所在確認調査関連記事

ホーム > 所在確認調査関連記事 > どうしても返してほしい!「借りパク人探し」
公開日: 2021/03/30 最終更新日: 2021/10/04
所在確認調査関連記事
 公開日: 2021/03/30 最終更新日: 2021/10/04

どうしても返してほしい!「借りパク人探し」

物の貸し借りや金銭の貸し借りなどトラブルの原因になることが非常に多いです。約束の期限通りに返して貰えなかったり、連絡がつかなくなったりするなどなかなか自分の思い通りにならないことが考えられます。信用している相手に物を貸して返って来なかったら相手に対しての信用を失うかと思います。貸した本人は覚えていても借りた相手は覚えていないことが多いようです。これから紹介する内容は友人にお金を貸したがいわゆる「借りパク」借りたものを返さずに行方が分からなくなった方の調査体験レポートをご紹介致します。同じような状況の方は参考になる内容になっていますので是非ご覧になって下さい!

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
行方調査レポート!

ご依頼者
30代 (女性)

人探し調査専門相談窓口

借りた物を返さない人の特徴

私生活がだらしない

仕事や日常生活がだらしない人は借りた物を返さないことが多い傾向があります。遅刻が多かったり、部屋が散らかっていたりなどの特徴が見受けられる人には物の貸し借り、ましては金銭の貸し借りには十分に注意が必要であると考えられます。

嘘が多い人

普段から嘘が多い人は借りた物を返さない傾向があります。「いついつに返すから」と相手から提案されても返ってくることが無く、再度問いただしても言い訳や嘘を言われてうやむやになってしまうことが考えらえます。嘘をつくために嘘を重ねて最終的に返して貰えない可能性が考えられますので平気で嘘をつく人には気をつけましょう!

自己中心的な人

自己中心的な人に対しての物や金銭の貸し借りには注意しましょう。自己中心的な人は自分本意な考え方が当たり前なので、貸した側の意見は聞き流されてしまい相手主導になってしまう可能性が考えられます。自分はいつまでに返して欲しいと思っていても、相手に聞き流されてしまい返して欲しい期日に返しもらえない可能性が考えられます。

責任感がない人

責任感がない人に対しての物や金銭の貸し借りには注意しましょう。責任感がある人であれば借りた時から「返さないといけない」と常に意識するのですが、責任感の無い人は借りたことすら忘れてしまい借りた物を失くしてしまったり破損した状態で返却されてしまうことが考えられるので注意が必要です!

「早く返して欲しい!」催促の方法について

ストレートに伝える

ストレートに伝えることは最も手っ取り早く、効果的手法です。「いつ返して貰える?」と優しい口調で言えば相手も嫌な気はしないと思います。ただ相手との関係性によっては難しいかもしれませんが最もお勧めの手法です。

そういえば作戦

「そういえば今思い出したんだけど…」とあたかも今思い出したかのようなさりげない聞き方で期日の確認や催促することも効果的な手法です。相手が借りていることを忘れているような場合や相手との関係性を気にされる方は非常に効果的であると言えます。

他の人に貸さないと…

「こないだ貸したあれ、他の人に貸す約束した」と伝えることで相手に早く返さなければと思わせることが出来ます。また必ず返さないといけないと思わせることも出来るでしょう。この伝え方は相手に嫌な思いもさせずに伝えることが出来るので非常に有効的であると言えます。

「借りパク」トラブル事例

トラブルを知って、トラブルを避ける!

物やお金の貸し借りからトラブルになることは非常に多いです。トラブルの事例からトラブルを避けるための対策を考えましょう!

  • 返済の期日を守らない。
  • お金を貸した日から連絡がつかない。
  • 返済の催促をしたことによる関係の悪化。
  • 貸した物を失くされた。
  • 貸した物を別の人に貸していた。
  • 貸した物を売られていた。

どうしても何かを貸さなくてはいけない場合は最悪な状況も考えた上で貸さなければいけません。必ず返ってくる保障はありませんし、貸した時の現状のまま返ってこないことも考えられるのでトラブルになる心構えが必要です。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

「借りパク」行方調査体験レポート!

貸した物を返して欲しい!行方調査体験レポート

今回の相談内容は、借りパクによる「行方調査」になります。同じようなお悩みをお持ちの方はどのように解決したのか是非参考にしてみて下さい!

女性
ご依頼者: 30才/女性 主婦
ご依頼内容: 人探し
ご依頼理由:

友人にお金を貸したのですが、いつまで経っても返済されずに連絡もつかない状況になりました。借用書も交わしたのですが、一切書面で交わした内容を守らずに非常に困っています。

1年前から行方が分からなくなり相手について把握している情報から分かる範囲は自分なりに探しましたが一向に相手の行方が分かりません。相手を見つけて必ず返済させたいです。

調査レポート:

今回のケースは対象者の氏名、卒業学校の情報からデータ調査を行ないました。

独自の調査方法により対象者の実家を特定することに成功しました。

その情報をもとに実家に張り込みを行ないましたが対象者を確認することが出来なかったので、ご依頼者と相談の結果、実家に直接聞きこみを行ない状況を説明することになりました。すると対象者の両親から対象者に連絡をして頂き、事実を確認した上で対象者と面会する事を約束することが出来ました。

後日、ご依頼者から報告を頂き「約束の日に相手と会うことが出来ました。全額ではないけれど返済してくれました!」と報告頂きました。

自分でも出来る!人探しの方法

専門家に依頼する前に

お探しになられる方や状況によりますが「もう一度会って気持ちを伝えたい」「心配なので探してほしい」などの場合でもなるべく早く相談することは大切ですが、ご自身でも行える人探しの方法はあります。

  • 共通の知人や友人に聞いてみる。
  • SNSで捜索を行なう。
  • 聞き込みによる情報収集。

このほかにも、ご自身でできる人探しはさまざま存在しています。まずはご自身でできる人探しを行い、そのうえで、困難だと感じた場合には専門家に相談してみましょう。

探偵が行う人探し調査

人探し調査を依頼する前に

探偵が行う人探しとは大きく分けて2種類あります。ひとつは対象者が隠れている訳ではないが、居場所がわからなくなった「所在調査」そして、対象者が 居場所を隠し、逃げている状態の「家出人・失踪人調査」です。しかし、いずれの調査に関しても発見に向けて最も重要なのが事前情報の量や質と言えます。事前にわかっている情報量やその信憑性が最短での発見に繋がります。下記へご依頼いただく場合の情報例をまとめてみましたのでご確認下さい。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 実家の住所
  • 過去に住んでいた住所
  • 電話番号
  • 自動車やオートバイの登録ナンバー
  • 勤務先の名称や住所

人探し調査で失敗しない5つのポイント

行方調査に強い探偵の選び方について

人探し調査を依頼する場合、どこの探偵事務所を選んでも良いわけではありません。人探し調査を考えられている方は特に人探し調査に強い探偵事務所に依頼する必要があります。人探し調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数などが調査において重要になります。浮気調査や素行調査が強い探偵事務所に相談するよりも人探し調査に強い探偵事務所を探し出して相談する必要があります。 人探し調査に強い探偵事務所の探し方についてポイントを5つご紹介致します。

人探し調査は早期相談と経験

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く発見できたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、人探し調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に人探し調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、人探し調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績1,000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「1,000件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査にかかる費用や注意点

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当専門窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査内容:人探し調査:10日間調査の場合
  • 難易度A 簡易プラン 着手金5~10万+交通諸経費
  • 難易度B 基本プラン 着手金10~50万+交通諸経費
  • 難易度C 特殊プラン 着手金50~100万+交通諸経費

成功報酬については、着手金と同じ金額が設定されている傾向にあります。最近では、依頼者側に難易度の判断や適正な成功報酬を判断することが難しく、成功報酬制を設けていない探偵や興信所などもありますので、詳しくは探偵事務所にご確認ください。

ご契約以外の調査を事前説明なしに行い、請求することはありません!

近年、探偵事務所等で不正な料金を請求されるなどのトラブルが多発しております。当事務所では、ご契約された内容以外の調査をご依頼者様の了解なしに行うような事は一切ございません。もし調査の上で必要な場合であっても、必ず事前にご依頼者様に調査の必要性、内容をご説明の上、ご了解をいただいてから調査いたします。

人探し調査の依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop