人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > パパ活マッチングアプリでお金欲しさに家出|家出調査レポート
公開日: 2020/03/23 最終更新日: 2020/08/22
人探しガイド
 公開日: 2020/03/23 最終更新日: 2020/08/22

パパ活マッチングアプリでお金欲しさに家出|家出調査レポート

突然の家出で、目の前から姿を消してしまうとパニックになり何もできないものです。しかし家出といった事案は命に直結することが多いため、迷っている時間があるなら一刻も早く専門家にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口にて紹介している家出調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
家出調査レポート!

ご依頼者様
40代 (奥様)

家出調査専門相談窓口

家出調査の相談事例

家出調査確認ポイント!

今回の相談内容は、「家出調査」になります。人探し・行方調査専門窓口では「家出調査」に力を入れている探偵事務所です。この調査を成功させるには、家出した原因を調べ、現在の居場所を突き止める必要があります。当社では、出会い系サイトで知り合った男性が原因で家出した、リストラを苦に家出など、、家出に関する適切な対策法をご提案できる手立てを有しています。

女性
ご依頼者様: 40才/女性 
ご依頼内容: 家出調査
ご依頼理由: 中学生の娘が3日も帰ってきません。反抗期ということもあり、主人と顔を見ては何か口論になる始末。中学に入学してからスマートフォンを持たせているのですが、常にスマートフォンの画面を見続けています。よく最近、娘の持ち物が中学生では買えないブランド物を持つようになり、聞いてみたところ「メリカリで買った」と言っています。お小遣い以上の金額を持っているのはおかしいです。何か犯罪に巻き込まれでなければいいですか
調査レポート: LINEの家族のグループトークから娘さんのアカウントを発見。娘さんのタイムラインを辿ってみるとあるSNSと連携してることが分かり、SNSを調べると不審な点が多く、友人関係から尾行張込調査を行うことで調査開始。友人グループの中に、中学生の割には派手な生活をしている子をマークしていると、娘さんが一緒に自宅からでてきたことを確認。依頼人にすぐ来てもらい、その場で話を聞く事に成功。話を聞くと、パパ活マッチングアプリというのをクラスメイトから教えてもらい、そのアプリで歳をごまかして活用してた。「ブランドものを買ってくれるし、ホテルに行かなくてもお金を貰えるから楽な遊びのひとつだと思った。警察に補導されそうになったら逃げればいい」という感覚でパパ活を繰り返していたそうです。家に帰りたいというので、娘さんの話を聞く限り事件性は少ないということで、家出調査終了。娘さんに、パパ活は犯罪に巻き込まれやすいから2度としないように促しました。そして今後は、家族と話し合って対処をどうするか考えるということで、引き続きアフターケアをすることにしました。

家出が発覚した時の対応

状況の整理から解決方法を選択する

なぜ家出したのか。その理由を知りたくても、家出した本人がいないので確認しようがありません。しかし、家出がもしも意図的なものならば、「家にいたくない」「自分の居場所はここじゃない」と感じてしまったのかもしれません。家出人を探す場合、最初は状況の整理から行い、家出の原因、解決方法という順で物事を考えます。

  • 自分の意思で家出したのか
  • 何者かに連れ去られたのか
  • 持病が原因で帰れないのか
  • いきおいで家出した場所で迷子になる
  • 災害に巻き込まれて帰れないのか

私物の整理(持っていった物)

家出人が持っていった物を確認することで、突発的な決断なのか、計画的な家出なのか、犯罪に巻き込まれた可能性があるのかなど原因を調べることから始まります。確認する点としては、身分証明(運転免許・健康保険・パスポート)、所持金(売れる物も含む)、通信機器(携帯電話・パソコン・タブレット)、金融情報(通帳・クレジットカード)、移動手段(徒歩・車・自転車など)は最低でも確認し警察に捜索願の届出を行います。

家出人を探す最初に行うこと

捜索願を出す

捜索願とは、行方不明者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所又は居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。捜索願を出す理由として、聞込みや情報収集がスムーズにおこなえます。また、事件性が高い、命に危険が及んでいる、一人では生活が不可能など警察が動かざるを得ないといった状況である場合は、警察による様々な捜索が行われることになります。

家出人発見場所

家出人の多くは捜索から約7日以内に発見されますが、家出人捜索の一般的な発見率は、約10日を経過した辺りから著しく低下すると言われています。所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自殺の可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。ただの家出と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながるのです。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 街や家出サイト上で声をかけてきた人の自宅
  • 住込可能な職場
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 知人宅や恋人・愛人宅
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内

探偵無料相談を活用する

家出人相談窓口

家出人に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避出来る可能性が高いことから早めに動くことが必要です。自分での家出人探しや警察での対応に不安を感じたら早急にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口では、独自のネットワークを構築しており日本全国から情報を集められることにより、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

全国いたるところ、隅々まで広がるネットワークを駆使しての行方不明者、家出人の調査技術は、皆様から大変な感謝を頂いております。永年培ったノウハウを活かし、人探し・行方調査専門窓口が総力をあげて応援します。家出調査なら人探し・行方調査専門窓口にお任せ下さい。

家出調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

家出人調査相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop