新着情報

New Arrivals

ホーム > 新着情報 > 人探しに利用できるスマホアプリとは
公開日: 2021/10/25 最終更新日: 2021/12/02
新着情報
 公開日: 2021/10/25 最終更新日: 2021/12/02

人探しに利用できるスマホアプリとは

昨今ではスマホアプリを利用した人探しも不可能ではなくなってきています。しかし、SNSなどを利用して手軽に情報を求めることができる反面、そこには思わぬトラブルが潜んでいるというリスクもしっかりと理解しておくことが大切です。

人探し調査相談窓口のご案内

画像で人探しは可能か?

画像で行なう人探しの難易度は?

探偵事務所ではさまざな人探しの問い合わせが寄せられてきています。しかし、インターネットを屈して自力で人探しをする人も多いのです。

画像だけで人探しができるのか?という問い合わせも多く。答えは「グレー」Googleの検索をしてもプライバシー機能で、自分の画像が検索されないようになっているため、有名なブロガー、学者、タレント、インストラクターなどの職業であれば、画像の検索で見つかる可能性は高いですが、特殊な職業ではない以上は、画像だけで、会いたい人を探すことは難しいのが現実です。

位置情報がオンになってる場合、画像から位置を特定することができる

インターネットの知識があれば、素人でも画像を撮った本人の位置がパソコンからわかるようになってるそうです。
画像を撮影した際に、位置情報が画像から出てくるがどうか確認してみましょう。 仮に画像が検索された場合、どのSNSを使っているかわかる場合があります。

アメブロインスタグラムTwitterTikTok、などアカウントがわかることもありますし、 SNSのアカウントから氏名、職業、家族構成が記載されているのであれば、会いたい人の 私生活も垣間見ることができるでしょう。

最近は、個人情報を知られたくないという心理から画像も友だちの画像を使ったり、偽名を登録する人が多くなっています。 画像からの情報が本当の情報なのかを判断するには限界があります。 これらの条件は、会いたい人もSNSのアカウントを持っていること。見つけても、投稿の更新がゼロというケースもあるので、会いたい人までたどり着く保証はできません。

画像だけで人探しは限界があります。どうしても会いたい理由があるなら、一度、調査会社に相談するという方法があります。独自のデータベースやネットワークリサーチ、実態調査など依頼に応じてさまざな調査方法を提案してくれます。

Twitterで人探し

Twitterは情報の宝庫

SNSの人探しのサイトを多く見かけるようになりました。SNSの方が情報を瞬時に拡散され、不特定多数の人に見られ、時には情報を提供されることがあります。特に、Twitterで「人探し」を検索すると

  • 家族が行方不明
  • ペットの行方不明
  • 恋人が行方不明

上記3つが検索が見つかっています。実際に、何年も行方がわからない。家族や友だちの拡散と協力者専用のDM((50人まで登録ができるグループトーク)内でやり取りしてるケースがあります。

  • 家族が行方不明
  • ペットの行方不明
  • 恋人が行方不明

会いたい人の写真失踪直前までのLINEやメールなどのやり取り会いたい人のツイートのスクリーンショットインスタグラムのアカウントのリンク風景とか動画から場所を特定するための対策など失踪人専用のサイトの紹介調査会社の紹介など、 このようなやり取りがTwitter内で行なわれていると思います。
インターネットに詳しい人やGoogle機能を使って居場所を特定したり、現地の情報収集など。文のやり取りと、ツイキャスでのコラボ配信などで、声でのやり取りを併用して行なうこともできます。(ツイキャス、Twitterのアカウントがあればダウンロードできますが、iPhoneの場合はツイキャスとツイキャスビュワーの2つのアプリをダウンロードする必要があります。)


🔺ここでポイント
・ツイキャスはリアルタイムに報告ができること、会いたい人のアカウントがあればグループチャットに招待をして、ツイキャスに移動するようにTwitterのDMで協力者からお願いしてみる。


ツイキャスのコラボ配信は最大8人までコラボができて、同時に配信者と話すことができます。会いたい人の失踪の背景やその理由。第三者からの意見をリアルに聞くことができること。パソコンに詳しい人や会いたい人が住んであろうエリアに詳しい人から、情報を得て、その場で調べることが可能です。
Twitterやツイキャスなどで集めた情報をさらに検索をかかけて、ブログ、動画配信サイトへ場を広げたり、調査会社に依頼する資料として有効に使えると思います。

調査会社のネットワークリサーチ調査を依頼すれば、ついった、ツイキャスより幅広いデータベースを使って、会いたい人の情報を掴むことが可能です。

ツイキャスで人探し

メリットとデメリットについて理解しておく

人探しのためにツイキャス「ツイートキャスティング」というサイトを使って、会いたい人を探してると生配信する方もいます。人気の配信者に人探しを協力してほしいという相談する人もこれから、増えてくると思います。

ツイキャス、YouTubeで動画が公開されるので、家族のアカウントが見られる可能性がある

ツイキャスでの人探しの欠点は、お互いのツイッター、LINE、Skypeのアカウントを公開する必要があります。会いたい人のアカウントから配信者に電話してもらい、「失踪」した理由を聞く流れになると、失踪した理由も全てネット上に流れ、半永久に残ることになります。
人探しが解決した場合のことを考えて、配信者に動画を削除してほしいとお願いするなど交渉する。自分が生配信をした場合、ミラー動画(ユーザーが人探しの配信を録画して、YouTube、ニコニコ生放送に再投稿すること)の禁止などをルールを作って、会いたい人のプライバシーを配慮するようにしてください。

ツイキャスでの人探しは大勢のユーザーから各ジャンルを通して、情報を提供されるメリットと、嘘の情報を提供するデメリットがあります。ユーザーからの情報を鵜呑みにせずに、有力な情報が手に入れば、そこだけ編集して、緊急性があれば警察へ相談する。もしくは調査会社へ調査の依頼するようにしてください。

ツイキャスから得た情報をプロに託せば、会いたい人が実際に、情報のエリアに住んでいるかわかるはずです。いろいろとリスクが付いてくる、ツイキャスの人探しも短時間で協力者を集う、情報を拡散できる。進展などを伝える。直接、会いたい人にツイキャスのアカウントを教える。など。プロの人探しにはできないことが可能となるツールであることに違いありません。

後悔しないためにやるべきこと

一歩踏み出す勇気

もしも調査をしていなければ伝えることができなかった後悔が一生心に残ります。「気持ちを伝えるかどうか」非常にシンプルなことですが、タイミングを逃し、後回しにすれば後悔がまたひとつ増えていくだけです。伝えない事情はさまざまですが、いち早く行動し、真実を確かめたうえで、きちんと気持ちを伝えなければ何も変わりません。

真実を知らなければ何も変わらない

人探し調査の依頼方法

人探し調査の依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop