人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > お金を貸した友達の行方が分からない。【行方調査解決実例】
公開日: 2020/03/05
人探しガイド
 公開日: 2020/03/05

お金を貸した友達の行方が分からない。【行方調査解決実例】

友人にお金を貸して行方が分からない相談を受けて調査を行い実際に見つけ出して成功した調査実例をご紹介致します。

『急を要する相談は』
LINEまたはお電話でご相談ください!

LINE ID: @fam-tantei

友だち追加

お電話でのご相談は
月曜日〜日曜日(24時間対応)

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

調査を依頼して
悩み解決!

当窓口担当スタッフの
行方調査レポート!

ご依頼者様
30代 (男性)

人探し・行方調査専門窓口

行方調査30代男性の調査レポート

男性
ご依頼者様: 30代/男性 会社員
ご依頼内容: 行方調査
ご依頼理由:

一か月程前に「会社でトラブルを起こしてしまったのでどうしてもまとまったお金が必要だ」と友人に相談をされて仕方なく借用書を交わして200万円を貸しました。

この友人とは大学時代からの仲で学校を卒業した後も1年に一1回程度は飲み屋に行き、近況報告する様な関係でした。相手について知っている情報は氏名、連絡先、住所、勤務先です。ですが、借用書に記載されている住所には住んでおらず、勤務先にも問い合わせたけど、友人は在籍していないとの事でした。どこまでが本当で嘘なのかは分かりません。

信用していた友人で非常にショックですし、貸したお金はきっちり返して欲しいです。この様な状況で探し出す事は出来るでしょうか?

調査レポート:

今回のケースは計画的にお金を借りて行方をくらました可能性が高いと思われます。

実際に調査を行うと借用書に記載されている対象者の住所、勤務先の情報は嘘の情報でした。

調査を進めて行くと対象者の実家が判明しました。その情報を基に近隣住民に聞き込みを行うと対象者を近所で最近よく見かけるという情報を確認出来ました。実家に出入りしている情報を依頼者に報告し、対象者の実家付近に張り込んで情報の裏付けを取る事になりました。張り込みの結果、対象者は実家に出入りしている事を確認

しました。そのことを報告して今回の調査は終了しました。

その後、依頼者は対象者の実家に直接出向き、対象者と対象者の両親に状況を説明しお金を返してもらったと報告頂きました。

お金を貸す際は信用している人物でも、住所の確認や勤務先の確認を行う必要があります。この様な被害に遭ってお悩みの方は専門家にご相談下さい。

行方調査に強い探偵の選び方について

行方調査の探偵選びで確認すべき5つのポイント

調査を依頼する場合、どこの探偵事務所を選んでも良いわけではありません。行方調査を考えられている方は特に行方調査に強い探偵事務所に依頼する必要があります。行方調査は経験や聞き込み能力、在籍している調査員の人数などが調査において重要になります。浮気調査や素行調査が強い探偵事務所に相談するよりも行方調査に強い探偵事務所を探し出して相談する必要があります。 行方調査に強い探偵事務所の探し方についてポイントを5つご紹介致します。

早めに相談しよう

行方調査は早期対応が探し出すための大きなカギになります。行方を捜したい方の情報をまとめて趣味や行動パターン、写真、名前、連絡先など分かる範囲の情報は出来るだけまとめて調査に生かす事が重要です。写真がないと調査は出来ないですか?と不安になる方もいますが写真がないからといって探せないという事はありません。他の情報が揃っていれば行方を捜すことは可能です。まずは専門家に相談してみましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、〇〇調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、〇〇調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

行方調査を行う前に

無料相談を活用する

探偵事務所に無料相談する一番のメリットは、複数の探偵事務所をそれぞれ見比べて検討する事が出来る事です。相談の段階で費用が発生してしまうと、仮に納得がいかないことがあっても「もうここの探偵事務所にお願いしてしまおう」と半ば気持ちも固まってしまうものですが、無料であれば、アドバイスの内容、担当者との相性、金額など複数の探偵事務所と比較する事が出来ます。

参考となる情報を用意する

行方調査は情報が何よりの手掛かりになり、その情報をもとに調査を行います。 名前、写真、連絡先、体型、車両情報、趣味、行動パターン、勤務先など分かる範囲で情報をまとめておきましょう。 その情報をもとに捜索や聞き込みを行うので情報の伝え忘れが無いようにしましょう。 情報が少なければ調査自体の難易度が上がり料金が上がる事も考えられます。 些細な情報が解決に導くこともあるので分かる範囲の情報は全て伝えましょう。

行方調査なら当社にお任せください!

調査の流れ

流れ
無料相談

人探し相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop