SNS・出会い系サイトマッチングアプリの人探し関連記事

ホーム > SNS・出会い系サイトマッチングアプリの人探し関連記事 > 出会い系で知り合った女性とまた会いたい|人探し調査レポート
公開日: 2021/12/31 最終更新日: 2022/05/18
SNS・出会い系サイトマッチングアプリの人探し関連記事
 公開日: 2021/12/31 最終更新日: 2022/05/18

出会い系で知り合った女性とまた会いたい|人探し調査レポート

いまや男女の出会いの場として浸透した「マッチングアプリ」や「出会い系サイト」。独身男女の約8割が「利用経験あり」、その中の約3~4割が「交際に発展した」との調査結果もあります。

しかしながら、親密な関係になった後、突然、連絡が取れなくなるケースも多々あります。そのなかでも、本気で結婚を考えているケースや、金銭の貸し借りがあるケースなどでは、どうしても連絡を取らなければならないこともあります。

その時、自分が持っている相手の具体的な情報が、名前とLINEだけ…ということも多いでしょう。

人探し調査の相談窓口

ライター
人探し調査
2021年12月31日 更新
人探し調査の担当者が書いた出会い系で知り合った女性と再会を考えたときに役立つ情報を公開しています。

「プロフィールはウソだらけ!?」出会い系のリアル

「詐欺」の可能性もある!?

マッチングアプリや出会い系サイトでは、そのプロフィール欄の職業や年収を“盛ってしまう”だけではなく、自身の“身バレ”を避けるよう、名前や年齢、住所や出身地をも虚偽の内容を記載している例も少なくありません。

調査対象者が「異性の友だち」や「遊び目的」であれば、ちょっとしたウソも許容範囲内でしょうが、結婚を約束した相手や、金銭の貸借があった場合は、突然、連絡が取れなくなれば、それは「詐欺」の可能性もありますので、その行方を探す必要があります。

高齢者が狙われる事例が急増中

近く携帯電話の3G回戦(いわゆる「ガラケー」)のサービスが終了し、全ての人がスマホを持つことになります。

これに伴い、スマホを手にし、マッチングアプリを利用する高齢者が増えていますが、その使い方に慣れておらず、また、その危険性も認識できていないことも多く、加えて、お金も持っているため狙わる事例が急増しています。

「相手の情報」と「会ってどうしたいのか」が重要

細かい情報からでも調査可能

もし、調査対象者の異性の「本当の気持ちを知りたい」といったご相談でしたら、名前やLINE IDをはじめ、会ったときに話していた大まかな住所や出身地、出身校などのデータから、調査することは可能です。

しかしながら、「探偵業法」に触れるような、調査はできませんので(「ストーカー規制法」に触れるような調査)、「会ってどうしたいのか」も併せて、お知らせいただくことになります。

自分の気持ちに決着をつけるための人探し

調査対象者の所在が分かった場合でも、その人物に別の交際相手がいたと分かった場合、その事実のみをご報告することとなります。

それ以上、深追いすれば、調査対象者から「ストーカー扱い」される危険も伴います。二股をかけられていたとお借りの感情も湧き出てくるでしょうが、ここは、自らの気持ちに決着をつけて、切り替えることも必要でしょう。

一方で、金銭トラブルが絡む場合は、その身柄を確認して、警察に突き出す必要がありますので、マッチングアプリやネット上でのやり取りや金銭の授受を証明するものは、確実に保管しておくことが必須です。

特に、スマホ慣れしていない高齢者を狙った組織的なロマンス詐欺グループが急増している事実から、一層の注意が必要です。

人探し調査の相談事例

男性
ご依頼者: 30代/男性 会社員
ご依頼内容: 行方調査
ご依頼理由:

出会い系サイトで知り合った女性と、もう一度会いたくてご相談させていただきます。僕たちは3ヵ月程前に出会い、食事に数回も行くような関係になり親密になったかのように思っていました。

最後に会ったのは1週間前です。いつものように食事をして帰宅しました。いつもは「家ついたよ」「おやすみ」などとLINEが来ていたのですがその日はLINEがなく、少し気になりました。

次の日になっても彼女からLINEがない為、僕からLINEを送ってみましたが、返信もなく未読スルーの状況が続いています。既読スルーなら「嫌われたのかな」と諦めもつくのですが、未読のままなのでもしかしたら「事故や事件」の可能性もあるかもしれません。

彼女に関しての情報は氏名(フルネーム)と卒業大学、LINEのみです。このような情報だけで彼女の事を探し出すことはできるのでしょうか?

調査レポート:

今回のケースは対象者の氏名・卒業大学からデータ調査をメインに行ないました。独自の調査方法により対象者の実家住所を特定することができました。

手紙をだすことも考えましたが警戒されたくないとのことだったので、「卒業名簿」を取得して「SNS関連の交友関係」を調べることにしました。

オンライン調査では、本人のアカウントではなく、同級生のアカウントに本人と映っている画像を確認することができたので、友人側からメッセージを送ってもらうやり取りに成功しました。

「なにかあって連絡ができないのか」「もう会いたくないのか」確認してもらった結果、「ほかに気になる人がいる」「友達にも私にも連絡しないでほしい」とのことだったのでご依頼者に伝えたところ、「気持ちの整理ができた」「忘れることにします」とのことだったので、調査終了となりました。

人探し調査で失敗しない5つのポイント

人探し調査に強い探偵の選び方について

人探し調査を依頼する場合、どこの探偵社を選んでも良いわけではありません。
人探し調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数、特殊な調査にも対応できるかなど専門性が重要となります。

探偵選びで失敗しないために「人探し調査に強い探偵」の探し方について5つご紹介いたします。

人探し調査は早期相談と経験

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。
仮に上手く発見できたとしても、調査後にどうして良いかわからず、ご依頼者に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵社に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「人探しはどこの探偵も変わらないのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、探偵社にも得意不得意があり、得意な調査以外の実績については、解決事例がすくない探偵社が多いのです。浮気調査が強い探偵社に人探し調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用を事前に答えることができる

調査相談の段階で「実際に費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。
「調査してみないとわからない」など曖昧に答える探偵社は、追加調査になる可能性が高いので避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績1,000件以上」という探偵社の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない方は「1,000件も相談実績があるならきっと立派な探偵社だから安心して相談できる」と思うでしょう。
人は情報に乏しいときは、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵社というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行ないます。
依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」とご依頼者のリスクを考えたうえでの発言があれば良い探偵社と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵社は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査の相談・依頼方法

人探し専門調査窓口の、「見つけた後のサポート」は他にはないプランが多く用意されています。ただ見つけるだけの調査ではなく、「気持ちの整理」に意味があることを理解しています。

人探しにおいての「行動するタイミング」は、このページにたどり着いた「今」ではないでしょうか?ご相談お待ちしております。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し調査相談フォーム

現在お探している人の状況、人探し調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    人探し相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

    (C) 人探し専門調査窓口

    pageTop