人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 過去を清算したい!過去のトラブル相手を探し出して欲しい
公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/26
人探しガイド
 公開日: 2021/12/27 最終更新日: 2022/01/26

過去を清算したい!過去のトラブル相手を探し出して欲しい

過去に起きたトラブルを清算しないまま、泣き寝入りした日々を過ごしたり、嫌がらせやいじめを散々してきた相手が、謝罪もしないまま引っ越しをして行方がわからなくなるなど、心にキズを負ったまま生活するのではなく、元の自分をとり戻すために嫌がらせ相手を見つけるサポートのご案内をいたします。

不安な日々を送りたくない!念のため特定しておきたい

相談者
人探し調査
2021年12月27日 更新
人探し調査の担当者が書いた過去のトラブル相手や嫌がらせ加害者の今の生活や居場所を知っておきたい方は多いと思います。損害賠償請求を含めた現在住んでいる居場所を特定することや、いつ再発するかわからない不安な日々を送るより、把握しておくことで安心に変えたいなど依頼理由はさまざまです。

嫌がらせの目的や理由

相手の精神を追い詰める理不尽な行為

嫌がらせの目的は、加害者の性格や生活実態などによってケースが異なります。大抵の場合、加害者は高圧的かつ自尊心の高い性格である傾向がありますが、一見そのような性格に見えないような相手でも、嫌がらせやいじめを行なうケースは存在します。

相手に嫌がらせやいじめを行なうようになる要因
  • 家庭環境がうまくいっておらず、隣人など身近な他人を痛めつけてストレスを発散する
  • 過去に起きたトラブルを理由に、一方的に因縁をつけてさまざまな嫌がらせを行なう
  • 自分を誇示するために、弱者と判断した相手をコミュニティから疎外する
  • 理由や目的は特になく、ゲーム感覚でたまたま目をつけられて嫌がらせを行なう
  • 自分に起きている問題を誰かのせいにして生きている迷惑行為者

上記のような人に一度でも標的にされてしまうと、相手の気が済むまで止むことはありません。理不尽な嫌がらせに何年も苦しめられることもあり、到底許される行為ではありません。

二度と関わりたくない相手をなぜ調べる必要があるのか‥
このまま関わらないで済むケースもありますが、一旦終わったと思われるいじめや嫌がらせが「相手の都合」によって再発するケースは珍しくありません。

関わりたくないからこそ探したい!

都合が悪くなると逃げる性質

さまざまな嫌がらせやいじめの加害をしておきながら、自分の都合が悪くなったり家庭の事情を理由にして、引っ越しをして行方がわからなくなるケースが存在します。

また、因縁を付けたまま突然いなくなった後、根も葉もないうわさを流されるといった、後始末の悪い嫌がらせをしてくるケースも存在します。

ここでは、当事務所でご相談があった事例をいくつかご紹介します。

近所付き合いのママさん集会で(女性:30代)

夫と賃貸マンションに住んでいるですが、そのマンション内にあるママさん同士のコミュニティがあり、私もそこに所属していました。

しかし、そこのコミュニティの上位に位置する女性から標的にされたのがきっかけで、周囲からさまざまな嫌がらせを受けるようになりました。約2年ほどじっと耐えていたのですが、その女性は突然引っ越しをしてしまい、行方がわからなくなっています。

いじめもそれ以来されることはなくなりましたが、ずっと精神的な後遺症に悩まされています。このままではいけないと思い「過去に決着」をつけたいので居場所がわかったら訴えたいので依頼しました。

近隣のお店の店主から(男性:年齢非公開)

個人事業主で商売をしており、近所に同じような店があるのですが、お店を出してしばらく経ったある日、そのお店の方が怒鳴り込んできました。

なんとかなだめてそのときはそれで終わったのですが、それからしばらくしすると、その店は閉店になっていました。数カ月経ったあたりから、近所の方や商店街の方からよくない噂を耳にするようになりました。

それは私のお店が潰れたお店に対して、嫌がらせを行なったのではないかという噂です。根も葉もない噂が広まるようになり、相手の真意を確かめる意味も兼ねて、相手方の行方を知りたいと考えてます。

何度も繰り返す嫌がらせ(女性:40代)

近隣トラブルに悩まされて去年引っ越しをしました。理由は、ほぼ毎日行なう「監視行為」「陰口」に嫌気がさしたからです。

何度も注意しましたが、「気にしすぎ」「過敏になっているだけ」などと言い訳をされ、近所では私が「問題児」みたいに扱われて居場所がなくなってしまったからです。

引っ越してしばらくは何もなく普通に暮らしていたのですが、つい最近引っ越す前と同じような出来事が起こったのです。

最初は気にしなかったのですが、先日スーパーに買い物をしていたら引っ越す前の「嫌がらせの主犯」がいたのです。まさか居場所がばれているのではと思い、不安になってしまい主犯格の実態を調べておきたいと思います。

嫌がらせ対策と人探しのポイント

嫌がらせ対策

嫌がらせの対策としては、誰が何のために嫌がらせを行なっているか、最も重要なのは証拠となります。いくら弁護士や警察に相談しても、証拠となるもの(写真などの映像媒体)がなければ立証は非常に困難です。

嫌がらせの手法は多岐に渡り、陰湿なものから、直接、危害を加える行為がありますので、被害の解決相談は早い段階で行なうべきです。

嫌がらせ行為は、ストーカー被害同様、規制法が制定されています。被害者はこれにより、刑事告発による逮捕、警告、禁止処置などといった行政措置が可能になります。

携帯

嫌がらせ加害者探し

嫌がらせやいじめをした相手の行方がわかっていない場合、まずは自分でできる範囲で情報収集をすることも重要です。
インターネット上におけるSNSの利用は、探したい人物の情報を最も多く含有しているサービスといえます。

ただし、ネットでは手に入らない情報や、検索してもヒットしない場合もあるので、現地確認や現地周囲の状況を調べるためには、実際に現地へ行って確認することが重要となってきます。

しかしそれらは自分で行なうとすると、加害者に見られたりやストーカー扱いされるなどさまざまなリスクがあります。

嫌がらせに関する居場所や情報収集は、自分で動かないことをおすすめします。
相手に弱みを握られたり、嗅ぎまわっていることが相手にバレてそれを理由に嫌がらせが始まることも考えられるため、専門家に任せることも解決方法の1つです。

特定調査を依頼したときの費用

特定調査の探偵料金の相場

特定調査の料金をチェックするうえで重要なのは、「調査内容(手法)」と「調査員の人数」です。
人数に関しては調査内容にもよりますが、「張込み」や「聞込み」の場合、色々な年齢層の人数を多く用意できた方が相手にバレずに調査ができます。

他にも特定調査で重要となる「探偵独自のデータ照会」は、全ての探偵に共通するわけではないので「得意・不得意」がありますので事前にご確認ください。

特定調査の費用は、調査員1名8時間(1日)あたりの人件費が設定されており、この費用はおよそ80,000円~150,000円と、それぞれの探偵社によって人件費が違います。

これらの料金相場を調べてみて、相場の金額よりも明らかに料金が高くなっていたり、異常に安く設定されていた場合は「理由の確認」が必要です。

気をつけなければならないのは、調査料金や基本料金を安く設定している探偵社です。料金が安い探偵社は、残念ですが料金と見合う程度の調査しかしてくれないことがほとんどです。

特定調査料金 着手金¥100,000
情報収集調査 着手金¥80,000
証拠収集調査 着手金¥132,000~  ※嫌がらせ専門対策窓口を無料でご紹介いたします。

特定調査のご相談・ご依頼方法

はじめての方でも安心してご相談ください!

人探しを探偵に相談するのは「不安」だったり、気が引けたりという方は少なくありません。プライベートな悩みを打ち明けるわけですから、気が進まなくて当然です。
しかし、どのような問題でも、1人で悩んでいては納得のいく解決はできません。

探偵社の門を叩くのは不安かもしれませんが、人探しの専門家に相談したほうが解決することも多くあります。

「人探し・行方調査専門窓口」では、初めての方でも私どもの調査方針及び調査方法などをご理解いただけるように、丁寧な説明を心がけています。お気軽にご利用ください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

特定調査相談フォーム

現在お探している人の状況、特定調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop