人探しガイド

Guide

ホーム > 人探しガイド > 【人探し体験談】娘が何処にいて、何をしているのか知りたい
公開日: 2020/02/14
人探しガイド
 公開日: 2020/02/14

【人探し体験談】娘が何処にいて、何をしているのか知りたい

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
人探しレポート!

ご依頼者様
70代 (男性)

どんな人探しでも解決に導く!

悩みを解決するために、後悔しない選択を

人生は一度きり、最期に後悔しないために

人生は出会いと別れの連続です。当時は関わり合いが多かったとしても、次第に交流が薄れたり、何らかのトラブルが起こったせいで交流を絶ってしまい、それ以来、疎遠になってしまったケースは珍しくありません。しかし、時間の経過とともに気持ちは変化していくことがあります。「伝えたいことがあるのに居場所がわからない」、「今更どうしようもないけど、できることなら会って謝りたい」、「当時の気持ちを確かめたい」など、相手に伝えたいことがあるのに、居場所が分からず悩んでしまい、一向に先に進めない状況になってしまいます。

しかし、たった一度の人生。悩みや困りごとを解決しないまま、最期まで引きづってしまうことは必ず後悔に繋がります。自分が取るべき選択肢を取り、実行に移すことが大切です。

失敗に繋がる5つのポイント

正確な情報と、早めの着手が成功のカギ

早めに相談しよう

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、〇〇調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に嫌がらせ調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、〇〇調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

人探し調査体験談

20年前から疎遠になった娘がどこいるのか知りたい

男性
ご依頼者様: 71才/男性 元会社員
ご依頼内容: 人探し調査
ご依頼理由: 20年前から疎遠になった娘がどこいるのか知りたい。そして、幸せに暮らしているのか確かめたい。
調査レポート: 20年前、私は娘をある男性のもとへ嫁がせました。その男性は私の知人の息子で、収入も高く容姿端麗で、娘が何不自由なく幸せに暮らせるようになると思い、娘を説得して結婚させました。しかし、その男性は精神面で不安定な部分があり、そのせいで娘は流産。僅か3年ほどで離婚をしてしまいました。さらに、流産から大変心を傷めてしまったようで、元夫を引き合わせた私を許さないと言いました。その後娘は自分で見つけた男性と再婚し、移り住む大まかな場所だけ伝え、地方へ引っ越していきました。それから現在までの20年もの間、連絡がありません。現在、娘はその場所に住んでいるのか、幸せに暮らしているのか気になっています。住所まではわかりませんが、大まかな地域はわかっています。しかし、20年も前のことなので、引っ越しをしているかもしれません。お調べしていただくことは可能でしょうか。また、見つかった場合、娘がちゃんとした生活を送っているのかも調べて頂きたいです。

調査の流れとアドバイス

ある程度の場所の絞り込みができていれば、調査の成功率は上がります。

今回のケースの場合、大まかな地域は把握されているようなので、まずはその地域から特定範囲を決め、情報収集をすることが重要になってきます。地域の大きさと難易度は比例するため、効率的に探すためには地域ごとに探す区画をあらかじめ決めておき、調査をする流れとなります。ただ闇雲に探すのではなく、候補を絞り込んで効率的に調査を行うことが成功のカギです。

まとめ

できないと思い込んで諦めないこと

人探し・行方調査専門窓口では、様々な人探しの調査案件を解決に導いてきました。また、探し出すだけでなく、相手の生活実態などの情報収集も調査可能です。「もう何年も経っているし、向こうは私のことなんか忘れている」、「一生許されることはないのだから、顔向けする資格なんてない」。そう思いながら探そうとする意志を諦めてはいけません。「どうしても会いたい」という思いを捨てないことが大切です。

人探し相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

人探し・行方調査専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) 人探し・行方調査専門窓口. All Rights Reserved.

(C) 人探し・行方調査専門窓口

pageTop