人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 旧姓しかわからないけど探せる?当時好きだった女性は今何をしてるのか
公開日: 2021/08/30 最終更新日: 2021/08/27
人探しガイド
 公開日: 2021/08/30 最終更新日: 2021/08/27

旧姓しかわからないけど探せる?当時好きだった女性は今何をしてるのか

もう一度会いたいと思う人はいますか?初恋の相手や、いつの間にか疎遠になってしまった友人など、大人になった今「どこで、なにをしているのか」ふと思いをはせることもあるかと思います。結婚によって苗字が変わってしまっているとしても諦める必要はありません。ここでは、旧姓しかわからない相手の探し方について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次│旧姓しかわからない人探し調査のご案内

旧姓しかわからない人探し調査レポート

「旧姓しかわからない!幼いころの友人探し」人探し調査レポート

実際にご相談のあった事例をご紹介致します。調査を成功させるためには、対象者についての情報を分かる範囲でまとめて専門家に相談し、早期対応する事が発見するための重要な対応になります。

男性
ご依頼者様: 38才/男性 会社員
ご依頼内容: 人探し調査
ご依頼理由:

昔仲の良かったクラスメイトを探しています。

先日行われた同窓会にも欠席されていたようで、今元気にしているのすごく気になっています。噂では5~6年前に結婚して地元を離れているようで、共通の友人も詳しくは知らないようです。

FacebookやTwitterなど、名前でいろいろと検索してみましたが、おびただしい数がヒットし、うまく見つけることができませんでした。

わかることは旧姓と小学校、中学校、生まれた年ぐらいです。

見つけていただくことはできますか?

調査レポート:

今回のケースはオンライン調査を行いSNSの情報を基に調査を行いました。

判明している名前をもとにSNS上で独自の調査を行ったところ、対象者と思われる人物を数名絞り込むことに成功しました。その情報をご依頼者様にご報告したところ、「この人です!」とのことで、対象者を特定することに成功しました。

対象者はSNSを頻繁に更新していたため、行きつけのお店や行動パターンを特定し、対象者の姿を確認する事に成功しました。

その映像ををご依頼者様に確認したところ「間違いありません!」と確認がとれたため、ご依頼者様のご要望により、調査員が対象者に接触して現在のご依頼者様の状況を伝えて新しい連絡先を渡し、今回の調査は終了しました。

旧姓しかわからない人探しに必要な調査とは

自分でできる人探し

インターネットの利用

個人で人探しをする場合、身近なところから始められるのがインターネットの利用です。顔写真が掲載されたSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなど)の他、YouTube、TikTok、ニコニコ動画などのユーザー検索をする。あるいは、探している人がYouTubeにチャンネルを持っていたり、ツイキャスでライブ配信したりしている可能性もあります。

ツイキャスのライブ配信で「生電話ができる」サービスを提供していたら、Skypeのアカウントを取得して、会いたい人と直接、交流ができるかもしれません。ひと昔前なら、mixi、GREEなどのブログサイトを利用しましたが、今ならブログランキングから検索する方法もあります。

ただし、上記のやり方は、女性のハンドルネームを知っている場合に限ります。SNSしか手がかりがないときは少しずつ地域を絞って調べなければならず、かなりの労力と時間が必要になります。


個人でできる範囲には限界がある

ここまで説明してきたように、自分で人探しをするには、たいへんな時間と労力を必要とします。また、探していた女性(男性)をようやく見つけ出せたとしても、大切なのはそこからどのようなアクションを起こす(どうやって知り合う、声をかけるかなど)

しかし、これらの行為は一歩間違えればストーカー行為とみなされ、せっかく会えた女性(男性)に拒絶されてしまうかもしれません。それどころか、警察に通報されて逮捕さらには裁判になって有罪判決を下されるようなことになれば犯罪の前科もつくといったリスクも伴います。

人探しをするときは、ストーカー行為と誤解されないようにしなければなりません。では、自分で人探しをするのが難しいと思ったときはどうすればいいのでしょうか?

探偵に依頼する

依頼する前の注意点

人探しの料金は、調査対象者に関する情報がいつのものなのか、また、どのくらいの情報をお持ちなのかによって異なってきます。ご依頼をいただく際は具体的な情報をお聞かせいただき、その情報量や内容から調査の難易度を想定し、そのうえで事案に見合った調査プランを作成します。

近年、探偵社に調査を依頼したら、「この調査が必要になった」「あの調査も必要」というふうに、契約書にはない調査を次々と追加されて、当初の見積もりとは大きくかけ離れた高額な料金を請求されるなどのトラブルが多発しています。

当事務所では、ご契約された内容以外の調査が必要になった場合、ご依頼者に調査の必要性、内容および調査料金変動の有無をご説明し、ご了解をいただいたうえで調査いたします。

人探し調査を依頼した時の料金

価格が安すぎる、高すぎるところは注意!

よく「調査料金が高いところのほうが発見率が高い調査をしてくれるのでは」「いや、どうせ同じような調査をするのだから料金が安いところのほうが絶対にお得!」ということを言われる方がいます。

しかし、それは大きな間違いです。料金が「高いからいい調査をしてくれる」わけでもなければ「納得のいく結果を出してくれる」わけでもありません。

調査料金が相場よりも高い探偵社は宣伝や広告にも力を入れているので、広告費などに費やすぶんが基本料金に含まれ、その結果、他者より高額になるケースがありますが、気をつけなければならないのは、調査料金や基本料金を安く設定している探偵社です。

料金が安い探偵社は、残念ですが料金と見合う程度の調査しかしてくれないことがほとんどです。

調査料金はコミコミが基本です!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当専門窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査内容:人探し調査のプラン
  • 難易度A(都市銀行調査プラン) 着手金 10万
  • 難易度B(ネットバンク調査プラン) 着手金 15万
  • 難易度C(貸金庫・貸しコンテナ情報) 着手金 応相談

成功報酬については、着手金と同じ金額が設定されている傾向にあります。最近では、ご依頼者側に難易度の判断や適正な成功報酬を判断することが難しいことから、成功報酬制を設けないプランが主流なので事前に担当者にお聞きください。

人探し調査の相談依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し調査のQ&A解説

人探し調査に関する質問のまとめ

Q

必ず見つけてくれますか?

A

発見できないリスクがあります。必ずご依頼者に対して成功率の説明を行います。ご依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い探偵事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は注意をしたほうがよいかもしれません。

Q

料金が安い探偵を信用して大丈夫ですか?

A

判断するポイントがあります。その探偵事務所が信用できるかどうか見極めるポイントとして、依頼前に調査料金の総額の確認と契約内容の確認をしてください。探偵業界では、誇大広告が頻発しております。「調査終了後に追加料金の請求がないか」など、しっかりと確認しておきましょう。

Q

まだお願いするか迷っています。相談だけでもいいですか?

A

はい、もちろん可能です。お電話やメール、LINEでの無料相談をお受けしています。実際にお会いしてお話をお伺いすることも可能です。ご依頼に発展しないケースも多々ありますので、ご自身で悩みこんでしまわぬようにお気軽にお相談ください。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop