失踪人捜索調査関連記事

ホーム > 失踪人捜索調査関連記事 > 借金で失踪した相手を探し出すために必要な情報
公開日: 2021/12/20 最終更新日: 2022/01/26
失踪人捜索調査関連記事
 公開日: 2021/12/20 最終更新日: 2022/01/26

借金で失踪した相手を探し出すために必要な情報

お金を貸した相手と連絡が取れない…。「もしかして逃げられた?」

金銭問題による失踪者は年々増加しています。借金での失踪は見つけるのが非常に難しく、結果的に解決できないケースが多いといいます。
本記事では、借金を残して失踪した人の調査方法などについて解説します。

借金で失踪お役立ち情報

相談者
失踪人捜索調査
2021年12月20日 更新
失踪人捜索調査の担当者が書いた失踪人捜索調査の記事です。当事務所の失踪側索調査は依頼された多数の方から高い評価を受けております。
借金による失踪人の行方を特定し、ご依頼者がご満足いく解決へとつなげることができますよう、尽力いたします。

借金にまつわるさまざまなトラブル

借金失踪人調査-1

借金で失踪することで発生するトラブル

人探しの調査相談で多いのが、「借金による失踪をした人を探してほしい」「借金を返してほしい」などの悲痛の問い合わせです。

金銭問題は被害に遭った当事者にとっては非常に切実な問題です。最近は、故意に第三者に借金をさせる詐欺まがい行為も耳にします。借金と一言で言ってもその闇は深いものです。

【借金にまつわるトラブル例】
  • お金を貸した途端、音信不通になった
  • 計画倒産して海外逃亡
  • 騙されて保証人となってしまった
  • 未成年のわが子が借金詐欺に加担して行方不明になった
  • 別れた恋人に借金を踏み倒されたので居場所を知りたい

借金で失踪した人を探すとき確認しておきたいこと

借りたお金を返さない理由を探る

世間的な常識から考えても道徳的にも、借りたものを返さないことは当然悪い行ないです。借金を返さないことは法的に、社会的制裁を受けてるほどの犯罪として成立し、逮捕・起訴される可能性はあるのでしょうか?

同じ借金でも、お金を借りる段階で返す意思があったのかどうかによっても罪の大きさは違っているようです。金で失踪する人の真意は大きく分けて2つが考えられます。

借金を返済せず失踪する人の真意
借金で失踪する人の真意

借金失踪した相手はどんな罪に問われるのか

詐欺罪に問われる場合、重要なポイントは借金した時点で計画的にお金を騙し取る意思があったかどうかです。

当初から返す意思がないのに、「返す」と嘘をついていた場合には、詐欺罪が成立します。

刑法246条 1項「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。」 

詐欺罪の成立には、借金する時点で「だます行為をしている」ことを本人が認識しているこ詐欺の故意が必要になります。

そのため、お金を借りるときは返すつもりがあったという場合、詐欺の故意がないので詐欺罪は成立しないのです。

「借用書」の有無

借金が原因で失踪した人を探す場合、「借用書」の有無が調査を左右します。

理由として、もし相手が見つかったとしても、「お金なんか借りていない」とシラを切られてしまうと、それを証明するのは難しく、調査費用も回収することが難しくなります。

人探しの際は、借用書に記載されてる住所を基に、住民票・住民基本台帳を閲覧することができます。

賃貸契約書や借用書・公正証書などを証明書として、裁判など公的措置を取るためという理由で閲覧申請をすれば、閲覧できますので居場所を特定することも可能ですが、金銭問題で失踪した人物が住民票移転届出をするケースは少ないのが現状です。

借金で失踪した相手を探すときの対処法

借金失踪人-2

お金を返済してもらうためにすべきこと

借金した相手が失踪したときは、何とか動揺を抑え冷静を取り戻し、返済してもらうためにすべき行動を取るべきです。
本人と連絡が取れない、自宅はもぬけの殻だったときは次なる対処法取ってみてください。

  • 共通の知人を始め交友関係から行方を捜す
  • 失踪人の親に借金のことを話す
  • SNSなどネット経由で本人に返してほしいと伝える
  • 借金が悪質な場合法的手段を取る
  • 失踪人捜索を専門家に依頼する
自力で問題解決することは難しい

借金の失踪人は、お金を返せない、または返したくないから必死で逃げているため、そう簡単に見つかりはしません。
人づてに聞いてやっと見つけ出しても、そこからさらに引越しを繰り返したり、新たな偽名を使ったり、職場を転々とすれば、手がかりもわからなくなり、探し出すまでに底知れない労力を費やすことになりかねません。

失踪人捜索調査をおすすめする3つの理由

独自のノウハウを使った捜索

お金を貸した相手が失踪してしまった場合は、焦らず慌てずまず自分ができる範囲で行方を捜してみます。

それでも行方探しが難航するようなら、早急に探偵事務所や興信所などの専門家を調査依頼することをお勧めいたします。

失踪人捜索に関する知識と経験豊かな調査員の捜索は、無駄がなく速やかに、確実な現在の所在地をご報告することができます。

専属担当制サポート

人探し・行方専門窓口は、担当者調査責任者の複数体制で調査に対応しております。

複数の目でご依頼者の問題を多角的な観点からチェック、調査方法を協議し、適確・迅速に解決へと導きます。調査途中で担当者が変わったり、調査内容によって窓口が変わったりする調査体制では効率がよいとはいえません。

徹底的に行なう調査・分析

人探し・行方専門窓口は、家出・失踪者の行動心理学という観点から、対象者の状況を徹底的に調査・分析します。そのうえで、無駄のない解決策を模索・検討し、調査内容をカスタマイズします。

内容によってはご依頼者に調査協力もお願いすることもありますが、発見するための最短ルートであることをご理解ください。

少ない情報でも人探しはできるか?

最低でも氏名(フルネーム漢字)は入手しましょう。
名前が不明なケースは「時間」や「費用」がかかり大変な調査となります。

相手が詐欺師の場合は、「振り込んだ口座情報」や「車のナンバー」「顔写真」「携帯電話」から割り出すことも可能なので必ずメモしましょう。

次に重要となるのが、旧住所になります。旧住所から新住所の割り出しができるケースがあり、他にも聞込みなどにも有効な情報となります。

生年月日については、「氏名検索」をする場合、同姓同名が多い場合に有効です。探偵事務所は、独自の情報収集を行なうので本人であるかどうか確認するために生年月日を利用します。

  • 「氏名」「旧住所」「生年月日」 ※基本情報として必要
  • 「顔写真」「移動手段」「交友関係」  ※聞込み及び張込調査に必要 
  • 「ご両親の名前・実家・電話番号」「交際相手」   ※潜伏する可能性大

失踪人捜索調査窓口

あなたのお悩み

全国どこでも出張無料24時間対応

お住まいの場所などの都合で相談ルームまで来られない方のために、人探し専門調査窓口では出張相談を実施しております。

各エリアの出張相談は、全て予約制です。24時間、土日祝日もご予約を受け付けていますのでお気軽にご相談ください。

まず、現状について相談することから始めましょう。

人探し相談フォーム

現在お探している人の状況、調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい

    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    人探し相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    人探し専門調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) 人探し専門調査窓口. All Rights Reserved.

    (C) 人探し専門調査窓口

    pageTop