全国マップ - 5-2 富山県関連記事

ホーム > 全国マップ > 5-2 富山県関連記事 > 会いたい人を探す方法|尋ね人|富山県専門
公開日: 2022/03/01 最終更新日: 2022/04/26
5-2 富山県関連記事5-2 富山県関連記事
 公開日: 2022/03/01 最終更新日: 2022/04/26

会いたい人を探す方法|尋ね人|富山県専門

橋

富山県は、南北にのびる日本列島の中心、本州の中央北部に位置しており、人口は約105万人。三方を北アルプス立山連峰などの山岳地帯に囲まれ、深い湾を抱くように大きく平野が広がる地形です。

美しく豊かな自然環境に恵まれ、四季の移り変わりが鮮明で、多種多様な動植物が見られる観光県でもあります。

富山県内の人探し・行方調査の相談事例・調査の注意事項など、人探し・行方調査に関するご相談を随時行なっております。人探し・行方調査をご検討中の方は、ご参考になさってください。

目次│富山県の人探し・行方調査のご案内

相談者
富山の人探し・行方調査
2022年1月26日
人探し・行方調査の担当者が書いた人探し・行方調査の担当者が書いた富山の人探し・行方調査の記事です。人探し・行方調査をご依頼の際は、探す対象者の情報を可能な限り多く準備することでスムーズな調査が可能となります。

会いたい人はいますか?

何もしない後悔は一生残る!!

誰にでも会いたい人はいるのではないでしょうか?会いたい人に会えない気持ちを抱えたまま過ごすのは、想像以上に辛いことだと思います。

会いたい人に会えない理由や状況はさまざまだと思いますが、大切なのは“あなたの気持ち”です。思い続けているだけでは、会いたい人には会えません。

会いたい人がずっと元気でいてくれる、いつか会えると思いますか?残念ですが時間には限りがあります。会いたい人に会えなかった、探そうとしなかった後悔は一生残ります。

必要なのは少しの勇気と行動です。会いたい人を思い続け、悩み続ける前にできることをしてみませんか?限りある時間のなかで後悔のない選択をしてください。

富山の人探し・行方調査事例

実際に当事務所が実施した、人探し調査と行方調査の過去の事例をご紹介いたします。なお本事例は、ご依頼者の許可を得たうえで一部内容を変更して掲載しております。

人探し調査の相談事例1

弟と10年間、音信不通の状態で、先ごろ、母が他界したが、連絡が取れなかったため、調査を依頼。調査対象者の弟は職もなかなか落ち着かない性格。

50歳も超えているが、荒れた生活をしている可能性が高く、違法行為に手を染めている可能性もあります。10年前に他界した父の遺産の一部を相続として受け取っており、それを切り崩して生活していると思われます。

人探し調査の相談事例2

20年ほど前に別れた妻と2人の子どもの生活状況などを調べてほしいというご依頼。わかっているのは、別れたときの住所と元妻、子どもの名前のみ。病気がきっかけで失業し、同時に夫婦関係も破綻し、妻は、子どもを連れて出ていき、離婚に至りました。

ご依頼者は現在、年金暮らしで元妻や子供に金銭的援助をするつもりも、お願いするつもりもないが、別れた家族がどうしているか、気になり、相談に至った経緯があります。

行方調査の相談事例1

調査対象者は、依頼があれば、1人で業務を請け負う、いわゆる「一人親方」の人物。

腕は確かだったものの、金遣いが荒く。数回、お金を貸して、その総額は500万円以上。その後、返済が滞ったまま、連絡が取れなくなりました。

付き合いが長かったので、同業者にも所在などをあたったものの、その時期を境に誰一人、姿を見た人がおらず、行方不明に。ご依頼者はお金の回収はあきらめているものの、どこででどんな生活をしているのか知りたいと、相談に至りました。

行方調査の相談事例2

40代女性主婦からのご依頼。大学生の息子さんから「探さないでください」とメールを残したまま、行方不明に。

自宅パソコンの履歴から「自殺の名所」を探していることが分かり、その中から、富山県の「東尋坊」に向かった可能性が高いと推測し、警察に行方不明届(捜索願)を提出すると同時に、調査を依頼しました。

探偵が行なう人探し・行方調査

聞き込み調査

聞き込み調査で対象者に関する情報収集を行ないます。場合に応じては、関係各所への聞き込みも行なわれます。

探していることを対象者に知られたくない、名前を出してもいい、できるだけ早く探してほしいなど、ご希望等がございましたら担当者にお申し付けください。

張り込み調査

対象者に関する有力な情報が得られた場合、その情報(場所・住所)に対象者がいるか、いないかの確認を行なう際に張り込み調査が行なわれます。

張り込み調査は、想像以上に時間と体力、集中力が必要です。また、通報されるリスクなどあるので、自身で調査をするのは控えたほうがいいでしょう。

尾行調査

状況に応じて尾行調査を行ないます。探偵の尾行調査は公安員会の許可を得て行なっていますが、一般の方が尾行を行なった場合、迷惑防止条例やストーカー規制法に抵触する可能性があります。

また、見失いやすい、事故に遭う危険性、体力の消耗、ストーカーと勘違いされる、バレたら関係が破綻するリスクがあるので、自身で尾行を行なう際は覚悟が必要です。

データ情報の収集調査

当事務所の人探し・行方専門の相談窓口では、独自の情報網やデーターベースを駆使し、対象者にの現在の居場所(所在)に関する情報収集を行ないます。インターネット上やSNSでは得られない情報が多く、データの収集調査を行なうことで、判明率は高くなります。

人探し・行方調査は、事前の情報量、お持ちの情報が古いか、新しいかに応じて難易度が異なりますので、まずは無料相談・見積作成をご利用ください。

富山の人探し・行方調査の料金相場

料金内訳を確認したい!

富山人探し・行方調査料金内訳と料金の仕組みについてご確認ください。まず、探偵業における広告宣伝費とは、宣伝効果を目的として支出する経費のことです。広告費の目安(売上に対する比率)を知っていることで、比較検討する材料となります。

探偵業界の広告宣伝費の割合は10〜30%

探偵の調査費用は、ほとんどが人件費なので他の業界と比べると「広告費」に力をいれています。探偵という業種は「紹介」がほとんどない※1ため、知ってもらうためには「広告費」は必要な費用となります。

当事務所では、最初のWEBサイト制作費用のみで「自然検索」に力をいれているため時間や労力はかかりますが、その結果、調査費用を抑えたプランをご提案できます。

※1 人にいえない悩みが多く、探偵に依頼していることを家族や友人すら知らないことがあるため。

地域版 料金内訳

人探し・行方調査料金を比較した結果が知りたい!

今回は、人探し・行方調査の比較に関する疑問を解消できるように、以下の画像にて解説していきます。

地域版 人探し調査

料金比較のポイント

  • 調査内容によって料金が異なるため事前に調査プランを確認する。
  • 成功報酬の料金と成功の定義は事前に決めておく。
  • 基本料金に含まれる内訳と他にかかる費用について確認する。

富山の特徴と調査対応地域

富山県の人探し・行方調査の対応地域

大切な家族や友人、恩師、元恋人などに会いたいと思う気持ちがあるのでしたら、後悔がないように探すのも一つの方法です。探さなかった後悔は一生残ります。

情報が古いから、もう何年も連絡を取っていない、居場所がわからないなどさまざまな想いがあるかと思いますが、まだできることはあります。自分ひとりでは探せないからと諦めないでください。

また、人探し・行方調査は対象者を見つけて終わりではありません。見つけた後の調査・サポートを行なうことで、相手との関係性や問題を解決できるか変わります。

富山県の人探し・行方調査対応地域

当事務所では富山県全域で人探し・行方調査を実地しておりますので、お気軽にお申し付けください。

また、他社で断られた案件についても対応いたします。富山県の人探し・行方調査に関するご相談は、24時間・土日祝日問わずお受けしています。あなたの想いをお聞かせください。

富山市・高岡市・射水市・魚津市・氷見市・滑川市・黒部市・砺波市・小矢部市・南砺市・上市町 立山町・入善町・朝日町・舟橋村

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し探偵調査窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し探偵調査窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し探偵調査窓口

pageTop