トラブルになった相手探し関連記事

ホーム > トラブルになった相手探し関連記事 > 計画的な夜逃げで借金を踏み倒されてしまった…失踪先を特定したい!
公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/05/19
トラブルになった相手探し関連記事
 公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/05/19

計画的な夜逃げで借金を踏み倒されてしまった…失踪先を特定したい!

部屋

今回の記事では夜逃げで行方がわからなくなってしまったしまった人についての相談事例や探し方についてご紹介いたします。
家庭のトラブルや金銭トラブル、会社のトラブルなどで行方がわからずに困っている方はたくさんいらっしゃると思います。そんな方々に解決方法を詳しく記載します。

目次│夜逃げトラブル相談窓口

相談者
失踪人捜索調査
2021年12月15日 更新
失踪人捜索調査の担当者が書いた計画的な夜逃げの失踪に関する記事です。

夜逃げについて

夜逃げとは?

夜逃げとは、主に「借金」「DV被害」「計画倒産」などを理由として、周囲に知られることなく転居することをいいます。

逃げることが前提となっているので、夜逃げした人間を探すのは困難です。住民票なども移さず転送して自分の名義は隠す傾向があるので、データ調査は難しく実地調査(聞込み・張込など)がメインとなります。

本人の抱えている悩みから「現実逃避」することで解決と考えていることから、罪悪感はなく理由をつけて「家族のため」「生きるため」など逃げることを正当化する傾向があります。

夜逃げではなく向き合いことを理解させる

当たり前ですが、夜逃げをしても借金はなくなるわけではなく、「遅延損害金」というペナルティが加算され、返済日まで加算され続けます。

連帯保証人が家族や友人の場合、返済請求がくることによって苦しみを「大切な家族や友人」になすりつける形となり、罪悪感を背負って生きていく形となります。

夜逃げをしたことは悪いのですが、再スタートは十分間に合うことから「発見後」の対応として本人の苦しみを理解しつつ、逃げることではなく向き合うことの重要性を伝えましょう。

近年の夜逃げは理由がさまざま

相談が多い夜逃げの主な原因

夜逃げの主な原因は、よくある借金問題やDV被害だけではなく、近隣トラブルが原因で「関わりたくない」ことから夜逃げしたいなど昔の夜逃げイメージより、簡単に夜逃げすることがあります。

なぜ夜逃げするのか確認すると、「昼間の引っ越しだと尾行されて居場所がバレる」「ストーカーにバレたくない」など理由はさまざまです。

借金取りが自宅にくるとか、近隣住民に怪しい人が聞込みをするなどわかりやすい前兆がなく、突然消えるようにいなくなる夜逃げも増えているのです。

夜逃げの原因
  • 借金/計画倒産
  • 配偶者や恋人からのDV被害/駆け落ち
  • ストーカー被害/近隣トラブル
  • いじめ被害/ママ友の仲間外れ
  • 風評被害

夜逃げを行なう人は精神的にかなり追い詰められており、「借金苦」だけではなく必死で逃げるための夜逃げを行なっている事例もあるのです。

夜逃げを行なった人のその後の暮らしは、バレないためにある程度制限はありますが「現状よりはいい」と苦渋の決断で夜逃げをする方もいます。

当専門窓口では、事前に探している相手との「関係性」をお聞きし、「DV被害者」や「ストーカー」に関する夜逃げ先の特定調査はお断りさせて頂いております。

夜逃げ先特定の相談事例

夜逃げ相談事例のご紹介

当専門窓口でうけた「夜逃げ・失踪」に関する相談事例をご紹介いたします。
失踪人に関する調査は、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避できる可能性が高いことから早めにご相談ください。

  • 強制執行するために失踪先と勤務先を調べてほしい。
  • 突然交際相手が自宅にある貴重品を盗んで失踪してしまった。
  • 計画倒産した詐欺会社の代表の逃亡先を調べたい。
  • 浮気を追及した3日後に浮気相手と夜逃げして居場所がわからない。
  • 同棲していた外国人彼女が突然国に帰るといって失踪。

夜逃げの捜索方法とは?

自分で探す方法

夜逃げした人をご自身で探すことは可能です。探し出す方法は、「友人・知人が匿ってないか確認」「実家に帰ってないか確認」「交際相手の特定および張込」などが可能です。

交友関係や交際相手を把握していれば、聞込みや匿ってないか張込で確認することはできるでしょう。実家に関しても、年末年始や長期休暇に帰ってくる可能性もあります。

どちらも情報があれば可能ですが、「交友間やや交際相手がわからない」状態では特定は難しいかもしれません。

探偵に依頼する

夜逃げに関する失踪先の特定は、探偵依頼がおすすめできます。

その理由は、探偵は独自のデータ収集や聞込みなどを使い、実家がわからなくても氏名さえわかれば特定することができます。

また、郵便転送を使ったとしても割り出すことができ、張り込みをしても「ストーカー扱い」される心配がないことから自分で行なうより効率よく調査できます。

ただし、どの探偵にも得意、不得意があるので失踪人捜索調査に強い探偵社に依頼する必要があります。
探偵に依頼する際は事前情報を基に捜索プランを作成するので、調査対象者の情報をまとめておき、正確にお伝えする必要があります。

失踪人捜索調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し専門調査窓口

pageTop