人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > どうやって人探しをするのか?|居場所調査|人探し専門窓口
公開日: 2019/09/17
人探しガイド
 公開日: 2019/09/17

どうやって人探しをするのか?|居場所調査|人探し専門窓口

突然の家出や失踪など、目の前から姿を消してしまうとパニックになり何もできないものです。しかし家出や失踪といった事案は命に直結することが多いため、迷っている時間があるなら一刻も早く自分でできる調査を進めてください。このページでは、人探しを専門家に頼む前に自分でできる人探しについてご説明致します。

自分で行う人探しガイド

どうやって人探しをするのか?

自分で行う人探し

人探しも調査会社を使わずに行えることが可能になった今日。インターネットで「人探し」を検索すると、人探しをするポイントや会いたい理由をどのように協力者に伝える方法などサイトやブログで見つけることができます。

人探しのプロである調査会社も数多くありますから、コストと合わせて値段と調査方法を見比べてみるのもいいかもしれません。人探しは昔ながらの聞き込みや張り込みや独自のネットワークを駆使して行いますが、失踪された人の状況に左右されるので、「どうやって」人探しをするのかで見つけ出す時間が短縮することができるでしょう。

「どうやって人探しをするのか?」これは失踪した人の年齢や性別で人探しの方法が違ってきます。

人探し相談事例

小さい子を連れた母親が失踪した事例

オムツなどが家から持っていってないか私物を確認する。小さい子供のオモチャやオムツ、保険証などが家にない場合は、小児科が近くにあるエリアか母親が匿われる環境。実家や兄弟の家にいる可能性があるので、家族に連絡を入れてみましょう。プチ家出であれば、エアコンが効いてる児童館や図書館。公共の施設にいるかもしれません。保育所など子どもを預けてる可能性はあるかもしれません。

未成年の場合

SNSのアカウントを把握して、ツイッター、フェイスブック、YouTube、ツイキャスで足跡を残してないか調べる10代 20代はスマホ依存と言っていいくらい、スマーフォンの画面に釘付けです。オンラインゲーム(対戦型)であれば、ゲームのなかのコミュニティ同士でやり取りして、失踪する事例が増えていり傾向があります。そこから、特殊詐欺の売り子や犯罪に手を染めてしまうリスクも生まれるため、普段からSNSのアカを把握しておくと、失踪時にオンライン調査で追跡が可能になります。

夫の場合

出社してるかどうか勤め先に連絡して、「急な出張があるかどうか」「無断欠勤していないか」「勤務先で何かトラブルがなかったか」など確認します。不倫や愛人が関係している場合、出張を偽って浮気している可能性があります。この場合は、クレジットカードや出金記録から現在の位置をたどり周辺を調査する形になります。

高齢の家族の場合

GPS機能を持たせている場合、GPSで居場所を特定できるようにする。チラシを配る、老人会やリンリンパトロールや防犯パトロールなどに人探しの依頼します。公園のベンチで座ってるのを見つけたという事例がありますので、近所のコミュニティを利用しましょう。普段から使ってる介護老人施設へ相談するのもおすすめです。

人探しの調査で皆さんに注意しておきたい点があります。

それは、「調査目的」になります。探偵事務所は依頼があれば、調査をして結果を報告書にまとめて資料をお渡しします。その情報をどのように利用するかは、基本「依頼人」に託しているのです。依頼人が「犯罪行為」に利用すれば探偵事務所も「加担者」となりますので慎重に「調査目的」や「調査理由」を確認します。

聞き込み調査の方法とは

少ない情報から情報を集める

人探しの問い合わせは十人十色。離婚した元夫の養育費が未払いで、所在が分からないため所在を突き止めたい。離婚に関する理由や夜逃げ。あとは引っ越し先が分からない人を探してほしいなど。インターネットで調査するネットリサーチ調査やデータ調査で会いたい人の情報を探せることができますが、やなり従来の聞き込み調査が主流となります。「聞き込み調査はどのような方法で行われているのですか?」という問い合わせがありましたので、調査会社が使う方法を少しお教えします。

  • 友人から得た情報から行動範囲を調べる。(よく利用する公共交通機関、どこでバス停を乗り降りするのか)
  • SNSを使って、よく飲みに行ってる人から状況を聞き出す。(転職した、今度いつのイベントに参加するか。もしくは運営側として現地にいくのか)
  • 仲のいい職場の同僚から社内での雰囲気や変わった様子などを聞く。
  • 失踪に結びつかなくても、「あっそういえば」という話が伏線となってる可能性があるため、何かしら家族が知らない情報があれば細かく記録する
  • 友人とかオンラインゲームの交流、失踪に手伝ったであろう人物の情報かあれば 失踪した日を照らし合わせて、失踪人の服装、持ち物、手伝ったとされる人物の容姿、車種、車の色などを記録する。
  • 賃貸の場合、解約した日を不動産会社に聞いてください。また、解約した賃貸の近隣住民や管理人にも聞込み調査を行う。
  • 聞き込む場合は、午前10時から午後20時までにして、深夜は避けましょう。
  • 車での移動の場合、不審な車両と思われないようにする。

突然の失踪は必ず理由と協力者が必要です。仕事先の斡旋も、職場のツテで見つける可能性も高いため、仕事での交流先を徹底的に聞き込み調査をしていきます。最近は、オンライン上の交流で知り合うという機会が多くなってきてるので、ネットリサーチ調査と併用して行うこともあります。

失踪の場合、住民票を移したり賃貸物件を借りると足が付く場合もあると考えますから、寮付きの会社にいることも踏まえて、住み込みで働く会社に聞き込み調査をしたりします。用心深いとどんな情報も漏らさない協力者もいますので、調査会社も協力者の方をマークして失踪人を探すという手段を使います。

人探し電話無料相談は24時間受け付けております

全国どこでも出張無料24時間対応

お住まいの場所などの都合で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制です。24時間、土日祝日もご予約を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

人探し・行方専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決24時間サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

人探し・行方専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

人探し・行方専門窓口は、家出・失踪者の行動心理学という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop