家出人捜索調査関連記事

ホーム > 家出人捜索調査関連記事 > 入院治療をすすめたアルコール依存症患者の家出捜索調査レポート
公開日: 2021/12/14 最終更新日: 2022/01/25
家出人捜索調査関連記事
 公開日: 2021/12/14 最終更新日: 2022/01/25

入院治療をすすめたアルコール依存症患者の家出捜索調査レポート

アルコール依存症は誰でもなりうる疾患です。
一人で断酒を継続し続けることはとても困難であることから、「現実逃避」「入院はしたくない」「お酒はやめれない」などの理由から、家出・失踪につながりやすい問題でもあります。

人探し・行方調査専門窓口でご紹介している「アルコール依存症患者の家出捜索調査レポート」は、ご相談から解決までわかりやすくまとめましたので参考にしてください。

目次│家出・失踪捜索調査相談窓口

相談者
家出捜索調査
2021年12月14日 更新
家出捜索調査の担当者が書いたアルコール依存症患者の家出に関する記事です。

アルコール依存症の家出について

アルコール依存症とは

アルコール依存症とは、長期間にわたってアルコールを大量に摂取し続けたことによって、アルコールを摂取しないといられなくなる状態に陥る病気です。

習慣的な多量飲酒が原因でお酒により、自分の意思ではお酒の飲み方をコントロールできなくなります。

アルコール依存症の怖さ

強い飲酒欲求がもたらすストレスによって、夫婦関係や親子関係がうまくいかなくなることがあります。暴言、暴力、夫婦不和、親子断絶のため本人は孤立し、家出、別居、離婚と家庭は崩壊してしまいます。

職場において、飲酒して出勤、怠業、欠勤、仕事上の失敗、人間関係のトラブルなどによって失業し、経済的に家庭が厳しい状況に追い詰められてしまいます。

アルコール依存症による家出

意志だけでは酒をやめつづけることは困難なことは本人が一番よくわかってます。

定期的にアルコール専門外来に通院していても、飲酒と距離をとることができない場合、入院をすすめることがあります。
これはもちろん本人のためなのですが、受け入れることができず「家出・失踪」してしまうことがあります。

そのときの精神状態にもよりますが、「アルコールのない人生」なら自ら命を絶つことを選ぶなど極端な選択をする方もいるため、アルコール依存症に関する家出・失踪は自暴自棄になる可能性も高いので早期に捜索する必要があります。

アルコール依存症の家出・失踪事例

男性
ご依頼者: 40才/男性 会社員
ご依頼内容: 家出・失踪調査
ご依頼理由: アルコール依存症で家出した妻を探したい
相談レポート:

アルコール依存症の妻が家出をしてしまいました。共働きだった妻は仕事の過労から軽度のノイローゼになってしました。休職して自宅にいることが多くなったのですが、そのときにお酒を毎日飲んでいたようです。

もともと若いころからお酒を飲む機会は多く、今回求職によるストレスから解放されたいのか、日々の酒量が増していき、私が止めても逆ギレしたり隠れて飲酒するようになり手が付けられない状態でした。

アルコール依存症であることは、素人目に見てもわかるくらいの異常なお酒への執着があり、治療を勧めようとした矢先、妻が家出をしてしまいました。

お金が無ければ、外に出ないだろうと思い、通帳や財布は私が常に携帯していましたが、うかつでした。一人でいると危ないうえに、お酒欲しさに犯罪に手を犯してしまわないか心配です。

 
調査レポート:

対象となる奥様が所持金がほとんど持っていないことから、行き先が限られているためご依頼者の自宅から半径10㎞以内の情報収集から提案しました。

「お酒がやめられない」ことや「強制入院を怖がった」など、さまざまな家出した理由はありますが、本人を見つけない限り話し合いすらできません。

まずは、周辺から目撃情報を収集することに徹しますが、本人の居場所につながる情報は得られませんでした。本人は、携帯電話を所持していたこと、携帯名義人がご依頼者であったことから「通話履歴」の取得をお願いしました。

数日かかりましたが、直近で電話を掛けた相手を調べるとほぼ毎日電話していることがわかり、名義をたどってみると親戚であることが判明。

電話して事情を説明すると、「夫からはDVをうけてた」など「匿ってもらうための嘘」はありましたがなんとか誤解を解き、とりあえず家族のもとで治療に専念するとのことで今回は無事解決することができました。

家出・失踪人を探すとき最初に行なうこと

捜索願を出す

捜索願とは、行方不明者の捜索を警察に届け出るための書類です。捜索願は原則として、住所または居所を管轄する警察署、行方不明となった場所を管轄する警察署でなければ出すことができません。

捜索願を出す理由として、聞込みや情報収集がスムーズにできます。また、事件性が高い、命に危険が及んでいるなど警察が動かざるを得ないといった状況である場合は、警察によるさまざまな捜索が行なわれることになります。

捜索願と失踪届の役割の違い

行方不明者を探したいときは警察署に捜索願を出し、死亡したという証明が欲しい場合は市役所に失踪届を出す、と覚えておきましょう。

家出人の発見場所

家出人の多くは捜索から約7日以内に発見されますが、家出人捜索の一般的な発見率は、家出・失踪理由によっては著しく低下すると言われています。所持金が底をついたり、協力者がいないケースでは、思いつめてしまって自ら命を絶つ可能性が飛躍的に上がるとも報告されています。

ただの家出・失踪と考えるのではなく、万が一のことを考えた素早い対応が早期発見につながるのです。

  • 24時間営業のネットカフェやファミレス/宿泊施設
  • 家出サイト・出会い系サイト上で声をかけてきた人の家
  • パチンコ店駐車場/高速パーキング/道の駅
  • 知人宅や恋人・不倫相手の家
  • 公園/自宅付近/大型商業施設内

家出・失踪人捜索を探偵に依頼したときの費用

家出・失踪人調査の探偵料金の相場

調査料金相場をチェックするうえで重要なのは、「調査を実地する時間」と「調査員の人数」です。家出・失踪人調査では、調査員1名8時間(1日)あたりの人件費が設定されており、この費用はおよそ20,000円~50,000円と、それぞれの探偵事務所で人件費の金額が違います。

これらの料金相場を調べてみて、相場の金額よりも明らかに料金が高くなっていたり、異常に安く設定されていた場合は「捜索人数」「追加費用」など事前に確認する必要があります。

人探し・行方調査専門窓口では、家出・失踪人を早急に見つけることを最優先していただくために、専門家にしかできないこと、ご依頼者にしかできないことを明確にすることにより、必要な分だけの調査費用を算出させていただきます。

また、事前に予算をお決めになっている方にも、その予算内でできる効果的な調査をご提案いたしますのでお気軽に申し付けください。

家出・失踪人調査料金 着手金¥50,000~+日数分人件費(成功報酬プラン有)
各種データ調査料金 着手金¥70,000~+成功報酬(クレジットカード・銀行などの直近履歴・通話記録など)
特殊調査料金 着手金¥100,000~+成功報酬(移郵便転送・潜入調査・張込調査)

家出・失踪人捜索調査の依頼方法

家出・失踪人相談窓口

家出・失踪人に関する調査では、早く行動を起こしたほうが判明率が高く、早期に行動し探す出すことで最悪の事態を回避できる可能性が高いことから早めに動くことが必要です。

自分での家出・失踪人探しに限界を感じたらお気軽にご相談ください。人探し・行方調査専門窓口では、独自のネットワークを構築しており日本全国から情報を集め、わずかな情報からでも探し出すことは可能です。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門調査員との面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参ください。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了承いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

家出・失踪人調査相談フォーム

現在お探している人の状況、家出・失踪捜索調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop