q

子どもが現在どんな生活をしているのか調べてもらうことはできますか?

A

調べられる範囲で可能です。子どもの普段の生活状況について調べられることについては、可能な限り調査可能です。
例えば、学校生活を調べるために学校に入ったりすることはできませんが、登下校中の様子を調べることは可能です。
学校内へ侵入することは不法侵入に該当するため、調査できません。主に元配偶者との外出中や、一人で外に出るときなどを調べることになります。

Q

離婚した元夫(妻)と暮らしている子どもがもしもDVを受けていた場合、通報してもらうことはできますか?

A

通報できます。DVは立派な刑事罰に該当するため、通報が可能です。さらに、探偵の行なう状況証拠とともに、『DVを行なっていた。』という確実な情報が得られるため、一般人が通報するよりも遥かに効力を発揮します。

Q

離婚した相手が子どもを連れて場所も告げずに引っ越してました。場所を調べることはできますか?

A

可能です。ただし、引っ越しをされて日数がある程度経過していた場合は、成功率が下がってしまいます。
ご相談された段階で知りうる情報を少しでも多くご用意しておくことと、なるべく早く相談することが、成功率を高めるカギとなります。

実際に探す場合によくある質問

実際に調査をお願いしたいとき、知っておくべきこと

偏に探偵事務所と言っても、その探偵事務所ごとに得意な調査分野や料金設定は異なります。また、依頼する調査内容によって成功率も変わってきます。

『依頼してみたら思ったよりも費用が高かった』『安いと思って依頼したら、全然成果がなかった』といった依頼後のトラブル、満足のいく結果が得られず損をすることを避けるために、よくあるご質問からピックアップしてご紹介します。

関連するQ&A

Q

地方に住んでいるのですが、調査していただくことはできますか?

A

全国に対応しています!人探し専門調査窓口では、全国47都道府県のあらゆる地域の調査に対応しています。現地調査員によるきめ細やかな調査が可能です。

Q

調査費用はどのくらい掛かりますか?

A

ご予算に応じた最適なプランで調査いたします!所在確認調査に掛かる費用の相場は数十万円から数百万円と言われています。なぜそのような価格に差が生じるかと言うと、『調査の難易度が大きく関わるから』です。
目的や状況に応じて費用が異なりますので、担当者にお問合せください。

Q

依頼した調査は必ず成功するものなのですか?

A

人探しの成功率に100%の保証はありません。先に記述したように、探偵事務所にはそれぞれ得意とする分野の調査があります。また、人探し調査が得意と謳い、100%の成功率を掲げる探偵事務所は要注意です。
そういった探偵事務所に依頼したことにより、トラブルになるケースも存在します。
人探し専門調査窓口では、依頼を受けた段階で詳しい調査方針や追加費用の説明、そして調査が失敗に終わってしまうリスクまで開示したうえで調査を行ないます。

探偵が行なう調査とは?

まずは子どもの所在を確認する!

子どもの生活環境を調べるうえで最優先すべきことは、離婚して離れ離れになった子どもの居場所(所在)を確認することです。

子どもの居場所がわからないことには、生活環境を調べることができません。子どもの居場所を判明させた後に生活実態確認調査で、トラブルに巻き込まれていないか確認を行ないます。

探偵が行なう所在確認調査は、元配偶者や子どもの残された情報をもとに、聞き込み調査・張り込み調査・尾行調査・データの情報収集調査で子どもの居場所(所在)の確認を行ないます。

女の子の後ろ姿

調査料金の相場

所在確認調査の相場

居場所がわからない子どもの所在確認調査の過去の事例から、おおよそ10~60万円前後の料金プランをお選びする方が多いのですが、事前の情報量、必要な情報の種類、難易度、調査期間(日数、時間数)、お持ちの情報が古いか新しいかに応じて算出されるので、案件ごとに金額が異なります。

生活実態確認調査の相場

子どもの生活実態確認調査の依頼料の取り決めは、取得する証拠や情報の種類、調査期間(日数、時間数)、サポート内容などに応じて費用が算出されるので案件ごとに金額は異なりますが、おおよそ15~70万円前後だとお考えください。

生活実態確認調査は目的・希望の解決の形に応じて取得する情報の種類、調査の手法が異なりますので、事前に担当者と打ち合わせを行なうことが重要です。

ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる調査・サポート等のご提案をさせていただきますので、お気軽にお申し付けください。

実際にお受けした調査事例

過去の事例から学ぶ

『大まかな流れはわかったけど、実際にどんなことをするのかわからない』と感じたときは、専門家が実際にどのような問題に対して解決に導いたのかを、過去の事例から学ぶことが最も効率的です。ご依頼者の承諾のもと、以下に体験談をご紹介しております。

体験談「不倫した妻が連れた子どもを探したい」

男性
ご依頼者: 30代/男性 会社勤務
ご依頼内容: 人探し調査
ご依頼理由:

不倫が原因で妊娠した妻が、子どもを連れて逃げてしまいました。

妊娠が発覚した当時、妻は不倫相手の子どもを産みたいといい、私は内心怒りで気持ちが抑えられなかったため、中絶をするように強く言ってしまいました。妻はそのことを聞き入れられなかったのか、離婚しろと一方的に言われました。

私も愛想が尽きたので離婚には同意しました。しかしその一週間後に5歳になる長男を連れて家を出てしまい、離婚の調停ができない状態になってます。

妻の潜伏先については、妻がよく家を訪れるという友人の自宅や、実家になると思います。しかし、いくら妻の友人や実家に聞いても知らぬ存ぜぬで一向に話が進みません。むしろ、非協力的な態度を取られてしまいます。

一度だけ、妻と連絡が取れたので会うことができました。子どもは私に会うと喜んでくれましたが、少し痩せて衰弱している様子でした。詳しいことは話してくれませんでしたが、DVを受けている可能性があります。この先も同じようなことが続くと考えると、まともに育てられないと思います。

実を言うと、妻の潜伏先を突き止めたくて尾行をしましたが、失敗しています。ただ、専業主婦だったことからお金はそれほど持ってないと思うので、友人宅か実家に潜伏していると思います。居場所を突き止めて、正式に離婚調停を進め、親権を取り戻したいです。

調査レポート:

ご依頼者とヒアリングを行ない、事前に知っている対象者に関するさまざまな情報を精査したところ、ご依頼者に内緒でSNSをしている可能性が浮上しました。

対象者の氏名、生年月日や住んでいた地域を基にSNSを中心としたネット調査を行ない、ある程度場所を絞り込むことが成功したら現地での確認調査を行なう流れとなりました。

調査を進めていくと、対象者が実家で撮影したとされる料理の写真を見つけ出し、実家住所にて張り込みを行ない、対象者の姿を確認することに成功しました。

3日に及ぶ所在確認調査を行なった結果、対象者はどうやら実家と不倫相手の家を行き来しながら生活していることがわかりました。

調査後に届いたご依頼者からのメールによると、子どもは基本的に実家に預けたきりで、元妻は働く気配もなく時々実家で癇癪を起してしまっていたようです。

それでも実家で暮らす親は自分たちで孫を守る目的でとご依頼者に非協力的な態度を取っていたといいます。さらに不倫相手の生活能力が無かったことが決め手となり、親権を取り戻す形で離婚を成立させることに成功しました。

体験談「浮気が原因で離婚した。子どもの現在が知りたい」

女性
ご依頼者: 40代/女性 会社員
ご依頼内容: 人探し調査
ご依頼理由:

私の過失で離婚した夫と子どもと疎遠になっています。今どうしているのか心配です。

元夫とは20代のころに結婚したのですが、子どもを産んで数年間仕事と家事と子育てによるストレスが爆発して浮気をしてしまいました。夫にそのことがバレてしまい夫に親権が渡る形で離婚することになりました。

あれから、約10年夫は私を子どもに会わせる気が一切なかったため一度も会えていません。元夫との共通の友人によれば、しばらくして転勤によって引っ越しをしてしまったらしく、詳しい住所がわかりません。

また、元夫は少し短気なところがあったので、子どもに辛く当たったりしてないか心配です。それと、学校にはちゃんと通えているのか、いじめられてないかも心配です。

私が犯したたった一度の過ちですが、この10年間後悔し続けてばかりでした。できることなら子どもと一緒に暮らしたいですが、まずはまともな生活を送っているかちゃんと確かめたいです。

調査レポート:

今回の調査では、子どもが中学生の年齢であることに着目し、子どもを尾行することで引っ越し先を特定するプランをご提案いたしました。そのためには引っ越し先の大まかな地域を知る必要がありました。

ご依頼者の協力のもと、共通の友人からある程度地域まで知ることができました。その地域に点在する学校からお預かりした写真を頼りに調査を続け、子どもを見つけることに成功。尾行を行ない、引っ越し先を特定することができました。

本来であれば引っ越し先の地域の特定から調査を行ないますが、時間を要することとその分にかかる費用を抑えるために、ご依頼者に協力していただくことでコストダウンを可能としました。

子どもが虐待やいじめを受けている様子はなかったことから、正常に暮らしていると判断。ご依頼者に報告後、『一緒に暮らすことは難しそうだけど、幸せに暮らしていることが何よりうれしい。』とのことでした。今後、元夫と連絡をとり再会できるかどうか相談されるとのことでした。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

お問合せ窓口

離婚後の子どものに関する問い合わせ先

離婚して子どもに会えない理由はさまざまだと思います。しかし、離れ離れになっても子どもを思う親の気持ち、子どもに会いたい気持ちは変わらないでしょう。

離婚して離れ離れになった子どもの居場所、生活環境を自分で調べるのは難しいかと思います。元配偶者が協力的でしたら、すぐに会うことができるかもしれません。

自分ひとりでは解決できない問題に直面したときは、第三者の協力を得ることで問題が解決できます。離婚して居場所がわからない子どものご相談は、当事務所にお任せください。人探しに特化した専門の探偵事務所としてさまざまなニーズにお応えする調査プランをご提案いたします。

当事務所はご依頼者の気持ちに寄り添う探偵社です。ご希望の解決の形、目的をお聞かせいただけましたら、ご希望に沿った調査をお約束いたします。

また、他社で断られた案件についても対応いたします。離婚して子どもの居場所がわからないご相談は、お問合せフォーム・電話・メールにて24時間お受けしていますので、お気軽にご相談ください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し専門調査窓口

pageTop