人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 認知症捜索|認知症家出調査|千葉県相談窓口
公開日: 2019/11/01 最終更新日: 2019/11/20
人探しガイド
 公開日: 2019/11/01 最終更新日: 2019/11/20

認知症捜索|認知症家出調査|千葉県相談窓口

突然の家出や失踪など、目の前から姿を消してしまうとパニックになり何もできないものです。しかし認知症が原因での家出事案は、何も持たず家を出てしまうため、命に直結することが多く、一刻も早く専門家にご相談する必要があります。このページでは、認知症の方が家出した時の対策や探し方、調査料金、依頼方法についてご説明致します。認知症家出人探しをお考えの方は下記の解決方法をご参考ください。

千葉県無料相談地域

旭市・我孫子市・いすみ市・市川市・一宮町・市原市・印西市・浦安市・大網白里町・大多喜町・御宿町・柏市・勝浦市・香取市・鎌ケ谷市・鴨川市・木更津市・君津市・鋸南町・九十九里町・神崎町・栄町・佐原市・山武市・酒々井町・芝山町・白子町・白井市・匝瑳市・袖ケ浦市・多古町・館山市・千葉市・銚子市・長生村・長南町・東金市・東庄町・富里市・長柄町・流山市・習志野市・成田市・野田市・富津市・船橋市・松戸市・南房総市・睦沢町・茂原市・八街市・八千代市・横芝光町・四街道市

認知症捜索相談 千葉県相談窓口

認知症の家出について

認知症について

認知症という病気は、記憶障害(物忘れ)を特徴とする病気です。記憶障害に対する薬はありますが、認知症の特効薬は、まだ開発されていません。認知症における物忘れは、中核症状と呼ばれますが、それと並んで問題になっているのは認知症の周辺症状で、BPSDと呼ばれるものです。

BPSDとは

周囲の人との関わりのなかで起きてくる症状を「BPSD」といいます。暴言や暴力、興奮、抑うつ、不眠、昼夜逆転、幻覚、妄想、せん妄、徘徊、もの取られ妄想、弄便、失禁などはいずれもBPSDで、その人の置かれている環境や、性格などが絡み合って起きてくるため、それぞれ表れ方が違います。

認知症による徘徊原因
  • 道順や目印を忘れる記憶障害や、自分のいる場所がわからなくなる見当識障害があると、慣れているはずの場所でも道に迷い徘徊する。
  • 見当識障害により「自宅」という認識が持てず帰宅しようとすることで、自宅周辺を徘徊する。
  • 家族や知人の顔が認識できず、見知らぬ人がいる不安や、置かれている環境に不満があったりすると、感情が抑制できず衝動的に外出してしまう。
  • 定年退職した会社に出社しようとしたり、昔住んでいた家に帰ろうとするなど、記憶障害で現状を忘れ、過去に習慣として行っていたことをしようする。

保護されていないか確認する

厚生労働省特設サイト

行方不明となった認知症高齢者等が、身元が不明のまま、各市町村において保護されている場合があります。行方不明になった認知症高齢者等をお探しの方は、千葉県内で保護されている身元不明者を確認してください。

千葉県認知症情報に関するページはこちら


《お問い合わせ先》
健康福祉部高齢者福祉課認知症対策推進班 電話番号:043-223-2237

掲載されている内容
  • 年代:60代 性別:男 保護年月:平成〇〇年〇月〇日
  • 保護された状況
  • 名前が分かれば名前が掲載される。
  • 保護した時の所持品・顔写真
などの情報が掲載されています。

徘徊対策について

地域との連携

徘徊対策には地域との協力が欠かせません。ご近所・地域とは日ごろのお付き合いが大切です。立ち寄る可能性のある店舗や、駅などの交通機関を事前に知っておくと、いざというときに協力をお願いすることもできます。並行して、自力での捜索だけに頼らず、まずは迅速に警察に連絡しましょう。戸惑うかもしれませんが、通報時間が早ければ早いほど捜索範囲も狭まり、発見する確率はずっと高くなります。

GPSを利用する

認知症の家族が徘徊してもすぐに居場所が特定できるように、GPS機能のグッズを活用すると、人探しに大きな役割を果たします。普段から、ドアを開けると「危険」と紙を貼って毎日聞かせる。大きな荷物で玄関のドアを開けさせないようにするなど、自宅での徘徊防止をする工夫も必要でしょう。小型のGPSを持たせて、家族のスマートフォンで居場所が分かるようにしておくと、いざ、いなくなった時に、居場所が特定することができます。

最近のGPS
  • 腕時計型
  • 靴に内蔵できる小型のGPS
  • 普段着る服に縫い付ける

認知症の家族が、無意識にスマートフォンを落とさないような小型のGPSを使う方が、長期の失踪を防ぐことができます。すぐに会えるように、警備会社の安全確認システムを利用すると、いなくなった時に警備会社と連携が取れてると、見つけ出す時間が短縮します。認知症の失踪は、緊急時の人探しに匹敵するくらい家族にとって辛いことです。早く見つけ出して毎日、会いたいと願ってる家族に会わせるために、色々なGPSツールを調べておくと良いでしょう。

探偵に調査を依頼した時の料金

認知症捜索料金プラン

認知症捜索に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避出来る可能性が高いことから早めに動くことが必要です。自分での認知症捜索や警察での対応に不安を感じたら早急にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口では、独自のネットワークを構築しており、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

難易度A(失踪して時間が経ってなくエリアが限られる) (3名)基本料金(8時間)着手金¥80,000
難易度B(1日以上経ち保護されていないケース) (5名)基本料金(10時間)着手金¥120,000
難易度C(失踪した場所の付近が森林など特殊なケース) (5名)基本料金(10時間)着手金¥160,000
調査料金は全て含みます!
  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
人探し・行方調査専門窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

認知症捜索依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

千葉県認知症捜索相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop