人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 夜逃げで行方不明、その後について【行方トラブル】
公開日: 2020/03/25
人探しガイド
 公開日: 2020/03/25

夜逃げで行方不明、その後について【行方トラブル】

今回の記事では夜逃げで行方が分からなくなってしまったしまった人についての相談事例や探し方についてご紹介致します。家庭のトラブルや金銭トラブル、会社のトラブルなどで行方が分からずに困っている方はたくさんいらっしゃると思います。そんな方々に解決方法を詳しく記載します。

夜逃げトラブル

夜逃げとは?

夜逃げとは、金銭トラブルや生活トラブルなどを原因として、周囲に知られることなく転居する事を言います。 逃げることが前提となっているので、夜逃げした人間を探すのは困難です。また、本人の居場所を特定しても、本人が夜逃げを行った原因となる悩みを解消しない限りは、根本的な解決にはなりません。夜逃げを行う事が本人にとって悩みが解決したのか致し方なく夜逃げを行ったのか本人の本質的な悩みを考える必要があると言えます。

夜逃げの主な原因について

まずは夜逃げの主な原因について考えてみましょう。生きていく上で様々なトラブルが起こります。なぜ夜逃げをしたのか見当もつかない方は夜逃げを行う主な原因を確認して相手がなぜ夜逃げを行ったのか振り返ってみましょう。

  • 借金トラブル
  • 駆け落ち
  • 配偶者や恋人からのDV被害
  • ストーカー被害
  • 家庭内トラブル
  • 会社でのトラブル
  • いじめ被害
  • 風評被害

上記内容の様に夜逃げを行う人は精神的にかなり追い詰められて夜逃げを行う事が分かります。

夜逃げを行った人のその後は一般的な暮らしを送ることが困難になりますが、その様なリスクを考えても夜逃げを行う判断をしている為、やはり本人が抱えている悩みの本質を理解し解決する事が大事であると言えます。

夜逃げ相談事例のご紹介

夜逃げに関して相談を受けた事例についてご紹介致します。

  • 夫が会社でリストラに遭い家に帰ってこない
  • 出かけている隙に婚約者が自宅の金品を持って出て行った
  • 会社内でいじめの相談を受けていた同僚の行方が分からない
  • お金を貸していた知人と連絡がつかなくなり行方が分からない
  • 浮気相手と駆け落ちして出て行った
  • 同棲していた彼女が突然家を出ていき行方が分からない

夜逃げは突然の出来事であり、当事者はかなり混乱すると思います。

夜逃げしたであろう原因を把握していればなおさら心配になる事もあると思います。特にいじめや会社のトラブルが原因となり夜逃げを行った人などはその後の安否はすごく心配になりますよね。

次の項目で夜逃げの捜索方法に関してご説明致しますので参考にしてみて下さい。

夜逃げの捜索方法とは?

自分で探す方法

夜逃げした人をご自身で探すことは可能です。ただし発見できる可能性は低いです。

探し出すための主な方法は、「連絡を取る」「警察に捜索願いを出す」「SNSで探す」などが考えられます。 ただし、携帯電話を所持したまま夜逃げすることはあまり考えられませんし、連絡に応じずに連絡先を変えている事も考えられます。 また、警察に捜索願を出しても、発見の確率は低いと言えます。 警察は事件性のある、命の危険があると判断した「特異行方不明者」である場合のみ捜査を行いますので職務質問などで偶然発見するケースでない限り発見する事は出来ません。 SNSで探す事も考えられますが、夜逃げを行っている人物が自分の居場所を特定する様な発信をする事は考え辛いので発見する確率は低いと言えます。

探偵に依頼する

夜逃げした人を探すには、探偵への依頼がおすすめです。

探偵であれば、独自の情報や聞き込み調査、ビラの配布などにより発見できる可能性は高いと言えます。 ただし、探偵と言っても業務により得意、不得意である分野がありますので行方調査に強い探偵に依頼する必要があります。 より調査実績があり経験がある探偵に依頼できる様にホームページの閲覧、電話などで無料相談を活用しご自身の状況にあった探偵事務所を探し出す事が重要です。 また、探偵に相談を行う際は夜逃げをした人物についての情報をまとめておき些細な情報も伝える事をお勧め致します。

調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop