人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > ドローンによる山岳捜索・人探し調査
公開日: 2019/12/02 最終更新日: 2019/11/22
人探しガイド
 公開日: 2019/12/02 最終更新日: 2019/11/22

ドローンによる山岳捜索・人探し調査

突然の家出や失踪など、目の前から姿を消してしまうとパニックになり何もできないものです。しかし家出といった事案は命に直結することが多いため、迷っている時間があるなら一刻も早く専門家にご相談ください。このページでは、ドローンを使った家出人の探し方、ドローン調査のメリット、相談方法から利用方法までご説明致します。家出・失踪人探しをお考えの方は下記の解決方法をご参考ください。

家出・失踪人捜索相談窓口のご案内

ドローンについて

ドローンとは何?

ドローンとは無人飛行機のことで、近年無人小型ヘリコプターを利用して偵察に飛ばしたり、救援物資を届けたり、用途は様々です。ドローンが注目されている理由は、ヘリコプターなどに比べ安価であり、価格の割に高機能だからです。

ドローンを使った人探し

近年、期待されているのが「ドローンによる調査」です。人探しの中で、「自殺に関連した遭難」「雑木林など人が入りずらい場所での人探し」を短時間で調査することが可能です。また居場所が特定できたとしても、車両での侵入が困難な場所や、人が入り込めないエリアなど存在します。ドローンの普及により空撮はもとより、空からの監視・観測、空からの警備、空からの物流など調査範囲が広がっていくと予測されています。

7歳の子どもがキャンプ場から失踪したニュースは記憶に新しいと思います。この捜索でもドローンによる、子どもが向かったルート、迷子になりやすいルート、下山したと想定したルートなどを推測するために役に立ちます。今後の探偵事務所にも調査ツールの1つとして「ドローンの空撮」ができることが「ドローンの有無」が依頼基準として採用される可能性は高いのです。

ドローン調査のメリット

ドローンを導入している探偵事務所

ヘリコプターだと1回約50万円くらいはがかります。しかも、低空飛行しかできないためおよその目的地しか分からないというデメリットがありますが、ドローンの場合、同じ予算でも密集地、雑木林、高性能の動画撮影が可能で、狭い脇道、林の中など、人が入れないエリアを調査が可能というのが大きな利点です。

そこから人間が1人で入れるエリアなのか。どんな場所で寒さや暑さをしのいでいるのか。どのルートで国道や駅に着くのか。など地元の人でも知り得ない情報を得ることができると期待されています。もちろん、夜間や市街地で堂々とドローンを飛ばすことはできません。きちんと許可を得た段階で調査をすることになりますので、諸費用は本来の費用に比べて割高になる可能性は否定できません。

しかし、ドローンがあれば解決できたかもしれない未解決な失踪事件もあります。探偵事務所によりけりですが、ドローンの調査を採用しているのなら、人探しにどんなメリットがあるのかを確認しておくと良いかもしれません。今後、導入されるドローンの調査力が入れば、早期解決される可能性も高くなるということです。もちろん、ドローンならではの航空法による制限を受けるデメリットを考えて、人探しの選択に入れてみてください。

家出・失踪人を探す前に行うこと

(1)捜索願を出す

捜索願とは、行方不明者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所又は居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。捜索願を出す理由として、聞込みや情報収集がスムーズにできます。また、事件性が高い、命に危険が及んでいる、一人では生活が不可能など警察が動かざるを得ないといった状況である場合は、警察による様々な捜索が行われることになります。

(2)持っていった物を確認

家出人が持っていった物を確認することで、突発的な決断なのか、計画的な家出なのか、犯罪に巻き込まれた可能性があるのかなど原因を調べることから始まります。確認する点としては、身分証明(運転免許・健康保険・パスポート)、所持金(売れる物も含む)、通信機器(携帯電話・パソコン・タブレット)、金融情報(通帳・クレジットカード)、移動手段(徒歩・車・自転車など)は最低でも確認し警察に捜索願の届出を行います。

(3)家出した付近から捜索する

家出人の多くは捜索から約7日以内に発見されますが、家出人捜索の一般的な発見率は、約10日を経過した辺りから著しく低下すると言われています。所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自殺の可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。ただの家出と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながるのです。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 街や家出サイト上で声をかけてきた人の自宅
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 自宅から一番近い山や川沿い
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内

まずは探偵無料相談から

家出・失踪相談窓口

家出・失踪に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避出来る可能性が高いことから早めに動くことが必要です。自分で闇雲に探しても時間だけが過ぎていって、手遅れになる可能性が高いです。家出してからなるべく早く探偵に依頼して、集中的に的確な捜索を行えば最悪の事態を避けやすくなるのです

全国いたるところ、隅々まで広がるネットワークを駆使しての行方不明者、家出人の調査技術は、皆様から大変な感謝を頂いております。永年培ったノウハウを活かし、人探し・行方調査専門窓口が総力をあげて応援します。家出・失踪捜索調査なら人探し・行方調査専門窓口にお任せ下さい。

自殺志願の対応まで

死にたい気持ちに関連した問題を解決する上で、当社専属カウンセラーを通じて支援を受けることができます。家族がまず行うことは、はっきり言葉に出して「あなたのことを心配している」と伝えてください。そして、自殺の原因となった相手の絶望的な気持ちを徹底的に傾聴し、危ないと思ったら、まず本人の安全を確保し周囲の人の協力を得て、適切な対処をしてください。

家出・失踪調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

家出・失踪調査相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop