ペット捜索調査関連記事

ホーム > ペット捜索調査関連記事 > 「大切な家族」迷子犬・迷子猫の捜索│ペット探し
公開日: 2021/04/30 最終更新日: 2021/10/13
ペット捜索調査関連記事
 公開日: 2021/04/30 最終更新日: 2021/10/13

「大切な家族」迷子犬・迷子猫の捜索│ペット探し

コロナ禍の巣ごもり生活の影響により、癒しを求めてペットを飼う人が増えています。しかし、その一方で「飼ってみたら思っていたより大変」と、購入してすぐに動物愛護団体に保護を頼むケースが増えているという悲しいニュースを耳にします。かつては番犬やネズミ捕りなどの目的のために飼われたいた犬や猫ですが、いまやペットはただの動物ではなく「大切な家族の一員」です。そんな家族が失踪し、迷子になってしまった場合、あなたならどうしますか?迷子になってしまったペットと再会できるかどうかは飼い主であるあなたの探し方にかかっています。捜索手順やとるべき行動をあらかじめ把握しておけば、いなくなったペットを見つけられる確率が高まります。

人探し調査専門相談窓口

ペットがいなくなったらするべきこと

考える前にまず行動!

ペットがいなくなったらすぐに行動を起こしましょう。時間が経てば経つほど捜索は困難になります。

    各機関への問い合わせ
    • 保健所や動物愛護センター
    • 保健所や動物愛護センターではペットを保護したり、目撃情報が寄せられたりしています。そのため、「迷子届」を出すだけでなく、迷子犬や迷子猫の写真などを送るのも有効的です。また、迷子犬や迷子猫を保護している人から「保護届」が出ている可能性も考えられます。自治体によって日数は異なりますが、数日間で飼い主が見つからない場合は処分されてしまいますので、すぐに連絡をするようにしましょう。

    • 警察署や動物病院
    • 警察署は迷子動物の正式な届け場所です。迷子犬や迷子猫を保護した人が交番や警察署に届け出ている可能性も考えられますので、お近くの交番や警察署へ問い合わせてください。実際に交番や警察署に行く場合には、迷子犬や迷子猫の写真を持参して行きましょう。また、迷子犬や迷子猫が交通事故などに遭い、病院などに搬送されている可能性も考えられます。そのため、お近くの救急病院や動物病院へ問い合わせすることも大切です。

    • 清掃事務所
    • 迷子犬や迷子猫が交通事故に遭った場合、清掃局に引き取られている可能性も、残念ながら否定できません。勇気のいる行動ですが、地域の清掃局にも問い合わせてみましょう。


    いなくなったペットの探し方
    • 逃げ出した方向を探す
    • 逃げ出した方向がわかっているのであれば、周辺を広範囲に探すよりも効果的です。犬の場合、ほとんどが逃げ出した方向で発見されています。

    • いつもの散歩コースを捜す
    • なじみのある場所や散歩コースにいることも考えられるので、早めに確認しておきましょう。

    • 張り紙やチラシ
    • 最も効果的な方法です。地域住民の目に広く触れ、ひとりでは補えない地域や時間帯を自分のかわりとなって協力してくれる人の情報が得られます。また、保護した人が迷子とは知らずに届け出を出さずにそのまま飼ってしまうことを防ぐこともできます。

    • ネットやSNSで情報収集する
    • 昨今では迷子犬や保護動物の掲示板などもあり、ネットを利用してリアルタイムで情報を確認することできます。SNSや掲示板へ迷子情報を掲載して定期的にチェックするなど、同時進行で活用しましょう。

    • 夜通しずっと探す
    • 夜になったら捜索を断念してしまいがちですが、警戒心が薄れて隠れ場所から出てきたり、騒音がなく鳴き声などの物音に気がつきやすいなどのメリットもあります。

    • 玄関に普段使いの物を置いておく
    • 普段よく遊んでいるおもちゃやトイレなど、自分の匂いがついた物があると戻る家を見つけやすくなります。

自分でダメなら専門家へ

最終手段のペット探偵

ペットの発見率はいなくなってからの対応によってその結果が左右されます。もちろん早ければ早いだけ高くなることは周知の事実です。気付いたときにはもう手遅れ、なんてことがないように、ご自身での捜索が困難だと感じた場合には、早い段階で専門家へ相談することを推奨します。

同じ悩みを経験した人から学ぶ

他人の経験から学ぶ

自らが成功・失敗したことからは、学び成長し、また多くのことを経験することが大切といわれるのは理解できるはずです。そして、究極の理想形は、「他人の経験からも学ぶ」ことです。一人の人間が人生を通じて経験できることにも限界があり、同じような悩みで解決した事例、失敗した事例をどんどん吸収し、それを自分の状況に置き換えて問題解決に向けて行動することが理想でしょう。人探し・行方調査専門窓口では、過去に経験した事例や体験談などの情報を発信しております。同じようなお悩みを抱えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

  • 愛犬が散歩中、大きな音に驚いて迷子になってしまった。
  • 愛猫が夜中のうちに、物置の隙間から逃げ出してしまった。
  • 買い物中、外に繋いでおいた愛犬が盗まれてしまった。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

迷子犬・迷子猫探しの調査で失敗しない5つのポイント

迷子犬・迷子猫探しの調査に強い探偵の選び方について

迷子犬・迷子猫探し調査を依頼する場合、どこの探偵事務所を選んでも良いわけではありません。迷子犬・迷子猫探し調査を考えられている方は特に迷子犬・迷子猫探し調査に強い探偵事務所に依頼する必要があります。迷子犬・迷子猫探し調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数などが調査において重要になります。浮気調査や素行調査が強い探偵事務所に相談するよりも迷子犬・迷子猫探し調査に強い探偵事務所を探し出して相談する必要があります。 迷子犬・迷子猫探し調査に強い探偵事務所の探し方についてポイントを5つご紹介致します。

迷子犬・迷子猫探し調査は早期相談と経験

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く発見できたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、迷子犬・迷子猫探し調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に迷子犬・迷子猫探し調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、迷子犬・迷子猫探し調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績1,000件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「1,000件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査の依頼方法

人探し調査の依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop