ホーム > 2-7 SNS・出会い系サイトマッチングアプリの人探し関連記事 > 婚活で出会った婚約者と連絡を取りたい
公開日: 2023/12/18 最終更新日: 2023/12/07
2-7 SNS・出会い系サイトマッチングアプリの人探し関連記事
 公開日: 2023/12/18 最終更新日: 2023/12/07

婚活で出会った婚約者と連絡を取りたい

婚約者の嘘

婚活の場は年々進化していますが、その一方で トラブルも増加傾向にあります。

この人となら、自分の将来の夢や希望を一緒にかなえられるかもしれない…

そう信じていた相手と突然、連絡が取れなくなり、後で裏切られたと気がつくパターンも少なくないといいます。

今回は、逃げられてしまう背景や居場所がわからなくなった相手と連絡を取る方法を解説しています。

キャリアウーマンアイコン

執筆者:吉田
2023年12月18日

人探し調査員歴8年。自身の関係者が失踪した辛い経験を持つ。独学で多くの捜索方法とカウンセリングを学び実践。豊富な実践経験から探偵の門を叩き、捜索、カウンセリングのプロとして活躍中。

監修者ページ

目次

婚活で出会った相手は信用できるのか?

当たり前のことですが、婚活する前提にあるのは「結婚相手となりそうな異性」を見つけることです。

婚活している人は誰もが「信用できる相手」を求めています。

しかしながら、婚活で出会う相手を信用することが、さまざまなトラブルの引き金にもなることもあります。

信じていた相手に騙されてしまった事例

婚活方法は多岐にわたりますが、近年ではネット上で気軽に異性と出会えるマッチングアプリが恋人探しに欠かせない手段です。

しかしながら、お手軽で、しかも安価に出会いに期待していたら、こんなはずじゃなかったという事例もよく聞きます。

婚約者と連絡を取りたい

かねてから、婚活願望があった私は友人に勧められマッチぐアプリを始めました。素敵な男性と意気投合し何度か食事を楽しみました。

結婚を前提に誘われ、彼となら結婚してもいいと確信したので、肉体関係も持ちました。その数日後、まとまったお金が必要だから助けてほしいと言われ30万円ほど貸しました。

彼と連絡が取れなくなったのはその直後です。最初から結婚する気などなかったのかもしれませんし、お金を貸しているので騙されたのかもしれません。

婚活で起きやすいトラブル

婚活をきっかけに知り合った交際相手との間で起きたトラブルは他にもなります。

  • 実は既婚者だった
  • 重大な虚偽があった
  • 結婚間近で逃げられてしまった
  • お金を貸してから連絡が取れなくなった
  • 結婚を前提に体を許したのに結婚する気がなかった

相談事例のように婚活では、金銭トラブルや身分を偽られたりするトラブルが起こりがちです。

嘘が発覚した途端、相手と連絡が途絶えるケースも多く、相手の所在や連絡先を知りたいという相談も増えています。

マッチングアプリよりも結婚相談所が安全

結婚を目的とするのなら、多目的な異性探しに対応したマッチングサイトよりも、婚活パーティーや結婚相談所で婚活するのが安全かもしれません。

結婚相談所なら入会時に厳密な身分確認を行なうため、結婚を目的としていない素性の知れない相手は皆無です。

ただし、知らない異性と出会うばとして結婚相談所も含め、 どんな婚活でもリスクを負う可能性があるという心構えが必要です。 

婚約者で連絡が取れなくなる背景

順調に交際していた相手と、突然連絡が取れなくなれば、誰だって焦りや不安に襲われます。

もし相手が故意に音信不通にしているのなら、その背景には以下の2つの心理が働くことが考えられます。

婚活相手と連絡を取りたいさまざまな心理

音信不通になっている相手と連絡を取りたい心理としては次のようことが考えられます。

  • お金返してほしい
  • 現状や安否を知りたい
  • 相手の本心を知りたい
  • 嘘がないか確かめたい
  • なぜ連絡してこないのか理由を聞きたい

婚活相手が行方をくらます心理

反対に相手が故意に行方をくらまし、連絡してこない心理としては次のようなことが考えられます。

  • 嘘がバレそうだから
  • 結婚するのが嫌になった
  • 最初から本気じゃなかった
  • バレると何か不都合なことがある
  • 最初からお金が目当てだったから

相手を探す目的と着地点について

イラスト ブレないで

連絡が取れなくなり、行方をくらます事情は人によってさまざまですが、なかには最初からそのつもりだったことも考えられます。

婚活の場には、結婚したいという人の気持ちを利用し、悪意ある行ない者が紛れ込んでいるのが現実です。

突然、交際相手が行方をくらましたら連絡を取りたいと思うことは当然です。金銭トラブルが絡んでいるのなら猶更でしょう。

連絡を取る目的をしっかり定める

行方不明の相手と連絡を取りたい場合、着地点を定めておく必要があります。さもなければ、見つけた後、どうすべきなのか考えがブレてしまいます。

何のために探すのか、見つかった後どうするのか、例えば以下のような目的を明確にしておくようにしましょう。

  1. 貸したお金を返してもらいたい
  2. 虚偽を認めさせ謝罪してもらいたい
  3. 真実を確かめて気持ちを切り替えたい
  4. 自分と結婚する気があるのかどうか確かめたい
  5. 相手に精神的損害賠償として慰謝料を請求したい

相手を探す時の注意点

金銭が絡んでいる場合、あなたが自分の行ないに気がついたことを知れば、警戒して直ちに行方をくらますでしょう。

もし相手の居場所や行動を調べるなら、絶対に相手にバレないように気を付けてください。

探す難易度が高く、プロに人探し調査依頼する場合は、探し出しても相手があなたとの接触を拒んだり、罪を認めないケースもあります。

このような場合は、所在を確認した後、相手の身辺調査や実態調査、さらにはに加害行為の証拠を収集して言い逃れさせないことが重要です。

探偵の人探し調査

自力では見つからない、リスクが大きい、など限界を感じるときは調査の専門家に依頼するのが最も解決に近づく方法です。

探偵は、独自の情報網を利用し、地道な聞き込み・張り込み作業、ネット上の情報をひたすら追っていく作業を丹念に続けることで正確な居場所や連絡先を割り出すことが可能です。

調査で取得できる情報

人探し調査は経験と技術力、そしていかにご依頼者に寄り添えるが求められる調査です。

また、一度は結婚を考えた相手を探すのですから、恋愛感情に加え金銭がからんでいるため、場合によっては事件性もある案件なので、非常に繊細に内密に扱うべきです。

以下は、調査の過程で取得できる情報の事例です。

  • 住所
  • 連絡先
  • 勤務先
  • 家族構成
  • 実家情報
  • 配偶者の有無
  • 交際相手の有無
  • 趣味や行きつけの店
  • 交流のある人物・関係者 etc…

見つけた後必要な調査項目

先述した通り、婚活で出会った恋人探しとなると、調査の着地点が重要なポイントになります。

探して問題解決というわけではなく、所在確認は一つの経過にすぎないことも考えられます。

着地点としての解決へと導くのは以下のような調査ということも考えられます。

  • 身辺調査
  • 尾行調査
  • 素行調査
  • 勤務先調査
  • 聞き込み調査
  • 生活実態確認調査

まとめ

婚活で知り合った相手の居場所がわからずお困りの方は、人探し調査に特化した当事務所にお任せください。

調査の専門家に依頼するのが最も解決に近づく方法第三者の協力を得ることでさ探し出しすことが可能です。

ご要望に合わせた解決策をご提案

相手を探したい気持ちに蓋をすることは、後悔を引きずることになりかねません。

当事務所の無料相談では、「探す方法」「探し出した後どうすべきか」などをご説明いたします。

その際に、ケースに応じた費用面なども詳細にお知らせします。

調査を依頼する際に大切なことは、ご自身が納得したうえで依頼をすることです。

また、他社などで断られた案件についても対応いたします。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop
メール相談 LINE相談 電話相談