ホーム > 2-1 家族・親族の人探し関連記事 > 離婚した元妻の住所を調べるなら探偵者にお任せください
公開日: 2024/05/20
2-1 家族・親族の人探し関連記事
 公開日: 2024/05/20

離婚した元妻の住所を調べるなら探偵者にお任せください

元妻の近況が気になる

離婚した元妻の所在がわからない場合に、住所を調べる方法はあるのでしょうか。

住所を特定する方法、住所を教えてもらえないケースなど、さまざまな目的に適応する有効な方法を紹介しています。

キャリアウーマンアイコン

執筆者:吉田
2024年5月20日

人探し調査員歴8年。自身の関係者が失踪した辛い経験を持つ。独学で多くの捜索方法とカウンセリングを学び実践。豊富な実践経験から探偵の門を叩き、捜索、カウンセリングのプロとして活躍中。

監修者ページ

目次

元妻の住所を調べたい

元妻を探したい理由

元妻を取りたい、住所を知りたい理由は、子どもがいる場合を含めると、次のように多岐にわたることが考えられます。

住所を特定したい理由

復縁したい

子どもの有無に関わらず、妻や家族に対する愛情が残っており、関係を修復してやり直したいという気持ちから。

謝罪したい

自分の行ないや振る舞いが原因で別れた場合、妻に謝罪した気持ちや許してほしい気持ちが未練として残っている。

元妻が再婚したことを確かめたい

妻が再婚すれば、再婚相手と養子縁組している場合に、支払いの義務が再婚相手に移るため、再婚しているかどうか確かめたい意思がある。

養育費について相談したい

減給や失業が原因で養育費の支払いが厳しくなったため、妻に減額を交渉したいから。

親権について話し合いたい

離婚後に妻の不貞行為が判明したり、現在の子どもの置かれている劣悪な環境が危惧されたりする場合に、親権の取得を要求するため。

妻らの生活状況を知りたい

子どもを含む妻の現在の生活状況が心配なので、把握しておきたいから。

その他にどんな理由がある?

離婚後、慰謝料を請求する場合や、子どもとの面会交流の問題が発生した場合なども、法的手続きや司法手続きのため元妻の住所を知る必要があります。

元妻の住所を調べる方法

人探しする方法

元妻と連絡が途絶えてしまったり、行方がわからなくなったりしても、基本的に現住所を知る法的な権利は認められていません。

離婚後、元配偶者と連絡を取りたいのに、音信不通のうえ、住所もわからないのであれば、もう打つ手なしのように感じますが、可能な範囲んで自分で相手の住所を調べる方法はあります。

自分で調べる方法

基本的に元妻との連絡が研ぎえれたり、行方がわからなくなっても、現住所を知る法的な権利は認められていません。

ただし、やむを得ない事情や法的な変更の手続きが必要な場合のためにも、相手の住所を正確に把握しておく必要があります。

以下に、法律の範囲内で自分で調べる方法をについて紹介してます。

知人や親戚に住所を聞く

親戚や共通の友人・知人の誰か1人ぐらいは住所(居場所)を知っている可能性はあります。

つながりがありそうな人物を見つけられ、協力を得られそうなら、そこから数珠つながりで居場所を特定できるかもしれません。

戸籍の附表を取得する

戸籍の附票は、本籍地が変わらない限り、すべての移転先の住所が記載されているので、本籍地がわかっていれば、戸籍の附票を取得する方が手っ取り早いこともあります。

戸籍の附票は本籍地の市区町村役場で入手することができます。ただ、戸籍の附票の取得についても、相手が本籍地を変えてしまっていれば取得が難しくなります。

住民票を取得する

住民票からも移転先を調べることはできます。

住民票は、引っ越しなどで住所地が変わると住民票の除票となり、転出先の住所や、転出した年月日が記載されています。

このため、住民票の除票を取得することで、現在の住所地にたどり着くことができます。ただ、相手が住民票に閲覧制限をかけている場合も、取得の許可は下りません。

過去の住所に手紙を出す

元妻の過去の住所がわかるなら、手紙を出した際に転居先に配達してくれることがあります。

配達先不明で送り返されないなら、それが転居先を探る手掛かりになります。ただし、現住所に転送されるのは、転居届を出してから1年間だけです。

不動産登記簿を調べる

相手が不動産を所有していてその所在地がわかるなら、但しこの方法も、あくまで相手が登録している住所がわかるだけで、確実に生活している現住所が特定できるわけではありません。

住民票や戸籍の附票の取得が不可能なケース

住民票や戸籍の附表は必ず取得できるわけではありません。

戸籍の附票も相手が再婚しているなどの理由で本籍地を変更していれば、取得できない場合もあることなど、個人では限界があります。

また、家族が転居届を役所に出していなければ現住所はわかりません。

住民票は原則、同一世帯に暮らしている者でなければ取得できないため、すでに離婚してしまった場合は取得できません。

何らかの正当な理由があれば取得が認められるケースもありますが、正当な理由を示したとしても、市区町村役場が認めなければ取得はできません。

探偵の住所特定調査

どうしても難しい場合は弁護士や探偵などの調査の専門家に相談し、アドバイスをもらうことが重要です。

探偵の人探し調査は、元妻の居場所(住所)を特定する調査です。

ご提供いただいた情報を基に、関係各所への聞き込み調査、尾行や張り込みなどの行動調査、潜入調査、オンライン調査など、あらゆる調査を組み合わせてお調べします。

探偵の人探し料金は?

人探し調査料金の違い

人探し探偵調査窓口の基本料金は、132,000円(税込)~です。

人探しは、事前の情報量・信憑性・年数の経過、調査員の人数、調査期間(日数、時間数)に応じて費用が算出されます。

人探しに有効な手がかり

人探し調査は、ご提供いただく情報量により料金が変わります。

元妻の「身元・人脈・行動パターン・オンライン活動」に関する情報を整理しましょう。

身元に関する情報

名前、年齢、生年月日、携帯番号、メールアドレス、家族構成、学歴(出身校)、車両ナンバー、写真、外見的な特徴、住民票(家族) etc…

人脈に関する情報

家族、恋人、友人、同僚、知人、同級生 etc…

行動パターン

社交関係、生活習慣、交友関係、生活リズム、移動パターン、通勤通学ルート、趣味・趣向 etc…

オンライン活動

ブログ、ウェブサイト、SNSのアカウント、ゲームのアカウント情報 etc…

人探しの相場は?

元妻の人探しの相場は、おおよ165,000~600,000円(税込)前後となります。

ご相談者によって状況は異なるため、費用もそれぞれの案件によって異なります。正確な金額については、見積もりをお問い合わせください。

また、ご予算をお知らせいただければ、「最適な調査プラン」をご提案いたします。

元妻を見つけた後の調査

見つけた後の調査は、人探し調査の目的により、取得する情報の種類が異なります。

幸せか知りたい場合「生活状態の確認調査」、シングルか知りたい場合「身辺調査」、養育費や慰謝料を請求したい場合「勤務先調査」など。

人探し調査」+「各種調査」だとお考えください。

以下は、元妻を見つけた後に実地可能な調査の一部です。

元妻を見つけた後のサポート

見つけた後の調査は、人探し調査の最終的な着地点により、取得する情報の種類が異なります。

人探し調査」+「サポート内容」だとお考えください。

以下は、見つけた後に実地可能なサポートの一部です。

依頼をお受けできない案件

探偵の人探し調査は、違法な差別や犯罪行為を目的とした依頼や違法行為による情報収集調査は、お受けすることができません。

面談にお越し頂いても調査をすることで事件につながると判断した場合は、依頼をお断りさせていただきますのでご了承ください。

人探しをお考えの方は、調査の目的や最終的な着地点をお聞かせください。

各種調査で取得できる情報とは

各種調査を行なう過程で得た情報は、ご依頼者に全てお伝えいたします。

以下は、調査の過程で取得できる情報の一部です。

  • 勤務先
  • 連絡先
  • 家族構成
  • 配偶者の有無
  • 交際相手の有無
  • 行きつけのお店
  • 交流のある人物・関係者 etc…

配偶者の有無につきましては、探偵社は戸籍を取得することはできません。普段の生活状況から判断いたします。

3つの料金プラン

📂 安心コミコミプラン

諸経費は基本料金に含まれていますので、追加料金は一切いただきません。

📂 成功報酬プラン

対象者が見つかった場合にのみ報酬が発生いたします。確実な成果に対して支払いを行ない、ご依頼者のリスクは最小限に抑えられます。

成功報酬プランは、着手金が発生いたします。

📂 カスタムプラン

自分に適したプランを選びたい方や希望予算内で調査依頼を考えている方にお勧めしています。

結果に結びつかないケース

人探し調査で、「判明しない多くの理由」としては、ご提供いただいた事前の情報に間違いがあった場合です。

間違った情報をもとに調査を行なうことで、該当者が判明しない、もしくは、全くの別人であることがあります。

また、何年も前の情報を完璧に覚えている人は少ないかと思います。

探偵に特殊な調査権限はありません。戸籍登録・マイナンバー・ライフライン・郵便局・陸運局・携帯会社・金融会社のデータは取得はいたしかねます。

見つかるまでの期間の目安

元妻の人探し調査は、「事前情報の量・信憑性・年数の経過、難易度」によって異なります。

調査期間は1週間から数ヶ月かかる場合がありますが、最短で1日で見つかることもあります。

年数が経過し、情報が不確かな場合は時間がかかることもあります。

情報量が調査の進行に大きな影響を与えます。できるだけ多くの正確な情報をご準備ください。

調査期間に応じて費用が発生しますので、依頼前に担当者と十分な打ち合わせを行ないましょう。

元妻の住所特定調査の相談事例

考えこんでいる男性

【相談事例】

別れた元妻と、もう一度、福井園のチャンスがほしいです。また、養育費や親権についても話し合いたいのですが、妻の所在も連絡先もわかりません。

ただ、離婚した原因が私の不貞行為だったので、妻は会うことを拒むと思います。住所を特定してもらえたら、妻に謝罪と将来についての話し合いをしたいと考えています。

探偵の調査結果の感想

調査の結果、元妻の住所を特定することができました。生活状況を確認したところ、元妻は再婚しており、子どもは新しい環境で充実して過ごしている様子でした。

復縁は叶いませんでしたが、子どもが近いうち再婚相手と養子縁組することがわかったので、養育費の支払いの義務もなくなることになりそうです。

元妻は住所を教えることを拒んでいるようなので、会うことはできませんでした。

子どもとの面会のお願いとともに、過去の行ないに対する謝罪の手紙を元妻に渡してもらい、晴れ晴れとした気持ちになることができました。

住所を教えてもらえない場合は?

探偵の調査によって住所が特定できたとしても、ご依頼者に住所を開示できない場合があります。それは以下にような場合になります。

  • 元妻が会うのを拒んでいる
  • ストーカーなど不法行為につながる場合
  • 正当な理由と認められない場合

何が「正当な理由」に当たるのかについては、役所の判断になるので、役所に相談し、正当な理由に当たり請求可能ならば、どのような書類が必要なのかを確認するようにしましょう。

人探しの無料相談窓口

元妻の住所がわからなくて、お困りの方は当事務所の調査をご利用ください。

当事務所の人探し調査は、全国トップレベルの実績を誇ります。

ご依頼者の91%が調査結果に満足しており、「良かった」と高い評価をいただいています。

当事務所の無料相談では、元妻探しにおける専門家のアドバイスを受けられ、住所(居場所)調査の概要についてご説明いたします。

ご相談内容が外部に漏れることはありません。ご安心なさってください。

最短で当日の面談が可能

探偵の相談窓口

少しでも迷っているのでしたら、無料相談をご利用ください。無料相談で解決する問題もあります。お気軽にお問合せください。

事務所にお越しになることができない方の為に、人探し調査専門家が無料にてご自宅またはご指定の場所へ伺います。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。

他社で断られた案件も対応いたします。少しでも迷っているのでしたら、無料相談をご利用ください。無料相談で解決する問題もあります。

人探しに関するご相談や見積作成は、お問い合わせフォーム、電話、メール、LINEから24時間365日(土日祝日問わず)お受けしています。

お問い合わせフォーム

相談の段階では、匿名で相談できます。ご相談内容は外部に漏れることはございません。安心してお話しいただけます。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    人探し相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

    (C) 人探し探偵調査窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談