2-1 家族・親族の人探し関連記事

ホーム > 2-1 家族・親族の人探し関連記事 > 離婚して会えない子どもの居場所-人探し調査の例文付き
公開日: 2022/06/27 最終更新日: 2022/08/18
2-1 家族・親族の人探し関連記事
 公開日: 2022/06/27 最終更新日: 2022/08/18

離婚して会えない子どもの居場所-人探し調査の例文付き

離婚して会えない子どもの居場所を特定する方法

離婚して会えない子どもの居場所を特定する【人探し調査】の情報をお伝えいたします。

離婚して子どもに会わせてもらえない、居場所がわからない、元配偶者と音信不通になってしまったなど、子どもに会えない理由はさまざまだと思います。

当事務所の人探し調査では、子どもの居場所を特定し問題解決に向けたサポートを承っています。解決方法は状況に応じて異なりますので、まずは無料相談をご利用ください。

女性記者が記事を作成しました

子どもの人探し調査
2022年6月27日 更新

人探し調査の担当者が書いた離婚して会えない子どもにたいして、どのような行動を起こせばよいのかお悩みの方はぜひご覧ください。

目次│人探し専門の相談窓口

日本は「単独親権」を採用している

離婚後に子どもに会えない親が多い

4組に1組は離婚する現代の日本。しかも、両親の離婚後に親権のない親(主に父)に会えないでいる子どもは7割にも上るといわれています。

その要因として、元夫婦(両親)の不仲、養育費の未払いなど、複合的なものもあります。しかし、法律的にはこれらの事由は、子どもとの面会交流とは切り離されて扱われるものです。

離婚後に「単独親権」を採用しているのがG7諸国の中で日本だけという現状であり、離婚後の親権のあり方や子育てに対して社会問題として認識されてきています。

ですが、まだまだ「子どもに会えない親」が少なくないのが現実です。

このなかには、元配偶者が子どもを連れて引っ越したまま、消息不明をなるケースも含まれています。

そこで「会うことまでは求めないが、子どもの現状を知りたい」という探偵・調査会社への依頼も多くなっています。

「離婚」が子どもにもたらすもの

離婚が子どもに与える影響は、両親が思っているよりも深刻です。

特にまだ幼い子どもを持つ親同士のケンカや些細な行き違いから離婚するとなった場合、離婚が子どもに与える悪影響は大きなものになります。

成長していく過程で精神的安定を失い、トラウマとなって残る可能性もあります。

大人になっても残る“捨てられた”という感情

離婚は子どもに多くの影響をもたらす

米国の心理学研究によると、離婚は子どもにとって「捨てられた」という感情を抱き、それを引きずることによる学業成績の悪化や、成人してからの社会的地位も低くなる傾向にあるとされています。

加えて、両親が離婚した子どもは精神的なトラブルを抱えたり、精神病にかかるリスクが増大する研究結果もあります。

親からの愛情を感じられない、自分に悪いことがあるのではないかという、自責の念などに駆られる子どもが多いこともわかっています。

子どもは「なぜ離婚したのか」を知りたがっている

子どもは離婚の理由を知りたいと思っている

文部科学省が行なった「離婚した子どもがどう感じ、あのとき何をして欲しかったのか」という調査のなかで明らかとされたのが、「なぜ離婚したのか」「なぜ、当然のように母親(あるいは父親)のもとで暮らすことになったのか」などを「説明してほしかった」というものでした。

ひとり親だったとしても、子どもは親が感じている以上に大人であり、育てている親の所有物でもありません。

DVや家庭内暴力で、面会禁止が裁判所から言い渡されているケースでもない限り、生き別れた親が子どもに会う(あるいは何らかの形で交流する)権利は保証されるべきものなのです。

子どもに会えない原因はさまざま

依頼をお受けすることができない案件もあります

  • 親権が妻側もしくは夫側で離婚協議の際に「子どもに会わない」と交わした
  • 面会の約束をしたが、連絡が取れなくなってしまった
  • 再婚して転居してしまい、「子どもに会わないでくれ」と手紙が来た
  • 元配偶者やその両親が子どもを会わせてくれない
お受けできないことも

離婚の原因が夫や妻のDVが原因の場合、離婚協議の際で子どもの面会が固く禁止される可能性があります。

離婚裁判において、裁判所が「面会は禁止」と判断された場合、子どもに会うことも、妻や夫の実家周辺をつきまとうことさえ禁止されています。

子どもの人探し相談事例

【相談事例1】奈良県:20代(男性)

妻の不倫が原因で離婚しました。わたしは仕事が忙しく、子どもの面倒を見ることが難しいので、妻が親権を取りました。

離婚の話し合いの際に「月に1回は会わせる」と承諾したのに、妻が子どもに会わせてくれません。

親も孫に会いたがっているので子どもの居場所を特定し、再度妻と話し合いをしたいと思っています。弁護士も紹介してもらえますか?

【相談事例2】岡山県:40代(男性)

10年前に離婚して会えなくなった子どもを探しています。数年前に嫁が再婚してから、子どもに会えなくなりました。

子どもには寂しい思いをさせてしまったので、できる限りサポートをしたいと思っています。

子どもがどこに住んでいるのか探して、今後のサポートについても話し合いたいと思っています。子どもに会うことはできますか?

【相談事例3】石川県:40代(女性)

数ヵ月前に病気が発覚し、余命1年と診断されました。

自分の体が元気に動くうちに、5年前に離婚して会えなくなった子どもを探し生前贈与したいと思っています。

2年前に住んでいた住所はわかっています。子どもを探すことはできますか?

【相談事例4】熊本県:30代(女性)

2年前に旦那と離婚て、親権も取られました。

半年前に旦那から再婚したと聞かされました。再婚相手の両親と同居しているそうで、家庭に馴染めているのか知りたいです。

また、学校も転校先でイジメられていないか不安です。引っ越し先や転校先などは、何度聞いても教えてもらえませんでした。

子どもの人探し調査とは?

戸籍の付表で住所が判明するケースもあります

離婚して会えない子どもの人探し調査は、お持ちの情報を基に、子どもの居場所(住所)を特定する調査です。

娘や息子の居場所を探したい場合、初恋の人や一目惚れした相手の人探しに比べ、ある程度情報が揃っているかと思います。

基本情報の他に、外見的な特徴・写真・趣味・交友関係・当時の行き先など、できる限り多く情報を集めてください。

また、娘や息子のように血縁者の人探しを行なう場合、戸籍の付表を入手することで情報を手に入れることができます。

しかし、戸籍を動かさずに引越ししていた場合、戸籍の付表から現在の住所を入手するのは不可能です。

離婚して会えない子どもに関する手掛かりが少ないときは、専門家に相談するのもひとつの方法です。

人探し調査の料金について

人探し調査料金の違い

人探し探偵調査窓口の依頼料は、基本料金132,000円から調査が可能です。

離婚した子どもの人探し調査の依頼料の取り決めは、事前情報の量・信憑性・年数の経過、取得する情報の種類、人探し調査の難易度、調査期間(日数、時間数)に応じて費用が算出されるので、案件ごとに金額は異なります。

離婚して会えない子どもの人探し調査の料金相場

離婚して会えない子どもの人探し調査

過去の事例から、おおよそ100,000~700,000円前後の調査プランをお選びいただく方が多く見受けられます。

しかし、過去の案件と同じシチュエーションというものはあり得ませんので、正式な金額は見積をお問合せください。

また、ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

人探し調査に関するご相談・見積作成は無料です。まずは、お問い合わせください。

3つの料金プランからお選びいただけます!

3つの料金プランからお選びいただけます

人探し探偵調査窓口は、「安心コミコミプラン」「カスタムプラン」「成功報酬プラン」(※着手金が発生します)からお選びいただけます。

「安心コミコミプラン」は、基本料金に諸経費等が含まれていますので、追加料金は一切かかりません。

「カスタムプラン」は、自分に見合ったプラン選びたい方、希望予算内で調査依頼をお考えの方に推奨しています。

ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行なえる最良の調査プランをご提案させていただきます。

「成功報酬プラン」は、子どもが見つかった場合のみ報酬が発生します。確実に判明した結果に対して支払うため、ご依頼者のリスクは最小限となります。(※着手金が発生します)

人探し調査の注意事項!!

調査経費の水増しには特に注意が必要です

近年、探偵社による不正な料金・調査終了後に高額な追加料金(調査経費・追加調査費用等)を請求されるトラブルが問題となっております。

人探し調査を依頼の際は、事前に「基本料金」「追加料金」の確認を行なってください。「調査を実地しないとわからない…」など曖昧な回答の探偵社には注意が必要です。

特に調査経費の水増しには注意が必要です。請求書を確認したら、調査経費が基本料金を上回っていたという悪徳な探偵社も存在します。

少しでも不安を感じた場合は、依頼を再検討されたほうがいいでしょう。

見つけた後に、どうしたいか考えておく

法的なことは弁護士に委託する必要があります

離婚して会えなくなった子どもの居場所を見つけた後に、どうしたいのか考えておく必要があります。

写真や動画でもいいから一目見たい、子どもの居場所がわかればいい、ネグレクトやいじめにの有無を確認したい場合などは、子どもに接触する必要はありません。

反対に、子どもに会いたい、今後も関わっていきたい、資産を譲りたい、金銭面でサポートしたい場合などは、面会交流の実施の仕方について元配偶者や弁護士を交えて話し合いが必要です。

探偵社は人探しが専門なので「子どもの居場所」は特定しますが、法的なことは弁護士に委託する必要があります。

子どもの利益を害するような具体的危険が認められない場合に、親権者の都合で面会交流を禁止したり、制限することはできません。

夫婦関係を破綻させた責任は「親権」とは無関係?

親権はあくまでも子どものための権利です

子どもの「親権」は、離婚に至った経過(不倫や価値観の不一致等)について、どちらかに落ち度があったかどうかは、子どもの養育には関係しないことです。

一般論としては、父親が親権を得られる可能性は低いと言われています。離婚で父親が親権を獲得する割合は、1割程度です。

例えば、「妻の不倫が原因で離婚したのに、親権まで取られてしまった」という事例もあります。

親権はあくまでも「子どものための権利」であり、配偶者間で奪い合うようなものではりません。

子どもの親権を取りたい場合、子どもの養育に相応しくない証明をする必要があります。

幼児虐待(身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待)、元配偶者が子どもより交際相手を優先するなど、子どもの利益より自身の利益を優先させる証拠が必要です。

子どもの居場所に関するご相談

離婚して会えない子どもの居場所に関する無料相談

離婚して会えない子どもの居場所をお調べしたい方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

当事務所の無料相談では、問題解決に必要な調査や情報の種類、問題解決へ向けたサポートを承っています。また、他社で断られた案件にもご対応いたします。

事務所にお越しになることができない方のために、人探し担当者が自宅またはご指定の場所へ出張相談を実施しております。各エリアの出張相談は、予約制となっております。

離婚して会えない子どもの人探しに関するご相談・見積作成・出張相談に関するお問い合わせは、お問合せフォーム・電話・メール・ラインにて24時間(土日・祝日問わず)お受けしています。

少しでも悩んでいるなら無料相談をご利用ください。無料相談で解決できる問題もあります。ご依頼者が一歩前へ進めるように、一緒に問題を解決しましょう。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop