人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 音信普通の友人に会いたい|スマホで人探し|人探し専門窓口
公開日: 2019/09/20 最終更新日: 2019/09/18
人探しガイド
 公開日: 2019/09/20 最終更新日: 2019/09/18

音信普通の友人に会いたい|スマホで人探し|人探し専門窓口

探偵に依頼される人探しは、家出人や行方不明者を探して欲しいといった内容だけではありません。幼馴染や友達、同級生などの友人関係も想像以上に多いものです。この記事では、音信普通の友人探しをする具体的な調査方法と、必要な情報や注意点について解説します。

好きな人探し専門相談窓口

音信普通の友人の居場所

自分でまずは探してみる

人探しとひとまとめにしても、様々な依頼があります。緊急性のある人探しから、ふとしたことで思い出したように「音信普通の友人に会いたい」など、最近は音信普通になってもSNSのアカウントを作っていたら、そのアカウントから友人の状況が分かるようになっていますが、SNSと言ってもグループ同士で、共有するアプリも増えてきましたので、オープンから認可が必要なアプリに移行しています。

最近はLINEとSkypeを持ち合わせた「ディスコード」というアプリを利用してる人が増えており、LINEやフェイスブックの更新が止まってる場合、「知ってる人しか使わないアプリ」を主流に使っている可能性が高いです。音信普通の友人に会いたいという、人探しのポイントとして、

  • 音信不通になる前の状況を整理し、行先を知っている人物がいないか確認する。
  • 共通の友人に聞いてみる(行きつけの居酒屋、通っていたジムなどがあればスタッフに聞いてみる)
  • SNSのアカウントを特定し、定期的に更新してるのであれば居場所につながる情報を収集する。
  • 実家が分かれば、手紙を書いてみる。

スマホで人探し

スマホで人探しばできるか?という問い合わせもあります。インターネットに詳しい人やオンライン上に人脈がある人は、スマホ1つで人探しができ、会いたい人を自分の部屋から特定できることは可能です。

人探しに適したアプリを使うこと
  • Facebook
  • インスタグラム
  • LINE
  • Twitter
  • Skype
  • ディスコード
  • テレグラム

会いたい人とSNSとつながってる場合、共通の仲間でグループトークを作って人探しの情報を共有することです。協力者が多くなった場合、テレグラムがおすすめです。テレグラムはTwitterのような制限がありませんから、会いたい人の情報が100人いたとすれば、100人のアカウントでチャットができるアプリです。

日本では馴染みは少ないですが、国外のユーザーがテレグラムを使っており、海外から出てくる情報は日本で発信されるよりも、数段早いです。探し人が海外在住、外国人でいち早く海外の情報を手に入れたいのであれば、テレグラムは必須のアプリとなるでしょう。

ディスコードはLINEとSkypeの機能を合わせ持ったアプリです。会いたい人が見つかった場合、ディスコードに招待して、依頼人とボイスチャットで話すことが可能です。実際に会えるかどうか。仲間内で話すこともできて、リアルタイムで人探しの状況を把握することができます。

人探しの専門家に依頼する

調査会社に依頼する前に

調査会社に依頼する時は、音信普通になる直前に起きた出来事や抱えていた問題などを基に音信不通になった背景を調べます。また、置き手紙やしばらくして手紙が届くケースがあります。聞き取り調査に重要な資料となりますので、その手紙を保管してください。

音信不通になるにも、何かしらの理由や事情があると思います。会っている時に、「彼と結婚する」ような話をしていたら、結婚の準備(新居を探す)などで時間が取れていないかもしれない。どの辺に住む予定とか会話のなかで話していれば、覚えている限りの情報をまとめて頂けると、調査が早く進みます。

音信不通になる理由はよほどのことです。

  • 急な転勤
  • 入院
  • 結婚
  • 引っ越し
など、あまり友人とかに知られたくない事情があると考えられます。

依頼人は「会いたい」と気持ちが強くても、友人側は「会いたくない」かもしれない。調査会社は依頼主様の意向に沿って調査しますが、調査の結果では「会いたい」気持ちにそぐわない結果になることもあります。見つけ出した人の「意向」に沿って結果報告をしなければならないケースもありますので、その点はご理解していただければうれしく思います。

個人が踏み込めない調査はやらないでプロに任せる

スマホのアプリや聞込みで人探しを行なった結果、個人情報が原因であと一歩まで及ばない場合は無理をしないで、調査会社に依頼しましょう。個人でやる行為が迷惑防止条例に反する場合もあり、人探しは合法の上で行わなければ意味がありません。犯罪ギリギリになる前に、調査会社に今まで調査した資料を提供すれば、それだけ早くも会いたい人が見つかります。

音信普通の友人を探すのに、どんな情報が必要か?

少ない情報でも人探しはできるか?

音信普通の友人探しであれば、氏名(フルネーム漢字)が最低でも必要になります。名前から調査すると、「時間」や「費用」がかかり大変な調査となりますので、最低でも氏名(フルネーム漢字)は入手しましょう。次に重要となるのが、旧住所(実家)になります。旧住所から新住所の割り出しができるケースが多く、他にも聞込みなどにも有効な情報となります。

生年月日については、「氏名検索」をする場合、同姓同名が多い場合に有効です。探偵事務所は、独自の情報収集を行うので本人であるかどうか確認するために生年月日を利用します。探し人が女性で、結婚している可能性が高く、実家も引っ越している場合、世帯主の氏名から情報収集を行う調査もあります。少ない情報でも、見つかる可能性は充分にあるので、諦めずに一度ご相談ください。

  • 「氏名」 ★★★ 漢字と読み方も必要
  • 「旧住所」 ★★ 卒業名簿に記載されていたもの
  • 「生年月日」 ★★ 生年月日は不明でも調査可能
  • 「ご両親の名前」 ★ 世帯主の名前、または兄弟

人探し電話無料相談は24時間受け付けております

全国どこでも出張無料24時間対応

お住まいの場所などの都合で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制です。24時間、土日祝日もご予約を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

人探し・行方専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決24時間サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

人探し・行方専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

人探し・行方専門窓口は、家出・失踪者の行動心理学という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop