人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 性同一性障害を告白できずに家出失踪|家出失踪調査体験レポート
公開日: 2020/09/02 最終更新日: 2020/09/03
人探しガイド
 公開日: 2020/09/02 最終更新日: 2020/09/03

性同一性障害を告白できずに家出失踪|家出失踪調査体験レポート

突然の家出失踪など、目の前から姿を消してしまうとパニックになり何もできないものです。しかし家出失踪といった事案は、家出失踪理由によっては命に直結することが多いため、一刻も早く家出失踪人探しの専門家にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口にて紹介している家出失踪調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
行方調査レポート!

ご依頼者様
50代 (女性)

家出失踪調査専門相談窓口

性同一性障害を患う方の家出

性同一性障害とは

性同一性障害(GID: Gender Identity Disorder)とは、自分の生まれ持った性自認と身体的性が一致しない状態のことを指します。1953年にアメリカの内科医によって報告され、性同一性障害の概念はその後世界中で認知されるようになりました。2013年にアメリカ精神医学会が、「障害」という言葉を使わない「性別違和」という名称に改め、出生時に割り当てられた性別への違和が「病気」や「障害」ではないと宣言されることになりました。

性同一性障害を患う方の行動パターン

  • 反対の性別になりたいという強い欲求がある
  • 自分は違う性別であるという主張
  • 反対の性別の遊び友達を強く好む
  • 反対の性別のオモチャやゲーム、またはその活動を強く好む
  • 自分の性器の外観、構造を強く嫌う
  • 反対の性別に対する強く、持続的な同一感を抱く
  • 反対の性別としての性別役割を果たそうとする

家出失踪が発覚した時の対応

家出失踪状況から解決方法を選択する

なぜ家出失踪したのか。その理由を知りたくても、家出失踪した本人がいないので確認しようがありません。しかし、家出失踪がもしも意図的なものならば、「家にいたくない」「自分の居場所はここじゃない」と感じてしまったのかもしれません。家出失踪人を探す場合、最初は状況の整理から行い、家出失踪の原因、解決方法という順で物事を考えます。

  • 自分の意思で失踪したのか
  • 何者かに連れ去られたのか
  • 持病が原因で帰れないのか
  • 人間係、男女問題、いじめなどなかったか関
  • 災害に巻き込まれて帰れないのか

私物の整理(持っていった物)

家出失踪人が持っていった物を確認することで、突発的な決断なのか、計画的な失踪なのか、犯罪に巻き込まれた可能性があるのかなど原因を調べることから始まります。確認する点としては、身分証明(運転免許・健康保険・パスポート)、所持金(売れる物も含む)、通信機器(携帯電話・パソコン・タブレット)、金融情報(通帳・クレジットカード)、移動手段(徒歩・車・自転車など)は最低でも確認し警察に捜索願の届出を行います。

家出失踪する前の行動や会話を思い出す

家族や大切な人が家出や失踪をした場合、いなくなってしまう前にどんな行動や会話をしていたのか思い出してみましょう。以下のような行動をとっていた場合、行方を辿るための重要な手掛かりになります。

  • 旅行雑誌やWEBサイトの記事を読んでいた
  • 昔旅行した場所の思い出を話す
  • 自殺のあった場所を題材にしたテレビ番組に強い興味を示していた
  • 趣味で行っていた場所(ギャンブルや釣り、登山等)のことを話す
  • アニメや映画の舞台になった場所に興味を持っている
  • スマートフォンやパソコンに行先に関係しそうな検索履歴があった
  • 宗教の集会やセミナー等に通っていた

家出失踪人を探す最初に行うこと

捜索願を出す

捜索願とは、行方不明者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所又は居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。捜索願を出す理由として、聞込みや情報収集がスムーズにできます。また、事件性が高い、命に危険が及んでいるなど警察が動かざるを得ないといった状況である場合は、警察による様々な捜索が行われることになります。

捜索願と失踪届の役割の違い

行方不明者を探したいときは警察署に捜索願を出し、死亡したという証明が欲しい場合は市役所に失踪届を出す、と覚えておきましょう。

失踪人発見場所

失踪人の多くは捜索から約7日以内に発見されますが、失踪人捜索の一般的な発見率は、失踪理由によっては著しく低下すると言われています。所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自殺の可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。ただの失踪と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながるのです。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 街や失踪サイト上で声をかけてきた人の自宅
  • 住込可能な職場
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 知人宅や恋人・愛人宅
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内

性同一性障害を患う方の家出失踪事例

性同一性障害を患う方の家出失踪調査体験レポート

今回の相談内容は、「家出失踪調査」になります。この調査を成功させるには、相手についての情報を分かる範囲でまとめて専門家に相談し、早期対応する事が行方を特定する重要な対応になります。

女性
ご依頼者様: 52才/女性 主婦
ご依頼内容: 性同一性障害を患う娘の失踪調査
ご依頼理由:

娘が失踪してしまいました。

朝8時前に出かけたきり、2日連続で連絡もなく外泊しています。友達の家に泊まるなどをする時は、必ず言ってくれてたし、こんな事は初めてです。娘のスマートフォンに何度電話しても繋がらないし、捜索願いは出したのですが、事件性も無いと思うので警察も動いてもらえなさそうです。もう心配で心配で食事ものどを通らないし、寝る時間を削ってでも娘を探したい思いです。

どうか助けてください。

調査レポート:

失踪から日が経っていないものの、自殺という最悪なケースも想定し、自宅周辺から周囲30㎞以内の捜索調査とオンライン調査をメインに行いました。SNSの情報から娘さんと友達が遊んでいる投稿を発見し、友人宅に泊まり込んでいるという情報から、独自の調査方法により友人宅を特定する事に成功しました。そこから張り込み調査を開始し、娘さんが出入りしている事を確認する事に成功しました。依頼者に報告し今回の調査は終了しました。後日、依頼人から「娘から性同一性障害とカミングアウトされました。私達に打ち明けることが出来ずに思い悩んだ末の失踪だったのとことです。最初は驚きましたが、親として子供が自分で決めた以上、生きている限り見守って行こうと思っています。」とご報告頂きました。

探偵無料相談を活用しましょう!

探偵以外で家出失踪人の相談ができる機関

  • 市役所に相談する
  • 家族や大切な人が家出や失踪をした場合、まずは市役所といった公共機関に相談してみると良いでしょう。戸籍の附票を取得するとによって何処に移ったの、結婚・死亡しているか知ることができる場合があります。戸籍の附票は住民票・戸籍の両方の情報を合わせ持っています。

    住民票も戸籍も、家出人捜索の手がかりとなりますが、この二つの情報を併せ持っているのが戸籍の附票となります。しかし、家出や失踪をしたら必ずしも住民票や戸籍の手続きを行っているとは限らず、当然なんの手続きもしていなければ足取りを追うことは困難となります。

  • 警察に相談する
  • 警察は家出人や失踪した人物を捜索も業務の一環として行っています。管轄する地域の警察署に相談することが可能です。ただし、警察が捜索を行う対象は「特異行方不明者」という、誘拐・殺人等の可能性がある行方不明者でなければ捜索対象として受理されることは難しいですが、届け出自体を出すことは可能です。

    捜索願は警察のデータベースに登録されるため、もし警察がパトロール等で声をかけた相手が家出人や失踪人だった場合、「〇〇県〇〇市…で見つかった」という旨の連絡が届きます。注意点として警察が偶然家出人や失踪人を見つけても連れ戻してはくれない点です。これは、警察は「民事不介入」の原則に則っているからです。そのため連絡があった場合すぐに現場に動けるように心がけをしておく必要がありますが、捜索願を出しておけば見つかる可能性は上昇します。

  • 家出失踪人捜索を支援する非営利団体に相談する
  • 日本には家出や失踪をしたことによる行方不明者の捜索を支援する非営利団体が存在します。探したい相手のチラシ作成やメディアを使った呼びかけなど、様々なサポートを行っています。無料あるいは格安な費用で捜索が可能である一方で、失踪者の家族でなければ依頼を受けられないといった制限があることがあるため、相談したい場合は事前に確認を取っておくと良いでしょう。

公的機関や非営利団体に捜索を依頼するのは原則として親族に限ります。また、捜索の支援をしてくれるものの自分の代わりとなって捜索をしてくれるわけではないので、基本的に自力での捜索になってしまいます。

自力での解決が難しい場合は探偵に相談

公的機関や非営利団体の支援を受けても、自力で解決することが難しい場合は探偵に相談することも大切です。家出人や失踪人を探すことは時間のコストがかかってしまいます。捜索を行うことはお金もかかりますし、時間がかかってしまうと結果的に高いコストを支払い、結果が伴わず費用対効果が釣り合わなくなってしまいます。家出人や失踪人を探す専門家を持つ探偵事務所であれば、自分では解決できなかった問題を解決することが出来ます。

家出失踪人調査を探偵に依頼した時の費用

家出失踪人調査の探偵料金の相場

調査料金相場をチェックするうえで重要なのは、「調査を実地する時間」と「調査員の人数」です。失踪人調査では、調査員1名8時間(1日)あたりの人件費が設定されており、この費用はおよそ20,000円~50,000円と、それぞれの探偵事務所で人件費の金額が違います。これらの料金相場を調べてみて、相場の金額よりも明らかに料金が高くなっていたり、異常に安く設定されていた場合は注意が必要です

人探し・行方調査専門窓口では、家出失踪人を早急に見つけることを最優先していただくために、専門家にしかできない事、依頼人にしかできない事を明確にすることにより、必要な分だけの調査費用を算出させていただきます。また、事前に予算をお決めになっている方にも、その予算内で出来る効果的な調査をご提案致しますのでお気軽に申し付け下さい。

失踪人調査料金 着手金¥50,000~+日数分人件費・諸経費(成功報酬プラン有)
各種データ調査料金 着手金¥70,000~+成功報酬(クレジットカード・銀行などの直近履歴・通話記録・新規作成口座)
特殊調査料金 着手金¥100,000~+成功報酬(移転先住所・郵便転送・潜入調査・張込調査)

性同一性障害が原因の家出失踪者捜索依頼方法

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウィルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

家出失踪人相談窓口

家出失踪人に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探し出すことで最悪の事態を回避出来る可能性が高いことから早めに動くことが必要です。自分での家出失踪人探しや警察での対応に不安を感じたら早急にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口では、独自のネットワークを構築しており一般的には入手が難しい情報を集められることにより、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

家出失踪人調査相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop