失踪人捜索調査関連記事

ホーム > 失踪人捜索調査関連記事 > パーソナリティ障害患者に関する失踪人捜索調査レポート
公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/01/25
失踪人捜索調査関連記事
 公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/01/25

パーソナリティ障害患者に関する失踪人捜索調査レポート

画像

精神疾患などの心の病や、発達障害による「周囲との齟齬(そご)」によって嚙み合わず、突然失踪をしてしまうことがあります。
失踪理由によっては命に直結することがあるので、一刻も早く失踪先の特定が必要となります。

人探し・行方調査専門窓口にて紹介している失踪人捜索調査レポートのご案内を『ご相談から解決方法』まで、わかりやすくまとめました。

失踪人捜索調査相談窓口

相談者
失踪人捜索調査
2021年12月15日 更新
失踪人捜索調査の担当者が書いたパーソナリティ障害に関する失踪の記事です。

パーソナリティ障害について

パーソナリティ障害とは

パーソナリティ障害は、大多数の人とは違う反応や行動をすることで本人が苦しんだり、周囲が困ったりする場合に診断されます。

「変わり者」と認知されやすく、性格の問題で悩む人が非常に多くなっていますが、「個性」として受け入れることで自然に対応の仕方も変わり、お互いが楽になります。

パーソナリティ障害の家出するタイプ
  • 境界性パーソナリティ障害(感情や対人関係の不安定さ、衝動行為が特徴)の方は、家族や同居人との衝突が多く、嫌になったら感情的になって家出してしまうことがあります。
  • 反社会性パーソナリティ障害(反社会的で衝動的、向こうみずの行動が特徴)の方は、「自分は社会から見捨てられている」「なんの役にも立たない」などと考えてプレッシャーから逃げようとします。
  • 妄想性パーソナリティ障害(広範な不信感や猜疑心が特徴)の方は、猜疑心が強く、なにかあるたびに家族を疑ったり怪しんだりして、「ここにはいれない」と思い、失踪するケースがあります。

他にも、「妄想性パーソナリティ障害」「境界性パーソナリティ障害 」「回避性(不安性)パーソナリティ障害」は、「周囲の人間が敵に感じる」「負の感情が膨れ上がり衝動的な行動を取る」「自己の喪失による生きることへの執着が無くなる」などの理由から失踪するケースが多くあります。

パーソナリティ障害による失踪調査レポート

女性
ご依頼者: 50代/女性 主婦
ご依頼内容: パーソナリティ障害の夫の失踪調査
ご依頼理由: 境界性パーソナリティ障害の夫が失踪したため
相談レポート:

仕事のストレスから、境界性パーソナリティ障害を患ってしまった夫がいます。うつ病も併存しているみたいで日常生活に支障を引き起こしています。

しばらく仕事を休んで治療に専念していたのですが、先日の早朝に突然失踪して行方がわからなくなってしまいました。
警察にも相談したのですが、現時点で夫とみられる男性の情報は無く、「事件性・緊急性がないと判断」されて積極的な捜索がしてもらえず困っています。自ら命を絶つ可能性も考えられるのですぐに捜索してもらいたいです。

調査レポート:

失踪してから24時間経っていないこと、所持金は1万円もなく携帯電話は自宅に置いてあったなど失踪状況をヒアリングした結果、「命の危険性が高い」と判断しました。

再度、警察にも説明し捜索に協力してもらい「最寄りの駅」のカメラ確認を行なったところ、本人の姿が見受けられないことから「まだ近くにいる可能性が高い」と判断。

念のため、タクシーやバスなどの交通機関も確認し、乗車情報がないことで自宅から周辺から聞き込みおよび捜索を行ないました。

自宅から少し離れた山の中にあるお寺に座り込んでいた対象者を発見することに成功、すぐにご依頼者に本人確認と保護をしてもらい調査終了となりました。

失踪人を探す最初に行なうこと

捜索願を出す

捜索願とは、行方不明者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所または居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。

捜索願を出す理由として、聞込みや情報収集がスムーズにできます。また、事件性が高い、命に危険が及んでいるなど警察が動かざるを得ないといった状況である場合は、警察によるさまざまな捜索が行なわれることになります。

捜索願と失踪届の役割の違い

行方不明者を探したいときは警察署に捜索願を出し、死亡したという証明が欲しい場合は市役所に失踪届を出す、と覚えておきましょう。

失踪先および発見場所

失踪人の多くは捜索から約7日以内に発見されますが、失踪人捜索の一般的な発見率は、失踪理由によっては著しく低下すると言われています。

所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自ら命を絶つ可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。

ただの失踪と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながるのです。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 失踪サイト上でやりとりしている人の家
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 知人宅や恋人・愛人宅
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内/神社お寺
人探し相談のご案内

失踪人捜索を依頼したときの費用

失踪人調査の探偵料金の相場

失踪人捜索の料金をチェックするうえで重要なのは、「調査内容(手法)」と「調査員の人数」です。
人数に関しては調査内容にもよりますが、「ローラー作戦」や「聞き込み調査」の場合、多くのエリアを調査できた方が「発見確率」があがり、失踪人に関する情報が得られる可能性が高くなり時間も短縮できます。

他にも失踪人捜索で重要となる「探偵独自のデータ照会」は、全ての探偵に共通するわけではないので「得意・不得意」がありますので事前にご確認ください。

失踪人捜索の費用は、調査員1名8時間(1日)あたりの人件費が設定されており、この費用はおよそ20,000円~40,000円と、それぞれの探偵社によって人件費が違います。

これらの料金相場を調べてみて、相場の金額よりも明らかに料金が高くなっていたり、異常に安く設定されていた場合は「理由の確認」が必要です。

気をつけなければならないのは、調査料金や基本料金を安く設定している探偵社です。料金が安い探偵社は、残念ですが料金と見合う程度の調査しかしてくれないことがほとんどです。

失踪人調査料金 着手金¥100,000+日数分人件費(30,000円)※成功報酬プラン有
独自の情報収集調査 着手金¥80,000~+成功報酬(クレジットカード・銀行などの直近履歴・通話記録など)
特殊調査料金 着手金¥100,000~+成功報酬(山岳・海難捜索調査・ドローン捜索調査・潜入調査)

失踪人捜索調査の依頼方法

失踪人をスピード捜索

失踪人に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避できる可能性が高いことから早めに動くことが必要です。

自分での捜索や警察での対応に不安を感じたらお気軽にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口では、独自のネットワークを構築しており、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

失踪人調査相談フォーム

現在お探している人の状況、失踪人捜索調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop