人探しガイド

Guide

公開日: 2019/09/12 最終更新日: 2019/11/19
人探しガイド
 公開日: 2019/09/12 最終更新日: 2019/11/19

借金で失踪した人を探すために必要な情報とは

金銭問題による失踪者は年々増加しています。しかも借金での失踪は悪い結果を生む可能性が非常に高いとも言われています。本記事では、借金を残して失踪した人の探し方・調査方法などについて解説します。

借金で失踪人探しガイド

借金に関する人探し

失踪がご家族の場合、発生する様々な問題

人探しとひとまとめにしても、様々な依頼があります。人探しでとても多いのが、「借金による失踪をした人を探してほしい」「借金を返してほしい」話し合いのために会いたいなど、依頼人の悲痛の問い合わせは、私たちにとっても心が痛くなります。最近は、未成年の特殊詐欺の「受け子」「出し子」のバイトをしてる子どもを探してほしい、第三者に借金をさせる行為をやめさせる為、会って話がしたいなど危険度が高い人探しも多いというのが今の現状です。

「借用書」の有無

借金が原因で失踪した人を探す場合、「借用書」の有無が調査を左右します。理由として、もし相手が見つかったとしても、「お金なんか借りていない」とシラを切られてしまうと、それを証明するのは難しく、調査費用も回収することが難しくなります。

人探しの際は、借用書に記載されてる住所を基に、住民票・住民基本台帳を閲覧することができます。賃貸契約書や借用書・公正証書などを証明書として、裁判など公的措置を取るためという理由で閲覧申請をすれば、閲覧出来ますので居場所を特定することも可能ですが、金銭問題で失踪した人物が住民票移転届出をするケースは少ないのが現状です。

借金で失踪した人探し相談事例

借金で失踪した理由として

  • 特殊詐欺に手を染めて失踪
  • 計画倒産して海外逃亡
  • 弱みを握られていて借金を背負わされた
  • 騙されて保証人となってしまった
  • 多重債務になり首が回らなくなった
  • 元金保証の投資話を友人から勧められ投資したらいなくなった

人探しの調査で皆さんに注意しておきたい点があります。

それは、「調査目的」になります。探偵事務所は依頼があれば、調査をして結果を報告書にまとめて資料をお渡しします。その情報をどのように利用するかは、基本「依頼人」に託しているのです。依頼人が「犯罪行為」に利用すれば探偵事務所も「加担者」となりますので慎重に「調査目的」や「調査理由」を確認します。

失踪人を探すのに、どんな情報が必要か?

少ない情報でも人探しはできるか?

失踪の居場所探しであれば、氏名(フルネーム漢字)が最低でも必要になります。名前から調査すると、「時間」や「費用」がかかり大変な調査となりますので、最低でも氏名(フルネーム漢字)は入手しましょう。相手が詐欺師の場合は、「振り込んだ口座情報」や「車のナンバー」「顔写真」「携帯電話」から割り出すことも可能なので必ずメモしましょう。

次に重要となるのが、旧住所になります。旧住所から新住所の割り出しができるケースがあり、他にも聞込みなどにも有効な情報となります。生年月日については、「氏名検索」をする場合、同姓同名が多い場合に有効です。探偵事務所は、独自の情報収集を行うので本人であるかどうか確認するために生年月日を利用します。

探し人が女性で、結婚している可能性が高く、実家も引っ越している場合、世帯主の氏名から情報収集を行う調査もあります。少ない情報でも、見つかる可能性は充分にあるので、諦めずに一度ご相談ください。

  • 「氏名」「旧住所」「生年月日」 ★★★ 基本情報として必要
  • 「顔写真」「移動手段」「交友関係」 ★★ 聞込み及び張込調査に必要 
  • 「ご両親の名前・実家・電話番号」「交際相手」  ★★ 潜伏する可能性大

人探し電話無料相談は24時間受け付けております

全国どこでも出張無料24時間対応

お住まいの場所などの都合で相談ルームまで来られない方のために、人探し・行方調査専門窓口では出張相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制です。24時間、土日祝日もご予約を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

人探し・行方専門窓口が選ばれる3つの理由

安心の解決24時間サポート

土・日・祝も含む365日何度でも解決サポートを受けることができ、追加料金は一切かかりません。電話によるサポートは担当者直通のため繋がり易く、依頼人をお待たせいたしません。

専属担当制サポート

人探し・行方専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。複数の目で依頼人の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。

徹底的に行う調査・分析

人探し・行方専門窓口は、家出・失踪者の行動心理学という観点から、被害者の状況を徹底的に調査・分析します。その上で、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop