人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 車の当て逃げ│逃げた車両を探して持ち主を特定するには
公開日: 2021/06/05 最終更新日: 2021/06/04
人探しガイド
 公開日: 2021/06/05 最終更新日: 2021/06/04

車の当て逃げ│逃げた車両を探して持ち主を特定するには

当て逃げ相手に「逃げ得」させないように、当て逃げした車両の持ち主を特定して、しかるべき対処を行っていきましょう。

人探し調査専門相談窓口

当て逃げを放置したらどうなる?

犯人が見つからない場合の損害負担

当て逃げの犯人が見つからない場合、当然のことながら車の修理費用などの損害は全て被害者が負担せざる負えません。ご自身の保険会社の保障を受けるか、ご自身で直接修理費用を支払わなければなりません。

ご自身の車両保険を使う場合の注意点
  • 翌年の等級が3等級下がり、保険料が高くなる。
  • 免責金額の設定額によっては自己負担が発生する可能性がある。
  • あとで犯人が見つかっても損害賠償請求できない。

車両の修理費用によっては、すべて自己負担で修理することも考えていかなければなりません。

当て逃げされたらするべきこと

当て逃げ直後に取るべき行動

当て逃げ被害に遭った直後、被害者がとるべき対応についてご紹介します。

  • ただちに警察へ通報
  • 当て逃げの被害が発覚したら、必ず警察を呼び、事故証明書を発行してもらいましょう。事故証明書は損害賠償請求やご自身の保険を利用する際に必要な書類です。この書類がないと、犯人が発覚しても事故が発生したという事実を証明できず、損害が自己負担になる恐れがあります。

  • 目撃者やドライブレコーダーなどからの情報収集
  • これらが犯人を探すのに最も有力な手掛かりです。周囲に目撃者がいないか聞き込みを行います。また、事故現場によっては防犯カメラに犯人が映っている可能性もあります。特に最近普及してきたドライブレコーダーは、当て逃げの一部始終をごく間近で録画している可能性が高いので、周辺をよく観察して現場の状況を記録しておきましょう

  • 病院へ行き、診断書の取得
  • もしも乗車中に当て逃げをされ、負傷をした場合には、必ず病院に行って診断書を発行してもらいましょう。診断書を警察署に提出して人身事故扱いに切り替われば、警察が物損事故より積極的に捜査をしてくれる可能性が高くなります。

  • 保険会社へ連絡
  • ご自身で加入している保険の保証範囲や特約などはすぐに確認しておく必要があります。ご自身の保険で保証を受けるか、自費で負担することになった場合、当て逃げによる損害が保証されるかどうかについて、問い合わせておきましょう。

探偵に依頼する理由

警察は凶悪な事件や事故を優先します。残念ながら当て逃げ犯を積極的に捜査してくれることはまずありません。現場に犯人が特定できるだけの手掛かりがなかった場合、探偵に調査を依頼することをお勧めします。犯人の基本情報の特定と証拠収集をすることで、犯人へ損害賠償請求することが可能になります。

探偵が行う人探し

  • 関係各所への聞き込みや張り込み調査
  • 探したい相手の知人や友人、同僚などに対して「電話」や「対面」「メール」などを使って情報を聞き出す調査です。どこに聞けば必要な情報を得ることができるのか事前に下調べをし、怪しまれることのないように関係各所へと接触します。この調査には長年の経験とテクニックが必要になります。

  • SNSや掲示板などのオンライン上での調査
  • 昨今ではスマートフォンやパソコンの普及により、SNSや掲示板などから情報を入手する方法も活用されています。アプリ内で行えるチャットへ潜入して情報収集をすることもあります。こちらに関しても相手に警戒心を与えることなく行う必要があり、臨機応変に対応できるスキルが必要といえます。

  • 探偵が持つデータバンクによる調査
  • 昨今では探偵事務所によって独自の情報ルートを保有している場合がほとんどです。ご依頼者様がお持ちの情報をもとに、データバンクへ検索をかけ、探したい相手を絞り込んでいきます。データ調査とも呼ばれ、お持ちの情報や目的によって調査の種類も違い、その種類はさまざまです。

逃げた車両の持ち主を調査する目的

当て逃げした車両の持ち主に責任を取らせる!

当て逃げした車両の持ち主を特定することで、相手に対して車両の修理費や車両が壊れたことにより発生した費用に対する損害賠償請求をすることが可能になります。諦めて泣き寝入りすることはデメリットでしかありません。理不尽な損を被ることのないように適切な対応をすることをお勧めします。

真実を知らなければ何も変わらない

人探し調査で失敗しない5つのポイント

人探し調査に強い探偵の選び方について

人探し調査を依頼する場合、どこの探偵事務所を選んでも良いわけではありません。人探し調査を考えられている方は特に人探し調査に強い探偵事務所に依頼する必要があります。人探し調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数などが調査において重要になります。浮気調査や素行調査が強い探偵事務所に相談するよりも人探し調査に強い探偵事務所を探し出して相談する必要があります。 人探し調査に強い探偵事務所の探し方についてポイントを5つご紹介致します。

人探し調査は早期相談と経験

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く発見できたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、人探し調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に人探し調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、人探し調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績1,000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「1,000件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査の依頼方法

人探し調査の依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop