人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 難易度の高い人探しに強い探偵社とは
公開日: 2019/12/08 最終更新日: 2019/11/26
人探しガイド
 公開日: 2019/12/08 最終更新日: 2019/11/26

難易度の高い人探しに強い探偵社とは

少ない情報で人探しを行うことは不可能ではありません。この記事では、難易度の高い人探しをする具体的な方法と、必要な情報しについて解説します。人探し調査を数多く手がけてきた経験から、人探しを行う上で必要な「情報量」は重要ですが、少ない情報から得る情報によっては簡単に見つけることも可能です。

人探し・行方調査専門相談窓口

難易度の高い人探し調査とは

情報量で難易度が決まる

探偵事務所にはさまざな人探しの問い合わせが寄せられてきています。難易度については、「探し人が逃げている」「情報量が極端に少ない」「所持情報についてに曖昧」などが難易度が高い人探しになります。過去の経験から発見に至る可能性が極めて低いと判断される捜索案件につきましては、「発見できないリスクの説明」を必ず行ってからお受けすることになります。

失踪は難易度が高い

失踪してから時間の経過も少なく、本人の情報や手がかりがあったとしても「相手が逃げている」場合、調査が難航する場合があります。失踪をする理由によりますが、あらかじめ探されることを想定して足跡を消したり、居場所を特定される証拠になるようなものは残さないでで、他人名義で生活している場合が多いからです。

難しい人探しに強い調査手法

情報データベースについて

探偵事務所はどうやって限られた情報から、人を探しだすのか?それは探偵事務所で収集できるデータベースを基に短期間で見つけ出すことができるのです。データベースといっても多種多様に及びます。データベースは、いろいろな人の情報をデータベースに登録されて、厳重に管理されております。「探し人」のデータが照合できれば、その情報を基に聞き込み調査や身辺調査を使ったり、張込調査を行い本人確認しているのです。

独自に収集するデータ調査の種類
  • 氏名情報で住所を特定
  • 氏名・生年月日から携帯電話番号割出し
  • 前住所から現住所を特定
  • 卒業学校の確認・同窓会名簿情報
  • 郵便転送先割出し
  • 氏名・住所・生年月日から銀行口座の特定
  • 車両ナンバーから所有者割出し
  • 固定電話・携帯電話所有者割出し
  • SNSデータベース

人探しに必要な情報とは

失踪が計画的か突発的か

計画性のある失踪の場合、必要情報として重要なのは「失踪の原因」になります。例えば、お金のトラブルでの失踪なら住民票を移すことはないため、友人・知人・交際相手などから情報収集や張込みを行い調査することがあります。突発的な失踪の場合は、原因不明で自殺の可能性があるので、警察や探偵といった「調査のプロ」でなければ手がかりすら見つからないこともあります。

少ない情報でも人探しはできる

人探しであれば、氏名(フルネーム漢字)が最低でも必要になります。名前から調査すると、「時間」や「費用」がかかり大変な調査となりますので、最低でも氏名(フルネーム漢字)は入手しましょう。次に重要となるのが、旧住所(実家)になります。旧住所から新住所の割り出しができるケースが多く、他にも聞込みなどにも有効な情報となります。

生年月日については、「氏名検索」をする場合、同姓同名が多い場合に有効です。探偵事務所は、独自の情報収集を行うので本人であるかどうか確認するために生年月日を利用します。探し人が女性で、結婚している可能性が高く、実家も引っ越している場合、世帯主の氏名から情報収集を行う調査もあります。少ない情報でも、見つかる可能性は充分にあるので、諦めずに一度ご相談ください。

  • 「氏名」 ★★★ 漢字と読み方も必要
  • 「旧住所」 ★★ 卒業名簿に記載されていたもの
  • 「生年月日」 ★★ 生年月日は不明でも調査可能
  • 「ご両親の名前」 ★ 世帯主の名前、または兄弟

人探し無料相談は24時間受け付けております

全国どこでも出張無料24時間対応

お住まいの場所などの都合で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制です。24時間、土日祝日もご予約を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

人探し・行方専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決24時間サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

人探し・行方専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

人探し・行方専門窓口は、家出・失踪者の行動心理学という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop