ホーム > 1-3 海外人探し調査関連記事 > ニュージーランドにおける人探し調査の概要と成功事例
公開日: 2023/11/28 最終更新日: 2024/02/23
1-3 海外人探し調査関連記事
 公開日: 2023/11/28 最終更新日: 2024/02/23

ニュージーランドにおける人探し調査の概要と成功事例

ニュージーランの協力会社

ニュージーランドでの人探し調査に対応している、日本の探偵事務所(本社:渋谷区広尾)です。

ニュージーランドに滞在や在住している「日本人・ニュージーランド人・外国人・トラブル相手」など、幅広い調査に対応しています。

ニュージーランドの人探し調査に関するご相談や見積作成は無料です。何度でもご利用いただけます。

眼鏡の女性アイコン

執筆者:篠原
2023年11月28日 更新

人探し調査員歴10年。人探し調査のみならず、家出・失踪人調査、ペット捜索など幅広い調査を得意とし、多数の問題を解決してきた実力の持ち主。人探し調査や的確なアドバイスに定評あり。

監修者ページ

目次

ニュージーランドの特色は?

ニュージーランの在留邦人数推計

ニュージーランドは多くの小さな島々を有し、面積は日本の約70%です。

人口は約480万人で、福岡県よりも少ない国ですが、約2万人の日本人が生活しています。

外務省:令和4年版海外在留邦人数調査統計

北島には、首都のウェリントンや経済の中心都市のオークランドがあり、南島には「クライストチャーチ」などを中心に、世界的に有名な観光地であるクイーンズタウンがあります。

ニュージーランドは多民族国家であり、環境やジェンダーギャップなどの問題にも積極的に取り組んでいます。

また、多種多様な人々を受け入れる国民性に加えて、自然豊かな環境や穏やかな気候などの要因で、旅行先や留学先・ワーキングホリデー先にも選ばれています。

留学先として人気の理由は?

ニュージーランドが、ワーキングホリデーや中学・高校留学先として人気の理由はいくつかあります。

イギリス英語を基盤としているため、発音や言葉もイギリス英語に近いものがあり人気の要因となっています。

  1. 英語教育環境
  2. 安全な環境
  3. 美しい自然環境
  4. 高い教育水準
  5. 文化の交流

ニュージーランドに進出している日本企業

ニュージーランドには、いくつかの大手日本企業がニュージーランドに進出しています。

例えば、自動車メーカーのトヨタや日産、電機メーカーのソニー、小売業のユニクロなどがグローバルな展開を進めており、ニュージーランドにおいても一定の存在感を持っている可能性があります。

  1. 自動車メーカー
  2. 電機メーカー
  3. 小売業
  4. 食品関連企業

ここ数年で治安が急激に悪化?

「治安が良い」とされていたニュージーランドですが、2019年にクライストチャーチでの銃乱射による同国史上最悪のテロ事件が発生。

在ニュージーランド日本国大使館が、日本と比較して「強盗」が38倍、「侵入窃盗」は20倍、「性犯罪」は21倍というデータを発表しました。

また、英国人の女性バックパッカーが誘拐の末、殺害される事件も発生し、ニュージーランド当局が「注意喚起」する事態となっています。

また、「日本人はお金持ち」というイメージに加えて、中国や東南アジア諸国の経済の繁栄に伴い「アジア人はお金持ち」と変化し、日本人を含めたアジア系の人々が犯罪のターゲットになることも増えています。

ニュージーランドの人探し調査とは?

ニュージーランドの人探し調査は、ニュージーランド国内で行なわれる人探し調査です。

対象者が「日本人・ニュージーランド人・外国人・トラブル相手」によって、調査の手法が異なります。

まずは、ご提供いただいた情報を基に関係各所への聞き込み調査・張り込み調査・尾行調査・データによる情報収集調査・独自の情報網を駆使して、対象者の居場所(住所)の特定を行ないます。

ニュージーランドで人探し調査を行なう場合、現地での情報網がないと「情報収集」は困難で、聞き込みを行なっても見つけ出すのは難しいでしょう。

調査に役立つ情報の種類

人探し調査は、情報量が調査の進行に大きな影響を与えます。

正確な情報をたくさんお持ちいただけるよう、お願い申し上げます。調査を円滑に進めるためにも重要です。

以下は、調査に役立つ情報の事例です。

  1. パスポート番号
  2. SNSのアカウント情報
  3. 基本情報(氏名・生年月日)
  4. ニュージーランドでの滞在先
  5. ニュージーランドでの勤務先
  6. ニュージーランドで通っている学校名 etc…

調査費用はいくらかかる?

ニュージーランドの人探し調査の料金相場は、おおよそ200,000~700,000円(税込)です。

依頼料の取り決めは、事前の情報量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、調査期間(日数・時間数)、調査員の人数に応じて費用が算出されます。

低料金で調査を行なうためには、ご依頼者の協力が必要不可欠となります。できるだけ信憑性が高い情報を集めてください。

為替レートの状況により金額は変動いたします。正式な金額は、見積もりをお問い合わせください。

日本から調査員を派遣する場合

ニュージーランドや近隣諸国に調査員が在籍していますので、日本とさほど変わらない料金や高いクオリティーの調査依頼が可能となります。

しかし、ヒアリングを行ない「難易度が高い(現地調査員だけでは難しい)」と判断した調査の場合、日本から1~2名の責任者が対応するケースも。

その場合、日本からオーストラリアへの渡航・交通・宿泊費が発生します。事前に担当者と入念な打ち合わせを行ない、調査の方針を定めましょう。

コロナの影響で、現地調査員が「在籍していない」または「帰国」している国や地域の調査は、渡航・交通・宿泊費が別途かかります。

身近な人が行方不明になったときの対処方法

ニュージーランドで身近な人が行方不明になった場合、以下の手順や相談先があります。

  1. 警察に連絡
  2. 非常番号
  3. New Zealand Policeのウェブサイト
  4. 行方不明者情報システム
  5. 日本大使館や総領事館への相談

※緊急の場合は、ニュージーランドの非常番号である111番にかけて警察に連絡します。

外務省の在留邦人の所在調査

外務省の在留邦人の所在調査は、海外に在留している可能性が高く、長期にわたり「所在」が確認されていない日本人の「住所・連絡先等」を確認する行政サービスです。

また、この調査を依頼できるのは、配偶者及び三親等内の親族(三親等内の血族及び姻族)、裁判所・弁護士会・官公署など特定の機関に限られます。

ただし、外務省の在留邦人の所在調査は、6ヵ月程度かかります。所在調査依頼方法や必要な書類については「務省」のHPをご確認ください。

日本大使館や総領事館の情報

ニュージーラン地図

行方不明者の事案は迅速な対応が求められます。できるだけ早く警察に連絡し、指示に従うことが重要です。(引用元:在ニュージーランド日本国大使館

以下は、ニュージーランドの日本大使館や総領事館の情報です。日本大使館や総領事館は、情報提供やサポートを行なっています。

在ニュージーランド大使館

在ニュージーランド日本国大使館

住所:Level 18, The Majestic Centre 100 Willis Street Wellington 6011
(郵便宛先:PO Box 6340, Marion Square, Wellington 6141)

電話番号:+64-4-473-1540

在オークランド日本国総領事館

在オークランド日本国総領事館

住所:Level 15, 41 Shortland Street, Auckland 1010
(郵便宛先:PO Box 3959, Auckland, 1140)

電話番号:(09) 303-4106

在クライストチャーチ領事事務所

在クライストチャーチ領事事務所

住所:172 Hereford Street, Christchurch
(郵便宛先:PO Box 13748 Christchurch 8141)

電話番号:+64-3-366-5680

警察に【行方不明者届】を出す

国内にいる(帰国している)可能性も含んでいることから、最寄りの警察に行方不明者届(捜索願)を提出してください。

事情を話せば、国際空港の出入国管理局などに連絡が入ることが期待できます。

一刻を争う事態であれば、ニュージーランドに現地調査員が在籍している探偵事務所に相談しましょう。

一刻を争う状況なら探偵に相談してください

長期間の行方不明で連絡が取れない、また人命に関わるような事件や事故に巻き込まれている可能性もゼロではありません。

行方(失踪)調査・家出調査のように「緊急性の高い調査」の場合、難易度に関係なく日本から1名(難易度が高い場合は2名)調査責任者が対応します。

行方不明・失踪者・家出人捜索調査の料金相場は、おおよそ400,000~1,000,000円(税込)前後だとお考えください。

お急ぎの方は、フリーダイヤルからお問合せください。行方不明・失踪者・家出人捜索の担当者が対応いたします。

ニュージーランドの人探し調査の体験談

【CASE1】ニュージーランドで結婚した姉を探したい

17年前に両親の反対を押し切って、ニュージーランド人の男性と結婚し、移住した姉を探してほしいです。

つい先日、母親が病気により余命宣告を受けました。結婚を反対してから疎遠になってしまった姉のことを気にかけており、結婚を反対したことを深く後悔していました。

余命宣告を受けてから、「最後にもう一度だけ姉に会いたい」と。なんとしても、母の願いを叶えてあげたいと思いご相談しました。

私も家族も英語が話せないため、ニュージーランドで調査が可能な日本の探偵社を探しています。

調査の感想:少し時間はかかりましたが、姉が「見つかった」と連絡を受けホッとしました。

探偵さんに、母の状況を直接姉に伝えてもらい、連絡を待つことに。後日、姉から連絡があり、すぐに旦那さんと子どもを連れて帰国してくれました。

母も姉と和解できて、「かわいい孫」にも会えて幸せそうでした。

子どもが生まれたタイミングで連絡しようか迷ったそうですが、勇気がなかったと…。意地を張らずに、もっと早く探せば良かったと反省しています。

【CASE2】ワーホリ中にお世話になったご夫婦に会いたい

ワーキングホリデーで中にお世話になったご夫婦と、帰国後も連絡を取り合っていましたが、3ヵ月前に送った手紙の返事が届きません。

お二人ともご高齢なので、何かあったのではと心配しています。もしかしたら、娘さんと同居を始めたのかもしれません。

ご夫婦の名前と住んでいた住所はわかりますが、娘さんの情報は名前と大まかなエリアしかわかりません。このような状況でも、見つけることは可能でしょうか?

調査の感想:予想していたより早く見つかったのでビックリしました!

お二人は、娘さんが住むエリアに引越ししていました。引っ越しして日が浅かったため、お願いしてすぐに見つかったのだと。

探偵さんから「奥さんが体調が優れない」と聞き、居ても立っても居られなかったので、お二人に手紙を渡してもらいました。

体調や引っ越しの件もありますので、返事は気長に待つことにします。あのまま何もしなかったら、後悔していたと思います。ありがとうございました。

まずは専門家に相談してみましょう

人探し探偵調査窓口は、20ヵ国以上の海外調査に対応しています。

人探し調査のみならず、トラブル相手の所在確認や行方不明者・失踪者・家出人捜索もお任せください!

人探し探偵調査窓口では、海外の調査対応国や近隣諸国に現地調査員が在籍していますので、国内とさほど変わらない金額で調査依頼が可能となります。

少しでも迷っているのでしたら無料相談をご利用ください。無料相談で解決する問題もあります。お気軽にお問合せください。

最短で当日の面談が可能です

事務所にお越しになることができない方の為に、人探し調査専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。各エリアの出張相談は、全て予約制です。

他社で断られた案件にも幅広く対応いたします。また、ご相談内容が外部に漏れることはございません。ご安心ください。

人探し調査に関するご相談は、お問合せフォーム・電話・メール・LINEにて24時間365日(土日・祝日問わず)お受けしています。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談