失踪人捜索調査関連記事

ホーム > 失踪人捜索調査関連記事 > ウイルスが「見える」と言い残して失踪|強迫性障害を患う人の失踪パターン 
公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/01/25
失踪人捜索調査関連記事
 公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2022/01/25

ウイルスが「見える」と言い残して失踪|強迫性障害を患う人の失踪パターン 

ウイルス

新型コロナウイルスの世界的な蔓延によって、「清潔」であることが何よりも優先され、「他人が触ったものは不潔」と考える人が多くなっています。

以前からキレイ好きの人はいましたが、「清潔」「A型人間」として片づけられることが多く、行き過ぎた“キレイ好き”の人に対し、奇異の目で見る人は、そう多くはありませんでした。

しかしながら、コロナ禍によって、“キレイ好き”が暴走し、自分の手指が「汚染されている」と思い込み、長時間にわたって手を洗い続けたり、アルコール消毒を繰り返すなど、傍から見て明らかに“やり過ぎ”な行為にとどまらず、エスカレートすると、他人に対して過剰な清潔を強要するなど、日常生活にも悪影響を及ぼします。

こうした人がコロナ禍によって可視化されるようになり、家に引きこもるどころか、家族に対しても「不潔」と感じるようになり、帰宅した家族との接触を避けたり、果ては、家出するケースも出てきているのです。

目次│失踪人捜索調査相談窓口

相談者
失踪人捜索調査
2021年12月15日 更新
失踪人捜索調査の担当者が書いた「強迫性障害」に関する失踪の記事となります。

「強迫性障害」とは

「強迫観念」と「強迫行為」

強迫性障害は、「不安障害」の一種で、自分でも“つまらないこと”だと、頭ではわかっていながら、何度も同じ確認などを繰り返すことなどで、行き過ぎると日常生活にも悪影響が出てきます。

自分の意思に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを「強迫観念」、ある行為をしないでいられないことを「強迫行為」といいます。

過剰に手を洗う行為の他にも、玄関やドアの戸締り、火元の確認などを何度も確認せずにはいられないなどがあり、自覚していない人を含めると、約2%の人が、これにあたるといわれてます。

「加害恐怖」や「行き過ぎた“こだわり”」

この他に、症状が進むと“誰かに危害を加えたかもしれない”という不安に駆られる「加害恐怖」や、自分が決めた手順で物事を進めないと気が済まないことや、数字・物の配置などへの異常なこだわりとして発症することがあり、日常生活や社会生活にも支障が出てきます。

「強迫性障害」の人が家出するケース

無責任に煽るマスコミに踊らされ…

こうした人の多くは、テレビなどに登場する“専門家”の発言を鵜呑みにし、元々持っていた強迫性障害が悪化し、異常ともいてる行動に出たともいえます。

特に「人との接触を最低でも8割減らせ」と語った“8割おじさん”こと西浦博・京都大教授や、「三密」を流行語にした小池百合子・東京都知事などは、感染拡大の不安を無責任に煽っただけであり、人々のメンタルヘルスには、悪い影響しか残しませんでした。

「ウイルスが怖い」と行き着いた場所

こうして家出してしまった場合、わざわざ感染リスクの高い繁華街や、レンタルルーム、ネットカフェなどに向かうことは考えにくいと思われます。

逆に、人のいない山間部や海岸部などに向かい、その精神状況によっては、自ら命をたつ行為や自傷行為に走る可能性もありますので、早期発見のためにいち早い対応が必要となります。

強迫性障害を患う方の失踪事例

女性
ご依頼者: 30代/女性 主婦
ご依頼内容: 強迫性障害を患う夫の失踪調査
ご依頼理由:

結婚して約2年、夫が小学生から強迫性障害であることは知ってましたが、ここ最近強迫性障害と思われる症状が悪化していました。

夫は気持ちが詰まってしまうと失踪をしてしまう癖があり、これまでも失踪を繰り返していましたが、いつもはその日のうちには家に戻ってきてくれていました。

しかし、2日前私がただ何気なくかけた言葉に激怒し、失踪したきり戻って来ず、事件や事故に巻き込まれている可能性もあるので心配です。まずは、夫の安全を確認したいです。

調査レポート:

失踪から日が経っていないものの、ご依頼者が仰るとおり、事件や事故に巻き込まれている可能性も想定されます。
早急に自宅周辺からの聞き込み調査を行ないましたが、この聞き込みでの情報は得られず、実家にも姿を見せていないようでした。

目撃情報がないことから、おそらく人を避けて行動している可能性が高いと判断し、川沿いや公園、お寺や林などの捜索を進めていたところ、公園のベンチで寝ている対象者を発見し、ご依頼者に迎えに来てもらい調査終了となりました。

最初に行なう失踪人捜索の流れ

「行方不明者届」を出す

行方不明者届とは、行方不明者の捜索を開始してもらうために警察に届出する書類です。
行方不明者届は原則として、住所または居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。

警察が「事件性が高い」「命に危険が及んでいる」と判断されたときにさまざまな捜索が行なわれることになります。

※2010年に施行された「行方不明者発見活動に関する規則」により、正式名称が「行方不明者届」に変更されました。

行方不明者届と失踪届の役割の違い

行方不明者を探したいときは警察署に行方不明者届を出し、死亡したという証明が欲しい場合は市役所に失踪届を出す、と覚えておきましょう。

失踪人発見場所

失踪人捜索は、所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自死の可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。

ただの失踪と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながります。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 家出・失踪サイト内で声をかけてきた人の自宅
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 知人宅や恋人・愛人宅
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内
人探し相談のご案内

失踪者捜索調査の依頼方法

失踪人捜索相談出張サポートのご案内

お住まいの場所や電車移動が不安・コロナウイルス対策で相談ルームまで来られない方のために、人探し専門調査窓口では出張相談を実施しております。

初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

失踪人捜索調査相談フォーム

現在お探している人の状況、失踪人捜索調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    人探し相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

    (C) 人探し専門調査窓口

    pageTop